学会発表等

2016-10-18 Administrator

Akamatsu Y, Kumagai K, Kobayashi H, Kusayama Y, Mitsuhashi S, Saito T.: Comparison of navigated opening wedge high tibial osteotomy with conventional methods. APKS 2014, Phuket, 2014.8.


Aota Y, Kawai T, Kuniya H, Konno T, Saito T.Entrapment of the superior cluneal nerve can cause of leg pain and/or tingling mimicking lumbo-sacral spinal disorders. Report of 19 surgical cases. 

International Society for the Study of the Lumbar Spine 41st Annual Meeting, Seoul, Korea, 2014.6


Aota Y, Kawai T,Sato M, Kobayashi Y, Tanabe H, Ishida K, Saito T, Ito M. Pinealectomy in a broiler chicken model Impairs encochondral ossification and induces rapid canccellous bone loss.The 10th meeting of internanationa Reasearch Society of Spinal Deformities. Sapporo, 2014, 6


Aratake MMitsugi NTaki NOta HShinohara KSasaki YSaito TImpact of the polyethylene thickness on range of motion in Total Knee ArthroplastyThe 27th Annual Congress of the International Society for Technology in ArthroplastyISTA 2014Kyoto20149


Ata Y, Inaba Y, Kobayashi N, Aoki C, Machida J, Nakamura N, Morikawa Y, Oba M, Okuzumi S,  Saito T: Disease features and clinical outcome of 16 cases with chronic nonbacterial osteomyelitis. The 2014 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, New Orleans, Louisiana, 2014, 3.


Ata Y, Inaba Y, Kobayashi N, Machida J, Nakamura N, Yokota S, Saito T: Disease characteristics and diagnostic process of 17 cases with Chronic non-bacterial osteomyelitis. KPOS(Korean Pediatric Orthopaedic Society) meeting, Pusan, 2014, 5.


Ata Y, Inaba Y, Machida J, Nakamura N, Morikawa Y, Oba M, Suzuki M, Saito T: Computer-assisted osteochondroplasty for femoroacetabular impingement of a case with arthrogryposis multiple congenital. 25回日本小児整形外科学会学術集会, 浦安, 2014, 11.


Ata Y, Inaba Y, Nakamura N, Machida J, Saito T: Rotational open-wedge osteotomy improves treatment outcomes for children older than 7 years with severe Legg-Calve-Perthes disease. The 24th JKCOS(Japan-Korea combined orthopedics symposium), Hakone, 2014, 6.


Choe H, Rettew A, Hausman B, Haku S, Esseber H, Marshall S, Akkus O, Rather P, Bonoma R, Greenfield E: Acinetobacter Impairs Osseointegration of Orthopaedic Implants in Mice. 58th Orthopaedic research society, New Orleans, 2014, 3


Choe H, Rettew A, Hausman B, Haku S, Esseber H, Marshall S, Akkus O, Rather P, Bonoma R, Greenfield E: Quorum Sensing is Required for Acinetobacter Infection to Impair Osseointegration of Orthopaedic Implants in Mice.  AAOS/ORS Musculoskeltal Infection Meeting. 2014, 4


Fujimaki H, Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Ike H, Tezuka T, Hirata Y, Saito T: The leg length discrepancy in the entire lower limbs after total hip arthroplasty influences the coronal alignment of pelvis and spine. The 2014 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, New Orleans, Louisiana, 2014, 3.


Hirakawa K, Early mobilization for optimal patient outcomes. 8th Asia Pacific Orthopaedic Symposium: Singapore, 2014.7


Hirakawa K, Longevity multicenter study. 8th Asia Pacific Orthopaedic Symposium: Singapore,  2014.7


Hirakawa K, Matsubara M, Ohashi H, Iwaki H, Mashima N: Effect of highly cross-linked and conventional polyethylene in total hip arthroplasty for dysplastic hip patients; minimum 7 year prospective randomized multicenter comparison. Orthopaedic Today Hawaii, 2014, Hawaii, 2014.1


Hirakawa K, Matsubara M, Ohhashi H, Mashima N, Iwaki H: Effect of highly cross-linked and conventional polyethylene in total hip arthroplasty for dysplastic hip patients; minimum 7 year prospecrive randomized multicenter comparison. 15th EFFORT Congress, London, 2014.5


Hirakawa K, Saito A, Takayanagi S: Randomized prospective comparison between Duration and Conventional UHMWPE; averaged 15 years results. 15th EFFORT Congress, London, 2014.5


Hirakawa K, Saito A, Takayanagi S: comparison of abductor muscle power and pain recovery between 2-incision and mini-Watson Jones approach total hip arthroplasty. 15th EFFORT Congress, London, 2014.5


Hirakawa K, Tsuji K: Validity of three dimensional preoperative planning for neck changeable type total hip arthroplasty. Orthopaedic Today Hawaii, 2014, Hawaii, 2014.1


Hirakawa K: Anterolateral surgical approach in lateral position using a Magic Tower. 8th Asia Pacific Orthopaedic Symposium: Singapore, 2014.7


Hirakawa K: Lectures on Kinective stem philosophy. Zimmer MIS antero-Lateral Approach Course, Bangkok, 2014.9


Hirakawa K: Lectures on MIS antero-lateral approach; overview and history, surgical technique. Zimmer MIS antero-Lateral Approach Course, Bangkok, 2014.9


Hirakawa K: Primary total hip and their issues. 8th Asia Pacific Orthopaedic Symposium: Singapore, 2014.7


Hirata Y, Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Yukizawa Y, Fujimaki H, Tezuka T, Saito T: Simulation of different weight conditions by finite element analysis in acetabular dysplasia cases: relation between severity of dysplasia and mechanical stress change. The 2014 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, New Orleans, Louisiana, 2014, 3.


Hiroshi Kuniya,Yoichi Aota,Takuya Kawai,Tomoyuki Saito: Prospective study of Superior Cluneal Nerve disorder as a potential cause of low back pain and leg symptoms. 43回日本脊椎脊髄病学会学術集会。京都、2014.4


Hisanori Mihara, Masatsune Sato, Minoru Fujiwara, Takanori Niimura, Yohei Ito, Takaaki Morii: Morphological Analysis of Cervical Vertebral Endplate , 87回日本整形外科学会、神戸、2014.5


Hisanori Mihara, Yasunori Tatara, Takanori Niimura, Yohei Ito, Takaaki Morii: Surgical Results for Cerivcal Myelopathy Accompanied with Athetoid Cerebral Palsy in 170 Cases, 42th CSRS, Orlando, 2014.12


Ike H, Inaba Y, Kobayashi N, Tezuka T, Kubota S, Kawamura M, Saito T: Bone remodeling after total hip Arthroplasty with SL-PLUS stem and SL-PLUS MIA stem. The 27th Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty, Kyoto, Japan, 2014, 9.


Ike H, Inaba Y, Kobayashi N, Tezuka T, Kubota S, Kawamura M, Saito T: Periprosthetic bone mineral density after total hip Arthroplasty with SL-PLUS stem and SL-PLUS MIA stem. The 24th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium, Hakone, Kanagawa, 2014, 6.


Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Kubota S, Takagawa S, Naka T, Saito T: Cementless THA: Acetabular Component. The 87th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association (Crossfire, English debate), Kobe, 2014, 5.


Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Kubota S, Takagawa S, Naka T, Saito T.:  Results of rotational acetabular osteotomy using CT-based navigation.The 22nd Japan-Taiwan Orthopaedic Symposium, Tokyo, 2014.4.


Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Takagawa S, Kubota S, Naka T, Nakacha Y, Saito T.: Cementless  THA: Acetabular component. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Tezuka T, Kubota S, Kawamura M, Saito T.:  Preoperative planning and intraoperative assistance using CT-based navigation in hip osteotomies. CAOS-KOREA 2014, Seoul, 2014.9.


Inaba Y, Kobayashi N, Oba M, Ike H, Yukizawa Y, Takagawa S, Kubota S, Naka T, Saito T: Difference in postoperative periprosthetic BMD change among 3 different design cementless stems: a 3-year follow-up study. Orthopedics today Hawaii 2014, Maui, Hawaii, 2014, 1.


Inaba Y, Nakamura N, Miki H, Takagi H, Sugano N: In-vivo ROM difference between large and small heads measured by computer navigation during total hip arthroplasty. Orthopedics today Hawaii 2014, Maui, Hawaii, 2014, 1.


Inaba Y: Computer-assisted hip surgery: Less invasive THA and hip osteotomies using CT-based navigation. The 2014 Annual Congress of Korean Orthopaedic Association (KOA) (Instructional Course Lecture), Seoul, Korea, 2014, 10.


Ishida K, Aota Y, Mitsugi N, Katsuhata T, Higashi T, Yamada K, Saito T. Bone mineral density and bone metabolism in adolescent idiopathic scoliosis.The 10th meeting of internanationa Reasearch Society of Spinal Deformities. Sapporo, 2014, 6


Ishida KAota YMitsugi NKatsuhata THigasi TYamada KSaito TBone metabolism and mineral density in adolescent idiopathic scoliosisThe 10th Meeting of IRSSD20146


Ishida KIto YKatsuhata TMitsugi NSaito TRisk factors for bone non-union after lumber interbody fusion41st ISSLS Annual MeetingSeoul20146


Ishida KChanges in spinal cord blood flow dynamics by cervical spinal cord compressonThe CSRS AP 5 2014Sai Gon-Ho Chi Minh City20144


Ishida KDoes instability segment stabilize by cervical laminoplastyThe CSRS AP 5 2014Sai Gon-Ho Chi Minh City20144


Ishii KMochida YMatsumoto ROzawa YMitsugi NSaito TInvestigation of the association between gastroesophageal reflex disease and clinical factors in patients with rheumatoid arthritis2014 American College of Rheumatology Annual Scientific MeetingBoston201411


Kamiishi T, Matsuo K, Harigane K, Nezu Y, Kawabata Y, Kawabata T, Saito T. Positron Emission Tomography With Fluorine-18-Deoxyglucose in the Detection of Local Recurrence surrounding Metallic Implants of Malignant Bone and Soft Tissue Tumors. The 2014 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, New Orleans, Louisiana, 2014, 3.


Kamiishi T, Matsuo K, Nezu Y, Kawabata Y, Komaki Y, Hayasida K, Saito T. Roles of FDG-PET in  Detection of Local Recurrence Around Metallic Implants of Malignant Bone and Soft Tissue Tumors. The 24th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium. Hakone, Japan, 2014, 6.


Ko Ishida, Junya Watanabe, Yohei Ito, Tomoyuki Katsuhata, Naoto Mitusgi: Do instability segments stabilize after cervical laminoplasty?. CSRS-AP5, Vietnam, 2014.4


Ko Ishida, Yohei Ito, Tomoyuki Katsuhata, Naoto Mitsugi, Yoichi Aota, Motonori Kono, Takuya Kawai, Takanori Niimura, Takayuki Higashi, Katsutaka Yamada, Tomoyuki Saito: Spinal cord blood flow dynamics by decompression for cervical compression myelopathy. CSRS-AP, Vietnam, 2014.4


Ko Ishida, Yoichi Aota, Naoto Mitsugi, Yohei Ito, Tomoyuki Katsuhata, Takayuki Higashi, Katsutaka Yamada, Tomoyuki Saito: Relationship Between Bone Density And Bone Metabolism In Adolescent Idiopathic Scoliosis. ORS, US New Orleans, 2014.3


Ko Ishida, Yoichi Aota, Tomoyuki Katsuhata, Takashi Kuniya, Naoto Mitsugi, Tomoyuki Saito: Relationship between bone mineral density and bone metabolism in adolescent idiopathic scoliosis.  10th IRSSD, Sapporo, 2014.07


Kawai T, Aota Y, Yamashita T, Mroz TE, Lieberman IH, Saito T: Survival prognosis in symptomatic and asymptomatic patients with spinal metastases by use of the revised Tokuhashi score. International Society for the Study of the Lumbar Spine 41th Annual Meeting, Seoul, 2014.6


Kawai T, Aota Y, Yamashita T, Mroz TE, Lieberman IH, Saito T: Survival prognosis of symptomatic and asymptomatic spinal metastases by use of Tokuhashi and Tomita Scores: A retrospective analysis of 266 patients. International Society for the Study of the Lumbar Spine 41th Annual Meeting, Seoul, 2014.6


Kobayashi H, Akamatsu Y, Kumagai K, Kusayama Y, Ishigatsubo R, Muramatsu S, Otoshi A, Honda H, Mitsuhashi S, Saito T; Venous thromboembolism after high tibial osteotomy with oral direct factor Xa inhibition. The 24th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium. Hakone, Japan, 2014, 6.


Kobayashi H, Akamatsu Y, Kumagai K, Kusayama Y, Ishigatsubo R, Muramatsu S, Otoshi A, Honda H, Mitsuhashi S, Saito T; Venous thromboembolism after high tibial osteotomy with/without oral direct factor Xa inhibition. The combined meeting of 2014 Asia Pacific Knee Society (APKS) and 2014 annual meeting of the Thai Hip & Knee Society. Phuket, Thailand, 2014, 8.


Kobayashi H, Akamatsu Y, Kumagai K, Kusayama Y, Saito T; Is the surgical epicondylar axis a substitute for the flexion-extension axis. 2014 Osteoarthritis Research Society International world congress. Paris, France, 2014,4


Kobayashi N, Inaba Y, Ike H, Tezuka T, Kubota S, Kawamura M, Saito T: Does bone turnover decrease in stress shielding after total hip Arthroplasty? The 27th Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty, Kyoto, Japan, 2014, 9.


Kobayashi N, Inaba Y, Ike H, Tezuka T, Kubota S, Kawamura M, Saito T: Parathyroid hormone vs. alendronate treatment for the bone mineral density loss around implant after total hip arthroplasty. The 24th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium (Symposium), Hakone, Kanagawa, 2014, 6.


Kobayashi N, Inaba Y, Ike H, Tezuka T, Kubota S, Kawamura M, Saito T: The evaluation of the accelerated bone turn over in CAM lesion of femoroacetabular impingement cases using 18F-fluoride positron emission tomography. The 24th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium (Symposium), Hakone, Kanagawa, 2014, 6.


Konno T, Aota Y, Kawai T, Kuniya H, Saito T, Nei K, Hayashi S, Kawada S, Tto M.Anatomical backgroung of “pseudosciatica”in cluneal neuralgia. International Society for the Study of the Lumbar Spine 41st Annual Meeting, Seoul, Korea, 2014 ,6


Koshino T, Umemoto Y, Akamatsu Y, Kumagai k, Saito T.: Clinical improvement of knee osteoarthritis after arthroplasty using newly-developed unicompartment knee. APKS 2014, Phuket, 2014.8.


Kubota S, Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Tagawa S, ikenishi T, Naka T, Saito T: Property of bone mineral density in osteonecrosis of the femoral head- comparison between collapse and non-collapse group-. The 60th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, New Orleans, 2014,3.


Kubota S, Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Tezuka T, Kawamura M, Saito T: Association between the appearance of collapse in osteonecrosis of the femoral head and uptake value in 18F-fluoride positron emission tomography. The 24th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium, Hakone, Kanagawa, 2014, 6.


Kumagai K, Akamatsu Y, Kobayashi H, Kusayama Y, Mitsuhashi S, Koshino T, Saito T.: Cartilage repair after opening wedge high tibial osteotomy for osteoarthritis of the knee poster presentation. APKS 2014, Phuket, 2014.8.


Kuniya H, Aota Y, Kawai T, Kaneko K, Konno T, Saito T.Prospective study of superior cluneal nerve disorders as a possible cause of low back pain and leg pain. International Society for the Study of the Lumbar Spine 41st Annual Meeting, Seoul, Korea , 2014.6


Kusayama Y, Akamatsu Y, Kumagai K, Kobayashi H, Mitsuhashi S, Koshino T, Saito T.: Preoperative predictive factors for intraoperative soft tissue balance in total knee arthroplasty. APKS 2014, Phuket, 2014.8.


Mitsuhashi S, Akamatsu Y, Kumagai K, Kobayashi H, Kusayama Y, Saito T.: CT based navigation system in total knee arthroplasty improves rotational alignment of the tibial component compared with conventional method. APKS 2014, Phuket, 2014.8.


Mochida Y, Ishii K, Yamada Y, Mitsugi N, Saito T.: Improvement of surgical treatment for lower extremities and changes of patients’ background rheumatoid arthritis. 58回日本リウマチ学会総会・学術集会, 東京, 2014, 4.


Nakamura N, Inaba Y, Uesugi M, Machida J, Saito T: Use of dynamic spinal brace in management of neuromuscular scoliosis: A preliminary report. The 24th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium, Hakone, Kanagawa, 2014, 6.


Oba M, Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Hirata Y, Tomioka M, Saito T: Influence of stem size and canal geometry on the fixation of cementless tapered-wedge stems: study of finite element analysis and postoperative bone mineral density change of the femur. The 2014 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, New Orleans, Louisiana, 2014, 3.


Oba M, Inaba Y, Tomioka M, Hirata Y, Ike H, Kobayashi N, Saito T: Finite element analysis of tapered-wedge stem: effects of stem size and canal geometry on stress distribution. The 2014 Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons, New Orleans, Louisiana, 2014, 3.


Oba MInaba YKobayashi NIke HHirata YTomioka MSaito TEffects of Stem Size and Canal Geometry on Stress Distribution of the Femur: Finite Element Study of Tapered-Wedge Stem. American Academy of Orthopaedic Surgeons Annual MeetingNew OrleansLA20143


Saito T, Akamatsu Y, Kumagai K, Kobayashi H, Kusayama Y, Mitsuhashi S.: Implant options in primary TKA: which one should I pick? APKS 2014, Phuket, 2014.8.


Saito T, Kobayashi N, Inaba Y: Advance in Diagnosis and Treatment of Periprosthetic Joint Infection. 2014 annual Meeting of Taiwan Orthopaedic Association, Taipei, 2014.10.


Saito T: High tibial osteotomy using computer navigation. CAOS-KOREA 2014, Seoul,  2014.9


Saito T: Results of closed wedge high tibial osteotomy using special jig for osteoarthritic knee with severe varus deformity. The 22nd Japan-Taiwan Orthopaedic Symposium, Tokyo, 2014.4.


Saito T: Total knee arthroplasty using computer navigation. CAOS-KOREA 2014, Seoul,  2014.9.


Shinohara KMitstugi NSuzuki HMatsuzawa YAratake MOta HTaki NKimura KSaito TThe use of noninvasive endothelial dysfunction test for prediction of deep vein thrombosis after Total Knee ArthroplastyThe 60th ORS Annual MeetingNew Orleans20142


Shinya Kato, Hisanori Mihara, Keniti Watanabe Impact of Apex Angle of Anterior Compressing Factor and Preoperative C2-C7alignment on Postoperative Spinal Cord Alignment and C2-C7alignment 2014 CSRS  Annual Meeting , Orlando, 2014, 12.


Takagawa S, Kumagai K, Inaba Y, Harigane K, Saito T.: Decreased Semaphorin34 expression correlates with histological features of rheumatoid arthritis. 58回日本リウマチ学会総会・学術集会, 東京, 2014, 4.


Taki NMitsugi NMochida YAratake MOta HShinohara KSaito TEvaluation of Ultrasound-based Navigation System with CT in total hip arthroplasty14th Annual Meeting of CAOSMian20146


Taki NMitsugi NMochida YAratake MShinohara KOta HSasaki YEvaluation of stem antetorsion angle with CT in Total Hip Arthroplasty, comparison of 3D planned angles and implanted anglesThe 27th Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty:ISTA 2014Kyoto20149


Tawara D, Nishikawa K, Tsujikami T, Ike H, Inaba Y: Estimation of Effect of Installation Position of  Hip Prosthesis on Muscle Forces around the Hip Based on Musculoskeletal Simulation. The 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems, Sendai, Miyagi, 2014.4.


Tezuka T, Inaba Y, Kobayashi N, Fujimaki H, Ike H, Hirata Y, Saito T: Effects of the hip center location and femoral offset on abductor muscle strength after total hip arthroplasty. The 2014 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, New Orleans, Louisiana, 2014, 3.


Tezuka T, Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Kubota S, Kawamura M, Saito T: Effects of the hip center location and femoral offset on abductor muscle strength after total hip arthroplasty. The 24th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium, Hakone, Kanagawa, 2014, 6.


Toyoda M, Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Takagawa S, Ike H, Kubota S, Naka T, Saito T: Evaluation of local bone remodeling by 18F-fluoride Positoron Emission Tomography in stress shielding region after total hip Arthroplasty. The 2014 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, New Orleans, Louisiana, 2014, 3.


Tsuji K, Hirakawa K: Highly cross-linked polyethylene liners exhibit superior wear performance after total hip arthroplasty. 2014 AAOS Annual Meeting, New Orleans, 2014.3

 

【学会発表 日本語】

青田洋一、國谷洋河井卓也 紺野智之、齋藤知行.殿皮神経障害の臨床像と手術成績.29回日本

脊髄外科学会、東京、2014.6


赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 草山喜洋, 三橋祥太, 小林明裕, 齋藤知行: Opening Wedge高位脛骨骨切り術. 42回日本関節病学会, 東京, 2014, 11.


赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 草山喜洋, 三橋祥太, 齋藤知行: Opening Wedge高位脛骨骨切り術の適応. 63回東日本整災害外科学会, 東京, 2014, 9.


赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 草山喜洋, 大蔵晃生, 本田秀樹, 齋藤知行: ギャップテクニック人工膝関節置換術の術後1年レントゲン評価. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 草山喜洋, 齋藤知行: CTベースナビゲーションを用いたopening wedge高位脛骨骨切り術と従来型手術の比較. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


赤松 泰, 小林秀郎, 草山喜洋, 荒武正人, 熊谷 研, 齋藤知行: CTベースナビゲーション高位脛骨骨切り術.  JOSKAS2014, 広島, 2014, 7.


赤松智隆, 石田 航, 伊藤陽平, 勝畑知之, 瀧 直也, 荒武正人, 太田裕彦, 篠原健太郎, 渡邊順哉, 三ツ木直人, 齋藤知行: 腰椎後方椎体間固定術における骨癒合不良因子の検討. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


赤松智隆,瀧 直也,荒武正人,太田裕彦,篠原健太郎,木村哲也,渡邊順哉,三ツ木直人,林 毅:非定型骨折と考えられた両側転子下骨折の一例.第150回神奈川整形災害外科研究会,横浜,20143


阿多由梨加, 稲葉 裕, 小林直実, 青木千恵, 町田治郎, 中村直行, 森川耀源, 大庭真俊, 齋藤知行: Chronic non-bacterial osteomyelitisの小児16例の臨床学的特徴と治療成績. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


阿多由梨加, 稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 久保田 聡, 町田治郎, 中村直行, 森川耀源, 大庭真俊, 齋藤知行: ナビゲーションシステムを用いて高度大腿骨頭すべり症に対して大腿骨頭回転骨切り術を施行した3. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014,5.


阿多由梨加, 稲葉裕, 町田治郎, 中村直行, 森川耀源, 大庭真俊, 鈴木迪哲, 齋藤知行:  Computer-assisted osteochondroplasty for femoroacetabular impingement of a case with arthrogryposis multiple congenita. 25回日本小児整形外科学会学術集会, 千葉, 2014, 11.


阿多由梨加, 町田治郎, 中村直行森川耀源, 大庭真俊小児の足底部に発生した脂肪芽腫の1例. 39回足の外科学会, 宮崎, 2014, 11.


荒武正人, 三ツ木直人, 瀧 直也, 太田裕彦, 篠原健太郎, 佐々木洋平, 赤松 泰,小林秀郎, 齋藤知行:ナビゲーション併用Opening Wedge HTOの術中アライメントと術前後の下肢アライメントの比較. JOSKAS2014, 広島, 2014, 7.


荒武正人, 三ツ木直人, 瀧 直也, 太田裕彦, 篠原健太郎, 木村哲也, 赤松智隆,渡邉順哉, 赤松 泰, 小林秀郎, 齋藤知行: 脛骨部品設置溝固定式バランサ―によるギャップバランス計測. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


荒武正人, 三ツ木直人, 瀧 直也, 太田裕彦, 篠原健太郎, 木村哲也, 赤松智隆,渡邉順哉, 齋藤知行: 下腿変形を合併した膝OA症例に対して一期的にTKAと矯正骨切りを施行した1. 54回関東整形災害外科学会, 横浜, 2014, 3.


池 裕之, 稲葉 裕, 小林直実, 大庭真俊, 平田康英, 富岡政光, 高川 修, 久保田聡, 仲 拓摩, 齋藤知行: 有限要素解析による寛骨臼回転骨切り術後の応力変化シミュレーション. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


池 裕之、稲葉 裕、小林直実、近藤宰司、角南浩史、高平尚伸、内山勝文、名越 智、佐々木幹人、前田昭彦、藁科秀紀:SL-PLUSステムとSL-PLUS MIAステムを用いた人工股関節全置換術の短期臨床成績およびX線学的評価に関する多施設共同研究.44回日本人工関節学会.沖縄,2014,2


池 裕之、稲葉 裕、小林直実、高川 修、大庭真俊、平田康英、久保田 聡、富岡政光齋藤知行:FAIに対してCT-basedナビゲーションを用いて骨頭bumpの切除を施行した1例.8回日本CAOS研究会.横浜,2014,3


池 裕之、稲葉 裕、小林直実、松尾光祐、齋藤知行:整形外科領域における医療画像の活用法.第70回 日本放射線技術学会. 横浜, 2014, 4.


石井克志, 持田勇一, 山田祐嗣, 三ツ木直人, 齋藤知行: 関節リウマチにおける胃食道逆流症と患者背景因子の検討. 58回日本リウマチ学会総会・学術集会, 東京, 2014, 4.


石井克志, 持田勇一, 山田祐嗣, 三ツ木直人, 齋藤知行: 関節リウマチの手指尺側偏位変形矯正における伸筋腱の基節骨縫着処置併用の有用性. 57回日本手外科学科学術集会, 沖縄, 2014, 4.


石井克志, 持田勇一, 山田祐嗣, 三ツ木直人, 齋藤知行: 生物学的製剤投与が関節リウマチ手術の周術期合併症に与える影響. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


石井克志, 持田勇一, 山田祐嗣, 小澤祐樹, 三ツ木直人, 齋藤知行: 関節リウマチの母趾変形に対するSwanson型人工関節における, 術後母趾長が外販母趾角に与える影響. 15回神奈川骨折治療研究会, 横浜, 2014, 6.


石井克志, 持田勇一, 小澤祐樹, 三ツ木直人, 齋藤知行: 関節リウマチにおける2種類のシリコン製人工手指関節の臨床成績. 43回リウマチの外科研究会, 大阪, 2014, 8.


石井克志,持田勇一,小澤祐樹,三ツ木直人,齋藤知行:圧痛腫脹関節の残存する生物学的製剤使用関節リウマチに対するセリトリズマブ・ペゴルの有用性.第29回日本臨床リウマチ学会,福岡,201411


石田 航, 伊藤陽平, 勝畑知之, 三ツ木直人, 青田洋一, 河野心範, 河井卓也, 新村高典, 東 貴行, 山田勝崇, 齋藤知行: 脊椎感染症におけるテリパラチド治療効果の検討. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


石田 航, 伊藤陽平, 勝畑知之, 三ツ木直人, 東 貴行, 山田勝崇, 新村高典, 河井卓也, 河野心範, 青田洋一, 齋藤知行: 圧迫性頚髄症手術における脊髄血流動態の変化について. 43回日本脊椎脊髄病学会, 和歌山, 2014, 4.


石田 航、伊藤洋平、勝畑知行、三ツ木直人、青田洋一河野心範、河井卓也新村高典、東 貴行、山田 勝崇、斉藤知行.脊椎感染症におけるテリパラチド治療効果の検討 第87本整形外科学会学術総会. 神戸、2014.5


石田 航、勝畑知行、國谷 嵩、三ツ木直人、青田洋一河井卓也東 貴行、山田 勝崇、斉藤知行.脊椎感染症に対するテリパラチド間欠投与による感染沈静化効果の検討.63回東日本整形災害外科学会. 東京、2014.9.


石田 航,伊藤陽平,勝畑知之,三ツ木直人:圧迫性頚髄症における脊髄血流動態の変化について.第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会,京都,20144


石田航, 勝畑知之, 國谷嵩, 三ツ木直人, 青田洋一, 河井卓也, 東貴行, 山田勝崇, 齋藤知行: 脊椎感染症に対するテリパラチド間欠投与による感染鎮静化効果の検討第63回東日本整災害外科学会, 東京, 2014, 9.


石田航、伊藤彰悟、勝畑知之、國谷嵩、三ツ木直人齋藤知行:頚椎椎弓形成術における頭蓋を含めたアライメント変化とバランス不良因子について.48回日本側弯症学会, 盛岡、2014.10


石田航、伊藤陽平、勝畑知之、三ツ木直人、河野心範、河井卓也、新村高典、青田洋一、東貴行、山田勝嵩、齋藤知行:脊椎感染症に対するテリパラチド間欠投与による感染鎮静化効果の検討. 第87回日本整形外科学会 神戸。2014.05


石田航、勝畑知之、國谷嵩、三ツ木直人、齋藤知行腰椎後方椎体間固定術における骨癒合不良因子の検討.23回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会、浜松、20148


石田崇, 柁原俊久, 佐藤昌明, 玉置聡, 蜂谷將史 : 人工股関節頻回脱臼に対しdual mobility systemを用いた再置換術を施行した3例.第41回関東股関節懇話会, 東京, 2014,


伊藤彰悟, 石田 航, 勝畑知之, 三ツ木直人, 齋藤知行: 頚椎椎弓形成術における頭蓋を含めたsagittal balance変化とbalance不良因子. 48回日本側彎症学会学術集会, 盛岡,  2014,10..


伊藤陽平, 石田 航, 勝畑知之, 三ツ木直, 上杉昌章, 齋藤知行: Hybrid MIS-TLIF(進入側をCBT, 対側をPPSで固定)におけるスクリュートルク値の比較. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸,  2014, 5.


伊藤陽平, 石田 航, 勝畑知之, 三ツ木直人, 上杉昌章, 齋藤知行: Hybrid MIS-TLIF(進入側をCBT, 対側をPPSで固定)の手術侵襲~両側PPS法のMIS-TLIFと比較して~. 43回日本脊椎脊髄病学会, 和歌山, 2014, 4.

伊藤陽平, 石田 航, 勝畑知之, 三ツ木直人, 上杉昌章, 齋藤知行: Hybrid MIS-TLIF(進入側をCBT, 対側を PPSで固定)におけるスクリュートルク値の比較. 43回日本脊椎脊髄病学会, 和歌山, , 2014, 4.


伊藤陽平, 石田 航, 勝畑知之, 三ツ木直人, 齋藤知行: 頚椎後方除圧固定術後の隣接椎間障害の危険因子に関する検討. 43回日本脊椎脊髄病学会, 和歌山, 2014,4.


稲葉 裕, 熊谷 研, 長岡亜紀子, 草山喜洋, 手塚太郎, 川村正樹, 林田健太, 齋藤知行: RA人工関節周囲感染難治例の検討. 43回リウマチの外科研究会, 大阪, 2014, 8.


稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓摩, 中茶勇二, 齋藤知行: 人工股関節全置換術後VTE予防における選択的薬物予防法の成績. 44回日本人工関節学会沖縄, 2014, 2.


稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓摩, 中茶勇二, 齋藤知行: 応力解析よりみたSl-IAシステムの特徴. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓摩, 中茶勇二, 齋藤知行: 寛骨臼回転骨切り術に対するCT-basedナビゲーションの有用性. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, , 2014, 5.


稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 手塚太郎, 久保田 聡, 川村正樹, 齋藤知行: 股関節疾患に対するバイオメカニクス手法を用いた術前・術後評価. 29回日本整形外科学会基礎学術集会, 鹿児島, 2014, 10.


稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 手塚太郎, 久保田 聡, 川村正樹, 齋藤知行: 人工関節周囲感染の新しい診断法の臨床応用. 29回日本整形外科学会基礎学術集会, 鹿児島, 2014, 10.


稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 大庭真俊, 齋藤知行: セメントレスTHAにおけるステムデザインコンセプト. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


稲葉 裕, 小林直実, 齋藤知行: 変形性股関節症の疫学研究. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


稲葉 裕、小林直実、雪澤洋平、久保田 聡、池 裕之、高川 修、仲 拓磨、齋藤知行:人工関節置換術後静脈血栓塞栓症に対する新しい予防法-SFPAI-1を用いた選択的薬物予防法の成績-.第14TMM (Thrombosis/Thrombolysis Marker) フォーラム.東京,2014,3


稲葉 裕、小林直実、池 裕之、高川 修、久保田 聡、仲 拓磨、中茶勇二齋藤知行:応力解析よりみたSL-MIAステムの特徴.44回日本人工関節学会(シンポジウム).沖縄,2014,2


稲葉 裕、小林直実、池 裕之、高川 修、久保田 聡、仲 拓磨、齋藤知行:骨盤傾斜を考慮した術前計画に基づくナビゲーションTHAの成績.87回日本整形外科学会学術集会(シンポジウム).神戸,2014,5


稲葉 裕、小林直実、池 裕之、手塚太郎、久保田 聡、川村正樹、齋藤知行:外側もしくは前外側アプローチを用いた低侵襲人工股関節全置換術.20回日本最小侵襲整形外科学会学術集会(パネルディスカッション).宇都宮,2014,11


稲葉 裕、小林直実、池 裕之、手塚太郎、久保田 聡、川村正樹、齋藤知行:治療に難渋した股関節遺残性亜脱臼の1例.12回股Osteotomyを語る会.東京,2014,11


稲葉 裕、小林直実、池 裕之、大庭真俊、齋藤知行:セメントレスTHAにおけるステムデザインコンセプト.41回日本股関節学会学術集会(ランチョンセミナー).東京,2014,10


今井宗典, 山崎哲也, 林 陸, 明田真樹, 山川 潤, 松村健一, 高森草平, 齋藤知行: ACL解剖学的二重束再建術1年後に大腿骨孔周囲骨折を起こした一例. JOSKAS2014, 広島, 2014, 7.


今井宗典, 山崎哲也, 林 陸, 明田真樹, 山川 潤, 松村健一, 高森草平, 齋藤知行: ACL再建術後に生じる大腿骨側固定具周囲の骨孔拡大についての検討. JOSKAS2014, 広島, 2014, 7.


今井宗典, 山崎哲也, 林 陸, 明田真樹, 山川 潤, 松村健一, 高森草平, 齋藤知行: 前十字靱帯再再建術における術式の選択と工夫. 40回日本整形外科スポーツ医学会学術集会, 東京, 2014, 9.


今井宗典,山崎哲也,柁原俊久,明田真樹,蜂谷將史,福島健介:プロ野球選手における股関節X線写真の検討~FAIの概念を踏まえて~.第40回日本整形外科スポーツ医学会学術集会,東京,2014,9.


岩村祐一、稲坂理樹、國谷洋、藤巻洋、紺野智之、河井卓也、河野心範、青田洋一、斉藤知行:変性側弯を伴った腰部脊柱管狭窄症に対する多椎間矯正固定術の長期臨床成績—特に腰仙椎alignment の推移と各種合併症の影響について.第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会。京都、2014.4


大澤克成, 三橋成行, 國谷 洋, 松宮基英, 杉元紳太郎, 塚原知隆, 奥山裕之, 齋藤知行: MultiLoc Humeral Nailの使用経験.第20回神奈川上肢外科研究会, 横浜, 2014,10.


太田裕彦, 三ツ木直人, 瀧 直也, 荒武正, 篠原健太郎, 赤松智隆, 渡邊順哉, 齋藤知行: THA術前, 術後における日本整形外科学会股関節疾患評価質問票(JHEQ)の有用性.87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


太田裕彦, 三ツ木直人, 瀧 直也, 荒武正人, 篠原健太郎, 齋藤知行: 撓骨遠位端骨折術後の骨粗鬆症患者におけるテリパラチドの有用性. 16回日本骨粗鬆症学会, 東京, 2014, 10.


太田裕彦, 三ツ木直人, 瀧 直也, 齋藤知行: JHEQによるTHA術後脚長差の評価. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014,10.


太田裕彦:JHEQによるTHA術後脚長差の評価.第41回日本股関節学会学術集会,東京,201410


太田裕彦:橈骨遠位端骨折術後の骨粗鬆症患者に於けるテリパラチドの有用性.第16回日本骨粗鬆症学会,東京,201410


大庭真俊, 稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 手塚太郎, 平田康英, 富岡政光, 齋藤知行: テーパーウェッジ型ステムの設計変更がTHA術後大腿骨の応力分布に与える影響. 41回日本臨床バイオメカニクス学会, 奈良, 2014, 11.


大庭真俊, 稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 平田康英, 齋藤知行: テーパーウェッジ型ステムによる人工股関節全置換術後の大腿骨応力分布と骨密度変化に髄腔形状およびステムサイズが与える影響. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


大庭真俊、稲葉 裕、池 裕之、齋藤知行:テーパーウェッジ型ステムの設計変更が術後の応力分布に与える影響.第5MECHANICAL FINDER研究会.東京,2014,8


奥山裕之, 三橋成行, 國谷 洋, 松宮基英, 大澤克成, 杉元紳太郎, 塚原知隆:  頸部・腰部トリガーポイント注射後に筋内膿瘍を発症し敗血症を起こした一例.  388回横浜市立大学整形外科同門会談話会, 横浜, 2014,8.


奥山裕之, 國谷 洋, 松宮基英, 大澤克成, 杉元紳太郎, 塚原知隆, 三橋成行, 齋藤知行:頚部・腰部トリガーポイント注射後に筋内膿瘍を発症し菌血症となった1例.第152回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014,10.


岡崎 敦, 坂野裕昭, 勝村 哲, 竹元 暁, 井出 学, 坂口 彰, 齋藤知行: 骨性マレット指術後に再手術を要した症例の検討. 40回日本骨折治療学会, 熊本, 2014,6.


岡崎 敦, 坂野裕昭, 勝村 哲, 竹元 暁, 齋藤知行: 舟状骨偽関節に対する血管柄付き骨移植術の治療成績. 57回日本手外科学科学術集会, 沖縄, 2014, 4.


岡崎 敦、坂野裕昭、勝村 哲、竹元 暁、井出 学、坂口 彰、斎藤知行:骨性マレット指術後に再手術を要した症例の検討. 40回日本骨折治療学会, 熊本, 2014.6.


岡崎 敦、坂野裕昭、勝村 哲、竹元 暁、斎藤知行:舟状骨偽関節に対する血管柄付き骨移植術の治療成績.57回日本手外科学会学術集会, 沖縄, 2014.4.


岡崎 敦、坂野裕昭、勝村 哲、馬場紀行、竹元 暁、井出 学、坂口 彰、井上徹彦、斎藤知行:母指に発生した傍骨性軟骨異形増生(bizzare parosteal osteochondromatus proliferation:BPOP)1. 20回神奈川上肢外科研究会, 横浜, 2014.10.


岡崎 敦、坂野裕昭、勝村 哲、馬場紀行、竹元 暁、井出 学、坂口 彰、井上徹彦、松尾 光祐、斎藤知行:手根管症候群に対する手根管開放術. 152回神奈川整形災害外科研究会, 横浜,2014.10.


小澤祐樹,石井克志,持田勇一,三ツ木直人,齋藤知行:人工股関節置換術後にステム周囲に非定型型骨折を起こした関節リウマチの3例.第42回関節病学会,東京,201411


小澤祐樹,石井克志,持田勇一,三ツ木直人,齋藤知行:人工股関節置換術後にステム周囲に非定型型骨折を起こした関節リウマチの3例.第69回神奈川リウマチ医会,横浜,20147


折戸啓介 山本和良 長谷川敬和 川上雄起 大河内 誠:当院におけるPilon骨折(AO分類43type B, C)の治療成績. 第40回日本骨折治療学会,熊本,2014,6.


勝畑知之,石田 航,國谷 嵩,三ツ木直人,齋藤知行:腰椎変性疾患に対するOpen-PLIFMIS-TLIFの手術成績の比較検討.第21回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会,宮崎,20149


勝村 哲, 坂野裕昭, 岡崎 敦, 竹元 暁, 齋藤知行, 高度手指関節屈曲拘縮に対してtransposition flapを併用した手術治療成績. 57回日本手外科学科学術集会, 沖縄, 2014, 4.


加藤慎也, 渡邉健一, 安部博昭, 東川晶郎, 唐司寿一, 山田浩司, 三原 久範: 頸椎前方圧迫病変の脊柱管内突出度が術後脊椎および脊髄アライメントに与える影響. 第43回日本脊椎脊髄病学会, 京都, 2014, 4.


加藤慎也, 渡邉健一, 安部博昭, 東川晶郎, 唐司寿一, 山田浩司: Cortical bone trajectory screwを用いた腰椎すべり症に対するすべりの矯正方法. 第43回日本脊椎脊髄病学会, 京都, 2014, 4.


上石貴之, 松尾光祐, 針金健吾, 川端佑介, 齋藤知行: 手に発生した脂肪腫の手術成績. 57回日本手外科学科学術集会, 沖縄, 2014, 4.


上石貴之,松尾光祐,川端佑介,小牧祐子,林田健太,齋藤知行.肘関節周囲骨折に尺骨神経障害を合併したEllis van Creveld症候群の1例.第20回横浜手術手技カンファレンス.横浜,20144


上石貴之,松尾光祐,川端佑介,小牧祐子,林田健太,齋藤知行.有茎液体窒素処理骨により再建した上腕骨近位骨肉腫の1例 .第21回横浜手術手技カンファレンス.横浜,201410


上石貴之,齋藤知行.U-21サッカー日本代表広州アジア大会における外傷症例.第1回横浜スポーツ整形外科懇話会.横浜,201411


上條晃,日塔寛昇,沼崎伸,川島雄二:超高齢者軸椎骨折の治療経験.第42回日本救急医学会総会・学術集会,福岡,2014, 10.


河井 卓也, 青田 洋一, 河野 心範, 新村 高典, 上杉 昌章, 齋藤 知行:椎体形成術後の形成椎体の再圧潰に対してVertebral Column Resection(VCR)を施行した1例.第54回関東整形災害外科学会,横浜,2014, 3.


河井 卓也, 青田洋一, 國谷 洋, 紺野 智之, 齋藤 知行:見て学ぶ脊椎外科基本手技 Failed backの原因となりやすい上臀皮神経障害の臨床的特徴と手術手技.第54回関東整形災害外科学会,横浜,2014, 3.


河井卓也, 青田洋一, 佐藤義経, 小林洋介, 齋藤知行: 腰椎後方除圧固定術(TLIF)術後の早期離床の阻害因子の検討. 22回日本腰痛学会, 幕張, 2014, 11.


河井卓也, 青田洋一, 山下孝之, 河野心範, 新村高典, 東 貴行, Mroz T.E., Lieberman I.H., 齋藤知行: 徳橋スコアによる軽症例を含めた脊椎転移患者の生命予後の検討―日米の施設間における比較―. 43回日本脊椎脊髄病学会, 和歌山, 2014, 4.


河井卓也、青田洋一、山下孝之、河野心範、新村高典、東貴行、Thomas E.MorzIsador H.Lieberman、齋藤知行:徳橋スコアによる軽症例を含めた脊椎転移患者の生命予後の検討 –日米の施設間における比較-.第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会。京都、2014.4


河井卓也、青田洋一、山下孝之、河野心範、新村高典、東貴行、齋藤知行:徳橋スコアによる軽症例を含めた脊椎転移患者の歩行機能に関する予後予測.第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会。京都、2014.4


河井卓也,青田洋一,佐藤雅経,小林洋介,町田正文,齋藤知行:腰椎後方除圧固定術(TLIF)術後の早期離床の阻害因子の検討.第22回日本腰痛学会,幕張,2014, 11.


川端佑介, 松尾光祐, 上石貴之, 針金健吾, 池 裕之, 根津 悠, 川畑武彦, 齋藤知行: 大腿骨近位部骨腫瘍性病変におけるCT/有限要素解析を用いた病的骨折予測. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


川端佑介, 松尾光祐, 上石貴之, 池 裕之, 針金健吾, 根津 悠, 川畑武彦, 稲葉裕, 齋藤知行: CT/有限要素解析を用いた骨腫瘍性病変を有する大腿骨の病的骨折予測. 47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 大阪, 2014, 7.


川端佑介、松尾光佑、上石貴之、針金健吾、池 裕之、根津 悠、川畑武彦、稲葉 裕、齋藤知行:CT/有限要素解析を用いた骨腫瘍性病変を有する大腿骨近位部の病的骨折予測.29回日本整形外科学会基礎学術集会.鹿児島,2014,10


川端佑介、松尾光佑、上石貴之、池 裕之、針金健吾、根津 悠、川畑武彦、稲葉 裕、齋藤知行:CT/有限要素解析を用いた骨腫瘍性病変を有する大腿骨の病的骨折予測.47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会.大阪,2014,7


川村正樹, 稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 手塚太郎, 久保田 聡, 齋藤知行: 表面置換型人工股関節置換術後の腸腰筋インピジメントに対して股関節鏡視下腸腰筋切腱術を施行した1. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


川村正樹, 手塚太郎, 熊谷 研, 針金健吾, 草山喜洋, 林田健太, 小林明裕, 長岡亜紀子, 稲葉 裕, 齋藤知行: 関節リウマチに対するLinked type人工肘関節置換術の使用経験. 55回関東リウマチ研究会, 東京, 2014, 6 .


川村正樹, 中村潤一郎, 渡邊竜樹, 松宮基英, 大澤克成, 杉元紳太郎, 三橋成行: 初診時軽微な骨傷が見逃され、遅発性麻痺を生じた強直性脊椎障害の2.  150回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014,3.


川村正樹, 中村潤一郎, 渡邊竜樹, 松宮基英, 大澤克成, 杉元紳太郎, 三橋成行: 新しい結さつ糸とHAスペーサーを使用した頚椎椎弓形成術. 150回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014,3.


川村正樹、稲葉 裕、小林直実、池 裕之、手塚太郎、久保田 聡、齋藤知行:デスモイドによる股関節拘縮に対して軟部組織解離術を施行した1例.41回関東股関節懇話会.東京,2014,10


川村正樹,稲葉 裕,上石貴之,小林直実,池 裕之,手塚太郎,久保田聡,齋藤知行:デスモイド腫瘍による股関節拘縮に対して軟部組織解離術を施行した1例,関東股関節懇話会,東京,20149


久保田 聡, 稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 手塚太郎, 川村正樹, 齋藤知行: 大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰の有無と大腿骨頭部骨密度の比較. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


草山喜洋, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 三橋祥太, 小林明裕, 齋藤知行: 脚長差を有する高度内反変形膝に対するdouble osteotomyを施行した一例. 41回関東膝を語る会, 東京, 2014, 11.


草山喜洋, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 大蔵晃生, 本田秀樹, 齋藤知行: TKA術中バランスに影響する術前因子の検討. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


草山喜洋, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 大蔵晃生, 本田秀樹, 齋藤知行: ヒアルロン酸関節内注射5階連続投与前後の関節液成分の変化と臨床症状について. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


草山喜洋, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 大蔵晃生, 本田秀樹, 齋藤知行: 脚長差を有する高度内反変形膝に対するdouble osteotomyを施行した一例. JOSKAS2014, 広島, 2014, 7.


久保田 聡、稲葉 裕、小林直実、池 裕之、手塚太郎、川村正樹齋藤知行:大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰に対する大腿骨頭部骨密度の比較.29回日本整形外科学会基礎学術集会.鹿児島,2014,10


久保田 聡,稲葉 裕,小林直実,池 裕之,手塚太郎,川村正樹,齋藤知行:大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰の有無と大腿骨頭部骨密度の比較.第41回日本股関節学会学術集会,東京,201410


國谷 洋: 臀部の皮神経障害による腰痛・下肢痛について. 藤沢市医師会整形外科医会講演会, 藤沢,2014,5.


國谷 嵩,安原義昌,榎本 晃,山口祐一郎,山田俊介,福井隆史,三橋祥太,江畑 功:透析患者に合併した頸椎病変に対する手術治療成績.第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会,京都,20144


國谷 嵩,石田 航,勝畑知之,三ツ木直人,齋藤知行:圧迫性頚髄症の術式選択―椎弓形成術単独と後方除圧固定術の比較―.第21回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会,宮崎,20149


熊谷 研, 赤松 泰, 小林秀郎, 草山喜洋, 大蔵晃生, 本田秀樹, 腰野富久, 齋藤知行: 変形性膝関節症に対する楔状開大式高位脛骨骨切り術後の軟骨修復に影響を及ぼす因子の評価.  JOSKAS2014, 広島, 2014, 7.


熊谷 研, 手塚太郎, 針金健吾, 草山喜洋, 川村正樹, 林田健太, 長岡亜紀子, 稲葉 裕, 齋藤知行: 関節リウマチによる前足部変形に対する手術治療. 15回神奈川骨折治療研究会, 横浜, 2014, 6.


熊谷 研, 赤松 泰, 小林秀郎, 草山喜洋, 大蔵晃生, 本田秀樹, 齋藤知行: マウス大腿骨骨切りモデルに対する低出力超音波パルス(LIPUS)刺激が骨形成促進とSclerostin発現に与える影響. 41回日本生体電気・物理刺激研究会, 横浜, 2014, 4.


熊谷 研, 赤松 泰, 小林秀郎, 草山喜洋, 大蔵晃生, 本田秀樹, 齋藤知行: 高齢患者に対する内側楔状開大式高位脛骨骨切り術の中期成績. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


熊谷 研, 赤松 泰, 小林秀郎, 草山喜洋, 齋藤知行: 副甲状腺ホルモンがマウス大腿骨骨切りモデルの骨形成と末梢血由来骨前駆細胞のホーミングに与える影響. 29回日本整形外科学会基礎学術集会, 鹿児島, 2014, 10.


熊谷 研、稲葉 裕、針金健吾、草山喜洋、高川 修、長岡亜紀子、齋藤知行:関節リウマチに対するファーストラインの生物学的製剤としてトシリズマブを選択した場合の有効性.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,第23回国際リウマチシンポジウム.東京,2014,4


熊谷 研、針金健吾、草山喜洋、手塚太郎、川村正樹、林田健太、長岡亜紀子、稲葉 裕、齋藤知行:初回に選択した生物学的製剤の有効性について非TNF製剤のトシリズマブとTNF製剤のアダリムマブとの比較.69回神奈川リウマチ医会.横浜,2014,7


髙倫浩,日塔寛昇、瀧上秀威,上條晃,伊藤りえ,石ヶ坪諒,仲拓磨:Screw hole付きPEEK cageを用いた頸椎前方固定術の短期成績の検討.第68回国立病院総合医学会,横浜,2014, 11.


河野心範, 岩村祐一, 稲坂理樹, 藤巻 洋, 紺野智之, 齋藤知行: 神経障害を伴う中下位腰椎骨粗鬆症椎体骨折に対する手術治療成績と合併症. 63回東日本整災害外科学会, 東京, 2014, 9.


河野心範, 岩村祐一, 青田洋一, 河井卓也, 新村高典, 藤原稔, 近藤総一, 斎藤知行: 腰椎変性すべり症に対する後方椎体間固定術(PLIF) 術後5年以上の臨床成績.―特に成績不良因子の検討. 43回日本脊椎脊髄病学会, 京都, 2014, 4.


河野心範, 青田洋一, 河井卓也, 新村高典, 斎藤知行: 清浄度の異なる手術室における脊椎手術後の手術部位感染の検討. 43回日本脊椎脊髄病学会, 京都, 2014, 4.


腰野富久:リウマチ性疾患とくに変形性膝関節症の病態と治療. 第10回相模原市医師会整形外科医会学術講演会, 相模原市, 2014, 6.


腰野富久:膝痛を治して生活しよう. 甲賀病院甲賀はつらつ教室, 静岡県焼津市, 2014, 11.


小牧祐子, 松尾光祐, 上石貴之, 川端佑介, 林田健太, 齋藤知行: 腸骨骨生検により診断に至ったPOEMS症候群の一例. 63回東日本整災害外科学会, 東京, 2014, 9.


小林秀郎, 赤松 泰, 熊谷 研, 草山喜洋, 三橋祥太, 小林明裕, 齋藤知行: 高位脛骨骨切り術における静脈血栓塞栓症の発症状況、および、エドキサバントシル酸塩水和物の有用性について. 42回日本関節病学会, 東京, 2014, 11.


小林秀郎, 赤松 泰, 熊谷 研, 草山喜洋, 大蔵晃生, 本田秀樹, 齋藤知行: Opening wedge高位脛骨骨切り術における開大部の骨癒合に関する検討. JOSKAS2014, 広島, 2014, 7.


小林秀郎,赤松泰,熊谷研,草山喜洋,石ヶ坪諒,村松俊太郎,大歳晃生,本田秀樹,齋藤知行:高位脛骨骨切り術周術期における静脈血栓塞栓症の発症状況、およびエドキサバントシル酸塩水和物の有用性について. 87回日本整形外科学会,神戸,2014,5.


小林秀郎,赤松泰,熊谷研,草山喜洋,大歳晃生,本田秀樹,齋藤知行:Surgical epicondylar axisは膝関節中心軸と一致するか. 44回日本人工関節学会,沖縄,2014,2.


小林秀郎,赤松泰,熊谷研,草山喜洋,大歳晃生,本田秀樹,齋藤知行:イメージフリーナビゲーションオープンウエッジ高位脛骨骨切り術は外側離開または外側脛骨平原骨折例に有用である. 8回日本CAOS研究会,横浜,2014,3.


小林大悟, 牧田浩行, 上條 晃, 古谷一水, 江口英人, 齋藤知行: 人工膝関節全置換術後早期に生じた大腿骨顆部骨折―1例報告―. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


小林直実, 稲葉 裕, 宮前祐之, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 中茶勇二, 仲 拓磨, 齋藤知行: 人工関節周囲感染の診断と治療における工夫. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


小林直実, 稲葉 裕, 宮前祐之, 池 裕之, 手塚太郎, 久保田 聡, 川村正樹, 齋藤知行: 人工関節周囲感染の診断~現状今後の課題~. 63回東日本整災害外科学会, 東京, 2014, 9.


小林直実, 稲葉 裕, 雪澤洋平, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲 拓摩, 中茶勇二, 豊田真寿, 齋藤知行: 人工股関節全置換術後のstress shieldingにおける18F-Fluoride-PETによる局所骨代謝評価. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


小林直実, 稲葉 裕, 池 裕之, 手塚太郎, 久保田 聡, 川村正樹, 青木俊太郎, 齋藤知行: Femoroacetabular impingementに対する鏡視下骨軟骨切除術前後のインピンジメントシミュレーション評価. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


小林直実, 稲葉 裕, 池 裕之, 手塚太郎, 宮前祐之, 久保田 聡, 川村正樹, 齋藤知行: 人工関節周囲感染の診断―治療法選択における診断の役割―. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


小林直実, 稲葉 裕, 齋藤知行, 老沼和弘, 大園健二, 山本健吾, 安藤 渉, 渥美敬, 玉置 聡, 相原雅治: Metal-on-Metalセメントレス人工股関節全置換術後の金属イオン濃度についての検討―多施設共同前向き研究―. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


小林直実、稲葉 裕、宮前祐之、崔 賢民、齋藤知行:人工関節周囲感染の最新診断法.87回日本整形外科学会学術集会(教育研修講演).神戸,2014,5


小林直実、稲葉 裕、池 裕之ほか:新しい骨イメージングとしての18F-fluoride PETの進歩 第39回日本外科系連合学会学術集会、東京、2014


小林直実、稲葉 裕、池 裕之ほか:人工股関節周囲感染の診断と治療 第41回日本股関節学会、東京、2014.10


小林直実、稲葉 裕、池 裕之ほか:人工股関節置換術後の骨密度と骨代謝変化 12回千葉関節外科・人工関節セミナー、千葉、2014


小林直実、稲葉 裕、池 裕之、手塚太郎、久保田 聡、川村正樹、齋藤知行:Femoroacetabular impingementにおける18F-fluoride PETによる局所骨代謝評価-Cam lesionにおける集積像についての検討-.41回日本股関節学会学術集会.東京,2014,10


小林直実、稲葉 裕、池 裕之、手塚太郎、久保田 聡、川村正樹、齋藤知行:Femoroacetabular impingementに対する鏡視下骨軟骨切除術前後のインピンジメントシミュレーション評価.41回日本股関節学会学術集会.東京,2014,10


小林直実、稲葉 裕、池 裕之、手塚太郎、宮前祐之、久保田 聡、川村正樹、齋藤知行:人工関節周囲感染の診断-治療法選択における診断の役割-.41回日本股関節学会学術集会(パネルディスカッション).東京,2014,10


小林直実、稲葉 裕、齋藤知行: 人工関節周囲感染の最新診断法 第87回日本整形外科学会総会 教育研修講演41、神戸、2014.5


小林直実、稲葉 裕、齋藤知行、老沼和弘、大園健二、山本健吾、安藤 渉、渥美 敬、玉置 聡、相原雅治:Metal-on-metalセメントレス人工股関節全置換術後の金属イオン濃度についての検討-多施設共同前向き研究-.41回日本股関節学会学術集会.東京,2014,10


小林明裕, 熊谷 研, 草山喜洋, 手塚太郎, 川村正樹, 林田健太, 長岡亜紀子, 稲葉 裕, 齋藤知行: 関節リウマチに対する半拘束型人工肘関節全置換術後の屈曲拘縮と他因子の関連性. 日本リウマチ学会関東支部学術集会, 横浜, 2014,12.


小林洋介, 青田洋一,河井卓也、佐藤雅経:腰椎すべり症における椎弓根の扁平化.48回日本側弯症学会. 盛岡、2014.10


紺野智之, 青田洋一, 國谷 洋, 曲 寧, 林 省吾, 川田晋一, 伊藤正裕, 齋藤知行:仙腸関節近傍での中殿皮神経絞扼の解剖学的研究. 26回日本運動器科学会, 浜松, 2014, 7.


紺野智之, 青田洋一, 國谷 洋, 齋藤知行, 曲 寧, 林 省吾, 河田晋一, 伊藤正裕:殿皮神経絞扼が坐骨神経様の下肢痛を呈する解剖学的背景. 29回日本整形外科学会基礎学術集会,  鹿児島, 2014, 10.


紺野智之、青田洋一、國谷洋、斉藤知行、曲 寧、林 省吾、河田晋一、伊藤正弘.仙腸関節近傍に分布する中殿皮神経絞扼の解剖学的検討.22回日本腰痛学会. 幕張、2014.11


紺野智之、青田洋一、國谷洋、齊藤知行、曲寧、林省吾、河田晋一、伊藤正裕:上殿皮神経絞扼が下肢痛を呈する解剖学的背景.第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会。京都、2014.4


佐々木洋平:Modified Gap Techniqueで骨切りしたTKA術後可動域と術中Gapバランスとの関係.第42回関節病学会,東京,201411


斎藤 泉, 黒坂 望, 藤澤隆弘, 百瀬たか子, 別府保男, 中澤明尋, 竹内 剛, 齋藤知行: 人工膝関節全置換術の術後アライメント評価. JOSKAS2014, 広島, 2014, 7.


齋藤 泉, 黒坂 望, 百瀬たか子, 別府保男, 中澤明尋, 竹内 剛, 齋藤知行: 人工膝関節全置換術におけるNavigation法との比較したPatient-specific instrumentationの術後アライメント評価. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


齋藤 泉, 黒坂 望, 百瀬たか子, 別府保男, 中澤明尋, 竹内 剛, 齋藤知行: 人工膝関節全置換術におけるpatient-specific instrumentationの術後アライメント評価. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


齋藤知行, 小林直実, 小林秀郎:人工関節周囲感染の診断と治療指針. 37回日本骨・関節感染症学会, 東京, 2014, 6.


齋藤知行, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 草山喜洋: 高位脛骨骨切り術の現状と近未来. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


齋藤知行, 赤松 泰, 熊谷 研, 草山喜洋, 大蔵晃生, 本田秀樹: 変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術. 54回関東整形災害外科学会, 横浜, 2014, 3.


齋藤知行: 高位脛骨骨切り術(HTO)と単顆片側置換術(UKA)の適応. GREAT EXPECTATIONS  2014,東京, 2014, 3.


齊藤雅彦, 中川晃一, 富田直秀, 玉田 靖, 柴田孝史, 園部正人, 中島 新, 髙橋宏, 谷口慎治, 山田 学, 平方栄一, 青木秀之, 齋藤知行: 広範囲関節軟骨欠損に対する脊髄刺激とフィブロイン被覆の併用療法の効果. 29回日本整形外科学会基礎学術集会, 鹿児島, 2014, 10.


斎藤 彰, 高柳 聡, 落合俊輔, 平川和男, 名倉誠朗:当院におけるMIS THAの中期成績. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


坂野 裕昭, 本田 , 勝村 , 岡崎 , 竹元 , 井出 , 坂口 , 佐々木 佳奈子, 齋藤 知行.橈骨遠位端関節内骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術の術後成績:1row2rowプレート固定術の後ろ向き比較研究 87日本整形外科学会. 神戸.2014.5.


坂野裕昭, 勝村 哲, 岡崎 敦, 竹元 暁, 瀧上秀威, 齋藤知行: 近位設置単軸型掌側ロッキングプレート固定術の中長期合併症と対策. 63回東日本整災害外科学会, 東京, 2014, 9.


坂野裕昭, 勝村 哲, 岡崎 敦, 竹元 暁, 齋藤知行: 撓骨遠位端関節内骨折に対する透視下整復固定術の整復精度と術後成績―前向き研究―. 57回日本手外科学科学術集会, 沖縄, 2014, 4.


坂野裕昭勝村 哲,本田淳岡崎敦中村祐之井出学辻雅樹 .橈骨遠位端関節内骨折に対する透視下整復固定術の整復精度と術後成績―前向き研究― .第57回日本手外科学会. 宜野湾.2014.4


坂野裕昭: 上肢におけるパーキュフィックスの臨床応用.第57回日本手外科学会.うるまセミナー10.宜野湾市.2014.4.


坂野裕昭:橈骨遠位端骨折に対するFixed angle locking plate固定術.第40回日本骨折治療学会.熊本.2014.6.


坂野裕昭:橈骨遠位端骨折治療の最前線—多施設研究および診療ガイドラインとネットワークの活用.第63回共済医学会 教育講演.名古屋市.2014.10.


篠原健太郎, 三ツ木直人, 荒武正人, 瀧 直也, 太田裕彦, 木村哲也, 赤松智隆,渡邊順哉, 齋藤知行: 人工膝関節置換術術後疼痛におけるトラマドール塩酸塩/アセトアミンフェン配合製剤の有用性. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


篠原健太郎, 三ツ木直人, 瀧 直也, 荒武正人, 太田裕彦, 木村哲也, 渡邉順哉,赤松智隆, 齋藤知行: トラマドール塩酸/アセトアミンフェン配合製剤の人工膝関節置換術の術後疼痛における有用性. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


篠原健太郎, 三ツ木直人, 瀧 直也, 荒武正人, 太田裕彦, 木村哲也, 渡邉順哉,赤松智隆, 齋藤知行: 人工膝関節術後の静脈血栓塞栓症予防におけるエドキサバンの効果―術後翌日から開始した症例と48時間以降に開始した症例の検討. JOSKAS2014, 広島, 2014, 7.


泉対信賢, 東 貴行, 山田勝崇, 増田謙治, 金子貫一郎, 齋藤知行, 粒来 拓, 善方裕美, 平原史樹: 妊娠関連骨粗鬆症により脊椎椎体骨折をきたした3. 54回関東整形災害外科学会, 横浜, 2014, 3.


篠原健太郎,三ツ木直人,瀧 直也,荒武正人,太田裕彦,石田 航,勝畑知之,佐々木洋平,國谷 嵩,鷲見昌克,伊藤彰悟:人工膝関節置換術術後疼痛におけるトラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合剤の有用性.第388回横浜市立大学整形外科同門会談話会,横浜,20148


篠原健太郎,三ツ木直人,瀧 直也,荒武正人,太田裕彦,木村哲也,赤松智隆,渡邊順哉,鈴木弘之,木村一雄,齋籐知行:人工膝関節置換術後における低侵襲な血管内皮機能検査を用いた下肢静脈血栓症の予測.第87回日本整形外科学会学術総会,神戸,20145


篠原健太郎,三ツ木直人,瀧 直也,荒武正人,太田裕彦,木村哲也,渡邉順哉,赤松智隆,斉藤知行:人工膝関節術後の静脈血栓塞栓症予防におけるエドキサバンの効果―術後翌日から開始した症例と48時間以降に開始した症例の検討.第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,広島,20147


杉浦 英志,比留間 徹ほか:染色体転座が報告されている組織型の悪性軟部腫瘍患者を対象にトラベクテジンとベストサポーティブケアを比較した第II相臨床試験.第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会,大阪,2014,7.


杉元紳太郎, 中村潤一郎, 渡邊竜樹, 松宮基英, 大澤克成, 川村正樹, 三橋成行: 骨盤輪損傷に対するLow profile S1 iliac trajectoryを応用した腸骨screwによる骨盤輪再建法.  150回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014,3.


鈴木英一:プロサッカー現場で発生したスポーツ傷害への対応― 10年間のJリーグ帯同経験から、疼痛への対応を含めて―.横浜スポーツ傷害懇話会,横浜,201411


鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平 石田 崇, 池 裕之, 富岡政光, 齋藤知行: 人工股関節全置換術術前の臥位骨盤傾斜から術後5年の立位骨盤傾斜への変化. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 石田 崇, 池 裕, 富岡政光, 齋藤知行:人工股関節全置換術後4年までの骨盤傾斜変化―三次元CTモデルによる計測―. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 富岡政光, 齋藤知行: 人工股関節全置換術後4年までの骨盤傾斜の経時的変化―3次元CTモデルによる計測―. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


鈴木 宙、稲葉 裕、小林直実、雪澤洋平、石田 崇、池 裕之、富岡政光齋藤知行:人工股関節全置換術後4年までの骨盤傾斜の経時的変化.8回日本CAOS研究会.横浜,2014,3


鷲見昌克,石田 航,勝畑知之,國谷 嵩,三ツ木直人:転移性脊椎腫瘍における姑息的手術の治療成績と予後不良因子.第388回横浜市立大学整形外科同門会談話会,横浜,20148


高柳 聡, 平川和男, 斎藤 彰, 落合俊輔, 名倉誠朗:人工股関節置換術後2か月の股関節外転筋力に対する術前因子, 人工股関節設置の影響. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014,


瀧 直也, 三ツ木直人, 持田勇一, 荒武正人, 篠原健太郎, 佐々木洋平, 伊藤彰悟,鷲見昌克, 齋藤知行: 人工股関節全置換術(THA)術後のステム前捻角の検討. 42回日本関節病学会, 東京, 2014, 11.


瀧 直也, 三ツ木直人, 持田勇一, 荒武正人, 太田裕彦, 篠原健太郎, 佐々木洋平伊藤彰悟, 鷲見昌克, 齋藤知行: 人工股関節全置換術の術後屈曲可動域とカップ設置位置に関する検討. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


瀧 直也, 三ツ木直人, 持田勇一, 荒武正人, 太田裕彦, 篠原健太郎, 木村哲也,赤松智隆, 渡邊順哉, 齋藤知行: 術後8年以上経過したセラミックを摺動面に有する人工股関節のX線変化. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


瀧 直也, 三ツ木直人, 持田勇一, 荒武正人, 太田裕彦, 篠原健太郎, 木村哲也,赤松智隆, 渡邉順哉, 齋藤知行: 術後8年以上経過したBicontactステム周囲のX線変化. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


瀧 直也,三ツ木直人,持田勇一,荒武正人,太田裕彦,篠原健太郎,木村哲也,赤松智隆,渡邊順哉,齋籐知行:ZedHipによる術前計画と術後のステム前捻角の検討.第8回日本CAOS研究会,横浜,20143


瀧上秀威, 伊藤りえ, 日塔寛昇, 坂野裕昭, 齋藤知行: 撓骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術後のCTによる遠位スクリュー先端の評価. 57回日本手外科学科学術集会, 沖縄, 2014, 4.


竹元 暁, 坂野裕昭, 勝村 哲, 岡崎 敦, 井出 学, 坂口 彰, 齋藤知行: 大腿骨骨幹部インプラント周辺病的骨折に対し大腿骨全置換術を行った1. 40回日本骨折治療学会, 熊本, 2014, 6.


竹元 暁, 坂野裕昭, 勝村 哲, 岡崎 敦, 齋藤知行: JuggerKnotソフトアンカー1.0ミニを用いた手指および手関節靭帯損傷の治療経験. 57回日本手外科学科学術集会, 沖縄, 2014, 4.


竹元 暁, 坂野裕昭, 本田 淳, 勝村 哲, 岡崎 敦, 井出 学, 坂口 彰, 佐々木佳奈子, 齋藤知行: ばね指に対する鏡視下腱鞘切開術の治療成績. 28回東日本手外科研究会, 東京, 2014, 2.


竹元暁, 坂野裕昭, 勝村哲, 岡崎敦, 井出学, 坂口彰, 齋藤知行:大腿骨骨幹部インプラント周辺病的骨折に対し大腿骨全置換術を行った1. 40回日本骨折治療学会, 熊本, 2014, 6.


竹元暁, 坂野裕昭, 勝村哲, 岡崎敦, 馬場紀行, 井出学, 坂口彰, 井上徹彦, 齋藤知行:舟状骨偽関節に対する橈骨遠位掌尺側からの血管柄付き骨移植術(Mathoulin)の治療成績の検討. 41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 京都, 2014, 12.


竹元暁, 坂野裕昭, 勝村哲, 岡崎敦, 馬場紀行, 井出学, 坂口彰, 井上徹彦:単純切除術により良好な結果を得たcarpal boss1. 151回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014, 6.


竹元暁, 坂野裕昭, 勝村哲, 岡崎敦:ばね指に対する鏡視下腱鞘切開術の治療成績. 24回平塚市医師会臨床医学会, 平塚, 2014, 2.


竹山昌伸, 関屋辰洋, 比留間 徹, 齋藤知行:  AYA世代の骨・軟部腫瘍の治療成. 47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 大阪, 2014, 7.


田原大輔、西川勝成、辻上哲也、百瀬たか子、池 裕之、稲葉 裕:変形性股関節症の歩行における股関節周囲筋力の個体別推定.第41回日本臨床バイオメカニクス学会.奈良,2014,11


田原大輔、辻上哲也、小北拓侑、池 裕之、稲葉 裕、齋藤知行:変形性股関節症の骨嚢胞周囲の応力解析.第5MECHANICAL FINDER研究会.東京,2014,8


田辺博宣, 青田洋一, 中村直行, 河井卓也, 齋藤知行: 中下位頚椎にlaminar screwを用いて固定術を行った3. 43回日本脊椎脊髄病学会, 和歌山, 2014, 4.


田辺博宣, 青田洋一, 中村直行, 町田正文, 齋藤知行: 思春期特発性側彎症の骨代謝とμCTによる海面骨測定. 48回日本側彎症学会学術集会, 盛岡, 2014, 10.


田辺博宣, 青田洋一, 中村直行, 町田正文, 齋藤知行: 思春期特発性側弯症の骨代謝と骨微細構造評価. 29回日本整形外科学会基礎学術集会, 鹿児島, 2014, 10.


田辺博宣、青田洋一、中村直行、河井卓也、齋藤知行:中下位頸椎に laminar screw を用いて固定術を行った3例.第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会。京都、2014.4


塚原知隆, 國谷 洋, 松宮基秀, 大澤克成, 杉元紳太郎, 奥山裕之, 三橋成行, 齋藤知行: 足関節果部骨折・足関節脱臼骨折手術例の治療成績. 15回神奈川骨折治療研究会, 横浜, 2014, 6.


月僧博和、稲葉 裕、池 裕之、尾島朋宏、兼氏 歩:近位固着型人工股関節ステム置換後の経年的骨密度分布シミュレーション.第41回日本臨床バイオメカニクス学会.奈良,2014,11


手塚太郎, 稲葉 裕, 小林直実, 藤巻 洋, 池 裕之, 平田康英, 齋藤知行: 人工股関節全置換術前後の骨頭中心位置, femoral offsetが術後成績および外転筋力ヘ及ぼす影響. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


手塚太郎, 熊谷 研, 針金健吾, 草山喜洋, 川村正樹, 長岡亜紀子, 林田健太, 稲葉 裕, 齋藤知行: 関節リウマチにおける半拘束型人工肘関節全置換術の臨床成績. 69回神奈川リウマチ医会, 横浜, 2014, 7.


徳永裕彦、市川宣弘、大園健二、山本健吾、安藤 渉、渥美 敬、玉置 聡、相原雅治、稲葉 裕、小林直実、白土英明、老沼和弘:Metal-on-metalセメントレス人工股関節置換術の可動域および金属イオン濃度についての検討(多施設共同・前向き・比較研究).44回日本人工関節学会.沖縄,2014,2


富岡政光, 稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 鈴木 宙, 大庭真俊, 齋藤知行: 大腿骨頭壊死症の有限要素解析と壊死部の材料特性測定. 41回日本股関節学会学術集会, 東京, 2014, 10.


富岡政光, 稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 鈴木 宙, 齋藤知行: 特発性大腿骨頭壊死症の有限要素解析. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


富岡政光, 村田淳, 大庭英雄: 不安定型肘関節脱臼骨折に対しヒンジ付き創外固定器を用いた一例. 29回金沢区整形外科医会, 横浜, 2014,10.


富岡政光、稲葉 裕、池 裕之、齋藤知行:特発性大腿骨頭壊死症の有限要素解析.第5MECHANICAL FINDER研究会.東京,2014,8


中村格子:スポーツ医学からみたアスリートのタバコ事情:第4回日本小児禁煙研究会,ランチョンセミナー,横浜、2014.3


中村格子:美しい歩き方をハイヒールの選び方~第12回日本フットケア学会、特別講演.奈良2014.3

中村直行, 稲葉 裕, 森川耀源, 大庭真俊, 鈴木迪哲, 阿多由梨加, 町田治郎, 齋藤知行: 小児Down症環軸椎不安定症に対する頸椎中間位側面像での新しい2つの画像計測値. 25回日本小児整形外科学会学術集会, 浦安, 2014, 11.


中村直行, 稲葉 裕, 町田治郎, 森川耀源, 大庭真俊, 鈴木迪哲, 阿多由梨加, 齋藤知行: 8歳以上の重症ぺルテス病における完全免荷治療と大腿骨内反回転骨切り術の成績比較. 25回日本小児整形外科学会学術集会, 浦安, 2014, 11.


中村直行, 奥住成晴, 町田治郎, 森川耀源, 大庭真俊, 齋藤知行: 重症例に対するROWO導入によるPerthes病治療成績の変化―保存治療単独時期との比較―. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


中村直行, 青田洋一, 上杉昌章, 奥住成晴, 町田治郎, 森川耀源, 大庭真俊, 阿多由梨加, 齋藤知行: 小児専門病院における環軸椎不安定症の外来診療における問題点. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


中村直行 稲葉裕 森川耀源 大庭真俊 鈴木迪哲 阿多由梨加 町田治郎 齋藤知行: Rotational open-wedge osteotomy improves treatment outcomes for children older than 8 years with severe Legg-Calve-Perthes disease. 25回日本小児整形外科学会,千葉,2014,11.


中村直行 稲葉裕 町田治郎 森川耀源 大庭真俊 阿多由梨加 齋藤知行:重症例に対する大腿骨内反回転骨切り術導入によるペルテス病治療成績の変化. 87回日本整形外科学会学術集会,神戸,2014,5.


中村直行 森川耀源: Antley-Bixler syndromeに伴った後側弯症の1例. 48回日本側弯症学会,盛岡,2014,10.


中村直行 森川耀源 大庭真俊 鈴木迪哲 阿多由梨加 町田治郎 齋藤知行: Antley-Bixler syndromeに伴った脊柱変形に手術治療を行った一例. 26回骨系統疾患研究会,千葉,2014,11.


中村直行 青田洋一 上杉昌章 町田治郎 森川耀源 大庭真俊 阿多由梨加 齋藤知行: 環軸椎不安定症の外来診療における問題点. 87回日本整形外科学会学術集会,神戸,2014,5.


新村高典, 青田洋一, 河野心範, 河井卓也, 東 貴行, 山田勝崇, 増田謙治, 泉対信賢, 齋藤知行: 圧迫性頚髄症における拡散強調MRIの意義~術前後での髄内輝度変化と術後成績~. 43回日本脊椎脊髄病学会, 和歌山, 2014, 4.


新村高典、青田洋一、河野心範、河井卓也、東貴行、山田勝崇、増田謙治、泉対信賢、齋藤知行:圧迫性頚髄症における拡散強調MRIの意義~術前後での髄内輝度変化と術後成績~.第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会。京都、2014.4


日塔寛昇、瀧上秀威,林陸,伊藤りえ,髙倫浩,鈴木宙,石ヶ坪諒,新野史:胸椎椎間孔部に発生し悪性の転帰をたどったparaganglioma1例.第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会,大阪,2014, 7.


日塔寛昇、鈴木宙,酒井亜矢子,永田江里,瀧上秀威,伊藤りえ,髙倫浩,石ヶ坪諒:腰部脊柱管狭窄症の手術入院に対するクリティカルパスのバリアンス発生.第16回日本医療マネジメント学会学術総会,岡山,2014, 6.


二宮一成, 池田 崇, 鈴木浩次, 多門史仁, 平川和男:低侵襲人工股関節全置換術(MIS THA)後2か月目の身体機能が精神状態に及ぼす影響. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


沼崎伸, 川島雄二, 安部聡弥, 平田康英, 山田祐嗣: 運動器慢性疼痛に対するオピオイド治療1年以上経過例における臨床所見とX線所見の変化. 7回日本運動器疼痛学会, 宇部, 2014, 10.


沼崎伸, 川島雄二, 安部聡弥, 平田康英, 山田祐嗣: 海洋上船舶内における救急疾患および外傷に対する救急処置の検証. 42回日本救急医学会総会・学術集会, 福岡, 2014, 10.


沼崎伸, 川島雄二, 安部聡弥, 平田康英, 山田祐嗣: 頚椎・頸髄損傷に合併する椎骨動脈閉塞の診断における超音波検査とMRAの比較. 42回日本救急医学会総会・学術集会, 福岡, 2014, 10.


根津 悠, 川井 章, 川端佑介, 松尾光祐, 齋藤知行, 落谷孝広:粘液型脂肪肉腫のがん幹細胞に関与するマイクロRNAおよびその標的遺伝子の解析・検討. 11回関東骨軟部腫瘍の基礎を語る会 春のセミナー. 修善寺. 2014. 4


根津 悠, 川井 章, 川端佑介, 松尾光祐, 齋藤知行, 落谷孝広:粘液型脂肪肉腫の円形細胞成分に由来するmicroRNAおよびその標的遺伝子の解析・検討. 12回関東骨軟部腫瘍の基礎を語る会. 東京. 2014.10.


根津 悠, 川井 章, 落谷孝広:粘液型脂肪肉腫の円形細胞成分に由来するマイクロRNAプロファイルと悪性形質の関連. 73回日本癌学会. 横浜. 2014. 9


服部 義、一戸貞史、稲葉 裕、北野利夫、小林大介、西須 孝、中瀬尚長、尾崎敏文:発育性股関節形成不全(DDH完全脱臼)全国多施設調査の結果報告.第25回日本小児整形外科学会学術集会(マルチセンター報告).千葉,2014,11


馬場紀行, 坂野裕昭, 勝村哲, 岡崎敦, 竹元暁, 井出学, 坂口彰, 井上徹彦, 中澤明尋, 藤原 豊: 骨盤輪骨折の救命センターと一般病院での治療経験. 7回横浜骨折治療研究会, 横浜, 2014,9.


馬場紀行, 中澤明弘, 竹内剛, 門脇絢弘, 高川修, 宮前祐之, 大歳晃生, 大成健介, 松田蓉子: 不安定型骨盤骨折に対する脊椎instrumentを使用した固定法. 15回神奈川骨折理療研究会, 横浜, 2014,6.


馬場紀行, 中澤明弘,竹内剛, 松本里沙, 藤澤隆弘, 青木千恵, 宮前祐之, 池西太郎, 村松俊太郎: 鎖骨遠位端骨折に対する肩鎖関節非固定型プレートの治療成績. 40回日本骨折治療学会, 熊本 2014,6.


林毅、山田広志、茶木 修:エルデカルシトールとミノドロン酸の併用療法と橈骨超遠位端での骨密度測定による治療効果判定.第16回 日本骨粗鬆症学会 東京、201410


林田健太, 手塚太郎, 熊谷 研, 針金健吾, 草山喜洋, 川村正樹, 長岡亜紀子, 稲葉 裕, 齋藤知行: ピロリン酸カルシウム(CPPD)沈着に関連した右手指伸筋腱断裂の一例. 43回リウマチの外科研究会, 大阪, 2014, 8.


林田健太, 手塚太郎, 熊谷 研, 針金健吾, 草山喜洋, 川村正樹, 長岡亜紀子, 稲葉 裕, 齋藤知行: 右手指伸筋腱断裂を生じたピロリン酸カルシウム(CPPD)沈着症の一例. 69回神奈川リウマチ医会, 横浜, 2014, 7.


林田健太, 松尾光祐, 上石貴, 川端佑介, 小牧祐子, 齋藤知行: 鎖骨骨幹部骨折および肩甲骨関節窩骨折Ideberg type Vaを合併した一例. 15回神奈川骨折治療研究会, 横浜, 2014, 6.


林田健太, 松尾光祐, 上石貴之, 根津 悠, 川端佑介, 小牧祐子, 齋藤知行: PIP関節の可動域制限を呈した小指基節骨外骨腫の一例. 63回東日本整災害外科学会, 東京, 2014, 9.


林田健太,松尾光祐,上石貴之,川端佑介,小牧祐子,齋藤知行:肩甲骨関節窩骨折 Ideberg typeaに鎖骨骨折を合併した Superior Shoulder Suspensory Complex (SSSC) 損傷の一例.第675回関東整形災害外科学会月例会,東京,201412


針金健吾, 松尾光祐, 上石貴之, 川端佑介, 川畑武彦, 齋藤知行: 前腕双極損傷の一例. 54回関東整形災害外科学会, 横浜, 2014, 3.


針金健吾, 石川 肇, 大谷 博, 阿部麻美, 親川 知, 中園 清, 村澤 章:関節リウマチ患者における足趾形成術後の足底圧の変化. 42回日本関節病学会, 東京, 2014, 11.


東 貴行, 山田 勝崇, 増田 謙治, 金子 貫一郎, 関屋 辰洋, 齋藤 知行, 青田 洋一: 腰部脊柱管狭窄症に対する除圧術後のX線学的不安定性と臨床成績. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014.5.


東 貴行, 山田 勝崇, 増田 謙治, 金子 貫一郎, 関屋 辰洋, 齋藤 知行, 青田 洋一: 腰部脊柱管狭窄症に対する除圧術後椎間不安定性の危険因子: 22回日本腰痛学会, 千葉, 2014.11.


東 貴行, 山田 勝崇, 増田 謙治, 金子 貫一郎, 泉対 信賢, 齋藤 知行: 当科における腰椎変性疾患の術式選択. 150回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014.3.


東 貴行, 山田勝崇, 増田謙治, 金子貫一郎, 田辺博宣, 関屋辰洋, 青田洋一, 齋藤知行: 腰部脊柱管狭窄症に対する除圧術後椎間不安定性の危険因子. 22回日本腰痛学会, 幕張, 2014, 11.


東 貴行、青田洋一山田 勝崇、増田謙治、金子貫一郎、泉対信賢、斉藤知行.腰部脊柱管症に対する除圧術後のX線学的不安定性と臨床成績. 87本整形外科学会学術総会. 神戸、2014.5.


平田康英, 稲葉 裕, 小林直実, 池 裕之, 雪澤洋平, 藤巻 洋, 手塚太郎, 齋藤知行: 臼蓋形成不全症例に対する有限要素法解析―異なる荷重条件における臼蓋形成不全の程度と股関節応力の関係―. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


平田康英, 川島雄二, 沼崎 伸, 安部 聡弥, 齋藤知行: 高齢者の大腿骨遠位部粉砕骨折に対して一期的に人工膝関節置換術を施行した2. 40回日本骨折治療学会, 熊本, 2014, 6.


平川 和男:Modified Watson-Jonesアプローチのコツ. 教育研修講演18, 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


平川和男, 高柳 聡, 齋藤 彰, 辻 耕二, 名倉誠朗, 落合俊輔:Changeable neckステムを用いた初回THA;第一選択とする理由. パネルディスカッション 第41回日本股関節学会学術集会. 東京, 2014, 10.


平川和男, 高柳 聡, 齋藤 彰, 辻 耕二, 名倉誠朗, 落合俊輔:日本に低侵襲THAを導入して;13年間の臨床成績. 20回日本最小侵襲整形外科学会. 宇都宮, 2014, 11.


平川和男: 人工関節センターのシステムプロモーション;合併症対策と教育の10年および今後の課題. 2回小樽市整形外科部会学術集会. 小樽, 2014, 11.


比留間 徹,竹山 昌伸,関屋 辰洋,亀田 陽一,亀田 典章,高木 正之,鎌田 正,今井 礼子:脊椎・骨盤の原発性悪性骨腫瘍における治療後機能評価.第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会,大阪,2014,7.


藤井 淳平柏崎 裕一池田 太郎丹羽 陽治郎草場 洋平池西 太郎辻 雅樹斉藤 裕: 中足骨近位骨切り術におけるロッキングプレートの使用経験. 第151回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014,6.


古谷一水, 牧田浩行, 藤原 稔, 内野洋介, 小林大悟, 齋藤知行: 表面置換型人工股関節手術後に骨性強直による著しい可動域制限を認めた一例. 42回日本関節病学会, 東京, 2014, 11.


本田秀樹, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 草山喜洋, 大蔵晃生, 齋藤知行: 骨折変形治癒後に骨髄炎を合併した変形性膝関節症に対して高位脛骨骨切り術を施行した1. 150回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014, 3


本田秀樹, 江畑功, 榎本晃, 安原義昌, 山口祐一郎, 若山悠介, 山田俊介, 福井隆史: 距骨の骨欠損を伴う足関節開放骨折に対し髄内釘を用いた足関節固定術をおこなった1. 152回神奈川整形災害外科研究会, 神奈川, 2014, 10.


牧田浩行、稲葉 裕、藤原 稔、古谷一水、内野洋介、小林大悟、齋藤知行:Charnley-Kerboull (CMK) ステムのセメント手技と成績.41回日本股関節学会学術集会(パネルディスカッション).東京,2014,10


増田謙治, 東 貴行, 山田勝崇, 金子貫一郎, 関屋辰洋, 青田洋一, 齋藤知行: 腰椎変性側弯を伴う腰部脊柱管狭窄症に対する手術成績. 63回東日本整災害外科学会, 東京, 2014, 9.


増田謙治, 東 貴行, 山田勝崇, 金子貫一郎, 田辺博宣, 関屋辰洋, 齋藤知行: 当院における脊椎術後感染の危険因子の検討. 22回日本腰痛学会, 幕張, 2014, 11.


増田謙治, 東貴行, 山田勝崇, 田辺博宣,金子貫一郎,関屋辰洋, 青田洋一,齋藤知行: 腰椎変性側弯症を伴う腰部脊柱管狭窄症に対する手術成績の調査. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014,5.


増田謙治, 東貴行, 山田勝崇, 田辺博宣,金子貫一郎,泉対信賢, 齋藤知行: 妊娠関連骨粗鬆症により脊椎椎体骨折をきたした3. 54回関東整形災害外科学会, 横浜, 2014,3.


町田治郎, 阿多由梨加, 中村直行, 森川耀源, 大庭真俊, 鈴木迪哲, 稲葉 裕, 小林直実, 齋藤知行: 新生児の化膿性関節炎―生後4カ月以上の乳幼児との比較. 25回日本小児整形外科学会学術集会, 浦安, 2014, 11.

町田治郎, 中村直行, 大庭真俊, 阿多由梨加, 稲葉 裕, 齋藤知行: 二分脊椎の足部変形に対する手術治療成績の新しい評価法. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


松尾 光祐, 上石 貴之, 川端 佑介, 堀 武生, 齋藤 知行:悪性骨・軟部腫瘍 新しい診断アプローチと注目すべき治療法 骨・軟部腫瘍の診断と治療におけるFDG-PETの役割. 日本整形外科学会基礎学術集会 シンポジウム, 鹿児島, 2014.10


松尾光佑、上石貴之、針金健吾、根津 悠、川端佑介、川畑武彦、稲葉 裕、齋藤知行:抗菌薬含有セメントおよびHAブロックを用いた腫瘍用人工関節感染における感染制御と再置換のための工夫.47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会.大阪,2014,7


松尾光祐, 上石貴之, 川端佑介, 堀 武生, 齋藤知行: 骨・軟部腫瘍の診断と治療におけるFDG-PETの役割. 29回日本整形外科学会基礎学術集会, 鹿児島, 2014, 10.


松尾光祐, 上石貴之, 堀 武生, 針金健吾, 根津 悠, 川端佑介, 川畑武彦, 齋藤知行: 軟部MFHおよびmyxofibrosarcomaの治療成績と予後予測因子の解明. 47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 大阪, 2014, 7.


松尾光祐, 福村英信, 梅村将就, 佐藤 格, 馮 先鋒, 江口晴樹, 石川義弘, 齋藤知行: 抗がん活性を持つ新規磁性体有機化合物を用いた温熱・化学同時療法. 41回日本生体電気・物理刺激研究会, 横浜, 2014, 4.


松宮基英, 三橋成行, 齋藤知行:サーフィン中に発生した、頚椎、頸髄損傷の4例.第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 東京, 2014,11.


松宮基英, 中村潤一郎, 渡邊竜樹, 大澤克成, 杉元紳太郎, 川村正樹, 三橋成行: サーフィン中に発生した頸椎、頸髄損傷の4. 150回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014,3.


松宮基英:上腕骨近位端骨折に対するDeltoid splitting MIPO法の有用性.第21回横浜整形外科手術手技カンファレンス, 横浜, 2014,11.


松本匡洋, 藤原 豊, 塚原知隆, 田中堅一郎, 坂口 彰, 森村尚登, 齋藤知行: 開放骨折・粉砕骨折に対するLIPUSの治療成績. 41回日本生体電気・物理刺激研究会, 横浜, 2014, 4.


松本匡洋, 藤原 豊, 塚原知隆, 田中堅一郎, 森村尚登, 齋藤知行: 下肢骨折に血管損傷を合併した7例の治療経験. 40回日本骨折治療学会, 熊本, 2014, 6.


三橋祥太, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 草山喜洋, 齋藤知行: CTナビゲーション使用法と従来法における脛骨コンポーネント回旋位の比較. 5回横浜膝関節研究会, 横浜, 2014, 7.


三橋成行:反復性肩関節脱臼に対するブリストー変法の実際(教育講演).第21回横浜整形外科手術手技カンファレンス, 横浜, 2014,11.


三原久範:アテトーゼ型CP頚髄症に対する手術療法, 44回日本脊椎脊髄病学会 卒後研修コース、京都、2014.4


三原久範:頚部脊髄症の新病型分類と手術成績, 44回日本脊椎脊髄病学会、京都、2014.4


宮前祐之, 稲葉 裕, 小林直実, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲 拓摩, 崔 賢民, 齋藤知行: 人工関節周囲感染における術中診断の有用性. 37回日本骨・関節感染症学会, 東京, 2014, 6.


宮前祐之、稲葉 裕、小林直実、齋藤知行:インプラント周囲感染の診断における新しいMRS-PCR法の有用性.87回日本整形外科学会学術集会.神戸,2014,5


持田勇一, 石井克志, 小澤祐樹, 瀧 直也, 三ツ木直人, 齋藤知行: 関節リウマチに対する人工股関節置換術の進歩. 42回日本関節病学会, 東京, 2014, 11.


持田勇一,石井克志,山田祐嗣,三ツ木直人,齋籐知行:生物学的製剤と手術2.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会Meet the Expert,品川,20144


百瀬たか子, 稲葉 裕, 小林直実, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲 拓摩, 齋藤知行: 人工股関節全置換術後の自覚的脚長差と画像的脚長差の検討. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


百瀬たか子, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲拓摩, 齋藤知行: 変形性股関節患者の中殿筋体積の画像評価. 87回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2014, 5.


森川耀源, 中村直行, 大庭真俊, 鈴木廸哲, 阿多由梨加, 町田治郎: エイトプレートによる骨端線成長抑制術後の脚長差の変化. 25回日本小児整形外科学会学術集会, 千葉, 2014.11.


森川耀源, 中村直行, 大庭真俊, 鈴木廸哲, 阿多由梨加, 町田治郎: 小児専門病院における乳幼児側弯症の臨床経過. 25回日本小児整形外科学会学術集会, 千葉, 2014.11.


森川耀源, 中村直行, 大庭真俊, 鈴木廸哲, 阿多由梨加, 町田治郎: 猫なき(5p-)症候群に伴う症候性側弯症に対し後方矯正固定術を施行した1. 48回日本側彎症学会, 盛岡, 2014.10.


森川耀源, 中村直行, 大庭真俊, 鈴木廸哲, 阿多由梨加, 町田治郎:当院における不安定型大腿骨頭すべり症に対する近年の治療成績. 152回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014.10.


森川耀源, 中村直行, 大庭真俊, 鈴木廸哲, 阿多由梨加, 町田治郎:不安定型大腿骨頭すべり症に対する鋼線牽引と徒手整復の比較. 388回横浜市立大学整形外科同門会談話会, 横浜, 2014.8.


山崎哲也, 林 陸, 明田真樹, 山川 潤, 高森草平, 今井宗典, 齋藤知行: 術後肩関節再脱臼に対する直視下手術. 40回日本整形外科スポーツ医学会学術集会, 東京, 2014, 9.


山崎哲也, 林 陸, 明田真樹, 山川 潤, 高森草平, 今井宗典, 齋藤知行: 野球肘に対する鏡視下郭清術―複数回手術例の検討―. 40回日本整形外科スポーツ医学会学術集会, 東京, 2014, 9.


山田勝崇, 東 貴行, 増田謙治, 金子貫一郎, 泉対信賢, 齋藤知行: S2 alar iliac screwの刺入精度からみたTrans-sacral iliac screwの至適刺入点・軌道の検討. 43回日本脊椎脊髄病学会, 和歌山,  2014, 4.


山田勝崇, 東 貴行, 増田謙治, 金子貫一郎, 田辺博宣, 関屋辰洋, 齋藤知行: Transsacral iliac screwの至適刺入点・軌道の検討. 22回日本腰痛学会, 幕張, 2014, 11.


山田勝崇, 東 貴行, 増田謙治, 金子貫一郎, 田辺博宣, 関谷辰洋, 齋藤知行: 三次元CT画像解析ソフトを用いたtranssacral iliac screwの至適刺入点・軌道の検討. 29回日本整形外科学会基礎学術集会, 鹿児島, 2014, 10.


山田勝崇, 東貴行, 増田謙治, 金子貫一郎, 泉対信賢, 齋藤知行: Transsacral iliac screwの至適刺入点・軌道の検討. 43回日本脊椎脊髄病学会, 京都, 2014,4.


山田祐嗣, 持田勇一, 石井克志, 三ツ木直人, 瀧 直也, 齋藤知行: 関節リウマチの母趾長が外反母趾角に与える影響. 44回日本人工関節学会, 沖縄, 2014, 2.


山田祐嗣, 石井克志, 持田勇一, 三ツ木直人, 齋藤知行: 関節リウマチ患者に対する生物学的製剤の皮下注射3製剤の注射時の疼痛と患者満足度の検討. 58回日本リウマチ学会総会・学術集会, 東京, 2014, 4.


山田祐嗣,石井克志,持田勇一,三ツ木直人,齋籐知行:関節リウマチの母趾変形に対するswanson型人工関節における術後母趾長が外反母趾角に与える影響.第44回日本人工関節が会,沖縄,20142


山田祐嗣,石井克志,持田勇一,三ツ木直人,齋籐知行:関節リウマチ患者に対する生物学的製剤の皮下注射3製剤の注射時の疼痛と患者満足度の検討.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,品川,20144


渡辺偉二:脊髄損傷者の坐骨部褥瘡に対する手術の長期成績.第16回日本褥瘡学会学術集会,名古屋.2014.8.


渡邉順哉, 鈴木英一, 藤原秀輔, 二階堂宏治, 齋藤知行: アキレス腱縫合術後感染に対し、病巣掻爬した後、再断裂をきたすも、現役復帰したプロサッカーC選手の1. 151回神奈川整形災害外科研究会, 横浜, 2014, 6.


渡邉順哉 手塚太郎 藤原秀輔 鈴木英一 二階堂宏治 齋藤知行:Jリーガーの膝蓋腱断裂の1例 第4回三浦半島地区膝関節疾患談話会,2014.10