第一回専攻医勉強会に参加しての感想

2022-05-17 Administrator
今回の勉強会は手外科、特に橈骨遠位端骨折メインの勉強会でした。

恥ずかしながら、私は橈骨遠位端骨折に出会う頻度は多かったものの執刀回数は少なく、術式や解剖に疑問点は多いままでした。講義では手関節の構造から、手術アプローチ、器械の成り立ち、コツとピットフォール、術中透視で何を確認しているか、よりステップアップするための知識等々、本当に0からとても丁寧に説明していただき大変理解しやすく、また自分の手術を見直すきっかけになりました。

その他にも症例提示、問題形式で講義いただき、今はまだ馴染みの薄い末梢神経疾患を学ぶことができました。手の筋・神経走行、運動機能をほぼ網羅しまとまっていたことでひょっとすると教科書よりも深く理解ができたのではないかと思います。なぜこの勉強会を前から知らなかったのか、、!もっともっと研修医、若手整形外科医はこの会に参加するべきだと思います。発言はしなくても一度参加して流し見をしてみれば、質問のしやすさ、窮屈さのない雰囲気に気付けると思います。今後も継続して参加したいです。ありがとうございました。

整形外科 河野寛人