Tumor group

腫瘍グループの研究紹介です。

 

悪性骨軟部腫瘍における薬剤感受性の研究 -悪性腫瘍の新たな治療を目標とした基礎研究―

 

 

悪性骨軟部腫瘍は他の悪性腫瘍と比べても、抗がん剤が効きにくいといわれています。当院では、腫瘍のもつ抗がん剤に対する抵抗性(薬剤耐性)のメカニズムを解明することで、新たな治療法を開発できないか、培養細胞などを用いて研究をしております。

 

    

薬剤耐性に関与する細胞内蛋白である脱リン酸化酵素の一つに注目し、骨肉腫細胞株などにおいてこの蛋白の発現を抑制した場合に、薬剤抵抗性が変化するか、細胞の遊走能・浸潤能にどのような影響を及ぼすかなど研究しています。

 

 

骨腫瘍性病変における力学的研究 ‐病的骨折リスク検討‐

 

骨の強度が腫瘍性病変により弱くなり、骨折することがあり、病的骨折と言われます。この病的骨折を起こすリスクは腫瘍の種類や場所、大きさで異なると考えられます。しかし、現時点では、どの程度骨折の危険性があるか正確に判断することは困難です。

我々はどの程度骨折リスクがあるかをCT/有限要素解析という手法を用いて予測する研究を行っています。

 

CT画像から3次元モデルを作成し、この解析法を用いてどの程度の外力でどのような骨折を来たすか予測しています。この結果をもとに、手術の必要性、手術方法の選択を決定する基準を設けることを目標に研究を進めています。

 

 

骨軟部腫瘍手術におけるCTナビゲーションシステムの有用性の検討 -縮小手術をめざした工夫-

 

悪性・良性骨軟部腫瘍において、時には手術療法が必要になる場合があります。手術の際には十分な切除縁や掻把が、再発率を下げるのに重要です。一方で、腫瘍切除の安全性を保ちつつ、腫瘍周囲の正常組織の損傷を最小限にとどめるのは難しいのも現状です。そこでわれわれは、CTナビゲーションシステムを用いてより安全に、正確に手術を進め、さらには侵襲を最小限に抑える研究を行っています。

  

骨盤などの複雑な骨を腫瘍とともに切除する手術から、小さな腫瘍の組織を採取する生検術、良性骨腫瘍の手術まで、ナビゲーションが有用な症例は多いと考えられます。

 

 

 

 ~最近掲載された英文論文~


Hayashida K, Kawabata Y, Kato I, Kamiishi T, Matsuo K, Takeyama M, Inaba Y: Clinical and pathological analysis of giant cell tumor of bone with denosumab treatment and local recurrenceJ Orthop Sci. 2020 Dec 23:S0949-2658(20)30345-6.   [Online ahead of print]. 


Hayashida K, Kawabata Y, Kato I, Suzuki M, Takeyama M, Inaba Y: G-CSF Production by Undifferentiated Pleomorphic Sarcoma with Leukemoid Reaction Occurred in the Lower Leg: A Case ReportJBJS Case Connect. 10(2):e0624, 2020 Apr-Jun


Umemura M, Islam MR, Fukumura H, Sato I, Kawabata Y, Matsuo K, Nakakaji R, Nagasako A, Ohtake M, Fujita T, Yokoyama U, Nakayama T, Eguchi H, Ishikawa Y: Simultaneous hyperthermia-chemotherapy effect by arterial injection of Fe(Salen) for femur tumor. Cancer Sci. 110(1):356-365, 2019 Jan.


Urakawa H, Yonemoto T, Matsumoto S, Takagi T, Asanuma K, Watanuki M, Takemoto A, Naka N, Matsumoto Y, Kawai A, Kunisada T, Kubo T, Emori M, Hiraga H, Hatano H, Tsukushi S, Nishida Y, Akisue T, Morii T, Takahashi M, Nagano A, Yoshikawa H, Sato K, Kawano M, Hiraoka K, Tanaka K, Iwamoto Y, Ozaki T: Clinical outcome of primary giant cell tumor of bone after curettage with or without perioperative denosumab in Japan: from a questionnaire for JCOG 1610 studyWorld J Surg Oncol. 16(1):160, 2018 Aug 8.


Kato I, Furuya M, Matsuo K, Kawabata Y, Tanaka R, Ohashi K: Giant cell tumours of bone treated with denosumab: histological, immunohistochemical and H3F3A mutation analysesHistopathology. 72(6):914-922, 2018 May


Kawabata Y, Matsuo K, Nezu Y, Kamiishi T, Inaba Y, Saito T: The risk assessment of pathological fracture in the proximal femur using a CT-based finite element methodJ Orthop Sci 22(5):931-937, 2017.


Nezu Y, Hagiwara K, Yamamoto Y, Fujiwara T, Matsuo K, Yoshida A, Kawai A, Saito T, Ochiya T: miR-135b, a key regulator of malignancy, is linked to poor prognosis in human myxoid liposarcomaOncogene 35(48):6177-6188, 2016.