済生会横浜市南部病院

1.【病院の特色】

 済生会横浜市南部病院は、横浜市港南区にある病床数500床の総合病院です。横浜市南部の地域中核病院として機能しており、2次救急を中心として、救急患者を積極的に受け入れています。立地はJR港南台駅から徒歩数分と、通院、通勤における利便性はかなり高いです。

 当院の開院は昭和58年です。現在の建物はほとんど開院時と変わっておらず、築40年経過していることになります。施設の老朽化が進んでいるため、移転することが決まっています。移転先は、環状3号線沿いの旧港南工場敷地で、7年後の移転が決まっているそうです。駅近の利便性は失われますが、今よりも広い敷地であり、車での来院がしやすくなる予定です。



2.【診療科概要】

 幅広い整形外科疾患を受け入れています。特に力を入れているのは、まず脊椎疾患です。頚椎から腰椎まで、また、変性疾患から外傷まで、ほとんどの疾患の受け入れが可能です。また、当院には、人工関節センターがあり、膝、股関節の痛みに対して、積極的に手術を行なっています。また、骨折を中心とした外傷にも力を入れており、早期手術、早期リハビリを行なって、高い機能回復を目指して治療を行なっています。



3.【主な手術内容及び件数】




4.【診療体制】

 常勤整形外科医:8名

 そのうち整形外科専門医4名 脊椎脊髄病学会認定指導医1名 人工関節学会認定医1名 日本スポーツ協会認定スポーツドクター2名 日本リウマチ学会認定専門医1名


 当院は紹介制となっております。受診を希望される方は、近隣の整形外科の先生に紹介状を書いていただいて受診をしてください。