股関節クリニック

ロボット支援下人工股関節全置換術 ―Mako THAの正確性―

 近年の高齢人口の増加に伴って人工股関節置換術(以下THA)の手術件数は年々増加しています。その優れた治療効果と安定した成績から若年者に対するTHAの適応が拡大しており、平均健康寿命の延伸に伴って、更なる長期成績の向上が求められています。そこで当院では、より精度の高い手術治療を提供するため、ロボット支援下人工股関節全置換術を導入しております。Mako System(以下、Makoメイコー)と呼ばれる手術支援ロボットを使用して、寛骨臼コンポーネントを術前に計画した位置に高い精度で設置します。




THAとは?


THAとは、変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死症などにより障害された股関節に対し、大腿骨コンポーネント(ステム)と寛骨臼コンポーネント(カップ)を組み合わせて関節を形成し、機能の再建を得る手術です。THAによって除痛、股関節可動域と隣接関節障害の改善、日常生活動作とQuality of LifeQOL)の改善が期待できます。


 THAにおいて、インプラント設置位置と設置角度は、摺動面の摩耗や脱臼などの合併症と関連し、良好な術後可動域を獲得するためにも重要な因子です。また、適切なインプラント設置は良好な臨床成績と再置換率の低下につながります。

                 

   




Makoとは?


 THAにおけるロボットの使用は、1990年代初頭に登場した手術操作の一部を完全にロボットが自動で行うactive systemが最初ですが、ロボットの制御を誤ることによって軟部組織損傷を合併する危険性があることが報告されています。このような問題に対して、ロボットが自動で手術を行うのではなく、術者を支援するrobotic-armを採用したsemiactive systemMakoが開発され、我が国では201710月に薬事承認が取得されました。当院では、20199月よりMakoTHAに導入しています。






CT-basedナビゲーションを使用したTHA


 より正確にインプラントを設置するため、当院では2010年からCT-basedナビゲーションを使用したTHA(以下、ナビゲーションTHA)を行っています。腸骨に刺入したピンにトラッカーを設置し、レジストレーション後に登録したCTとの誤差が少ないことを確認した上で、術前に計画したインプラント設置位置を画面上に投影し、術中の設置位置や角度をリアルタイムで反映させてインプラント設置を補助するものです。CT-basedナビゲーションの利点として次の2点が挙げられます。

 

(1) 症例個々の解剖学的形態を考慮した三次元的な術前計画が可能であること

(2) イメージレス、フルオロナビゲーションと比較して、精度が優れていること

 

一方、欠点としては次の3点が挙げられます。

 

(1) トラッカー設置のために、腸骨へのピン刺入が必要なこと

(2) レジストレーションなどの操作による手術時間の延長とそれに伴う出血量の増加

(3) 術前のCT撮影に伴う被曝

 

ナビゲーションTHAの正確性に関して、術前計画と術後設置角との絶対値誤差はカップ外方開角、前方開角、ステム前捻角、combined anteversionでそれぞれ3.5±2.6(平均±S.D.)度、4.0±3.5度、3.9±5.0度、5.3±5.2度であり、ナビゲーションを使用することで、精度の高い手術が可能となります。




Mako Systemを使用したTHA


ナビゲーションTHAに対し、Mako Systemを使用したTHA(以下、MakoTHA)の異なる点として、手術時のロボットアームによる補助が挙げられます。トラッカーを設置し、レジストレーションを行う点は共通していますが、カップのリーミングや設置の際にはロボットアームにより補助され、術前計画通りに掘削、設置を行うことが可能となります。


カップ設置の正確性に関する当院での研究をご紹介させていただきます。対象はMakoまたはナビゲーションを用いてTHAを施行した150例(Mako50例、ナビゲーション100例)です。Makoにおいて、術中表示角と術後計測角の差は外方開角で1.2±0.80-3.0度、前方開角は1.6±1.00-4.7度であり、5度以上の外れ値は認めませんでした。一方、ナビゲーションでは術中表示角と術後計測角の差は外方開角で2.2±2.10-8.3度、前方開角は1.9±1.90-8.8度で、5度以上の外れ値は外方開角で9%、前方開角で7%に認めました。Mako群ではナビゲーション群に比べ有意に外れ値が少なく、MakoTHAではより正確にカップ設置を行うことができることが示されました。








最新のロボットを使用した手術をご希望の方がいらっしゃいましたら、ご紹介ください


 以上のように当院では、摺動面の摩耗や脱臼などの合併症を減らし、良好な臨床成績と再置換率の低下を目指して、手術に取り組んでいます。また、当院では手術翌日より車いす移乗を含めたリハビリテーション治療を開始し、術後7日~10日で退院としております。MakoTHAを希望される患者さんがいらっしゃいましたら、一度当院へご紹介頂きたいと思います。紹介の際には、当院の地域連携室へご連絡をお願い致します。






その他のページも見る

人工股関節全置換術とは








<< 最初   < 前 1  2  3  4  5  次 > 最後 >>