Tumor group

腫瘍グループの研究紹介です。

 

悪性骨軟部腫瘍における薬剤感受性の研究 -悪性腫瘍の新たな治療を目標とした基礎研究―

 

 

悪性骨軟部腫瘍は他の悪性腫瘍と比べても、抗がん剤が効きにくいといわれています。当院では、腫瘍のもつ抗がん剤に対する抵抗性(薬剤耐性)のメカニズムを解明することで、新たな治療法を開発できないか、培養細胞などを用いて研究をしております。

 

    

薬剤耐性に関与する細胞内蛋白である脱リン酸化酵素の一つに注目し、骨肉腫細胞株などにおいてこの蛋白の発現を抑制した場合に、薬剤抵抗性が変化するか、細胞の遊走能・浸潤能にどのような影響を及ぼすかなど研究しています。

 

 

骨腫瘍性病変における力学的研究 ‐病的骨折リスク検討‐

 

骨の強度が腫瘍性病変により弱くなり、骨折することがあり、病的骨折と言われます。この病的骨折を起こすリスクは腫瘍の種類や場所、大きさで異なると考えられます。しかし、現時点では、どの程度骨折の危険性があるか正確に判断することは困難です。

我々はどの程度骨折リスクがあるかをCT/有限要素解析という手法を用いて予測する研究を行っています。

 

CT画像から3次元モデルを作成し、この解析法を用いてどの程度の外力でどのような骨折を来たすか予測しています。この結果をもとに、手術の必要性、手術方法の選択を決定する基準を設けることを目標に研究を進めています。

 

 

骨軟部腫瘍手術におけるCTナビゲーションシステムの有用性の検討 -縮小手術をめざした工夫-

 

悪性・良性骨軟部腫瘍において、時には手術療法が必要になる場合があります。手術の際には十分な切除縁や掻把が、再発率を下げるのに重要です。一方で、腫瘍切除の安全性を保ちつつ、腫瘍周囲の正常組織の損傷を最小限にとどめるのは難しいのも現状です。そこでわれわれは、CTナビゲーションシステムを用いてより安全に、正確に手術を進め、さらには侵襲を最小限に抑える研究を行っています。

  

骨盤などの複雑な骨を腫瘍とともに切除する手術から、小さな腫瘍の組織を採取する生検術、良性骨腫瘍の手術まで、ナビゲーションが有用な症例は多いと考えられます。

 

 

 

 ~最近掲載された英文論文~

Protein-Tyrosine Phosphatase 1B Regulates Pyruvate Kinase M2 Tyrosine Phosphorylation.

Bettaieb A, Bakke J, Nagata N, Matsuo K, Xi Y, Liu S, Aboubechara D, Melhem R, Stanhope K, Cummings B, Graham J, Bremer A, Zhang S, Lyssiotis CA, Zhang ZY, Cantley LC, Havel PJ, Haj FG.

J Biol Chem. 2013 May 2. [Epub ahead of print]

 

Expression of Angiotensin II Receptor-1 in Human Articular Chondrocytes.

Kawakami Y, Matsuo K, Murata M, Yudoh K, Nakamura H, Shimizu H, Beppu M, Inaba Y, Saito T, Kato T, Masuko K.

Arthritis. 2012;2012:648537. doi: 10.1155/2012/648537. Epub 2012 Dec 30.

 

Pyoderma gangrenosum with wrist joint destruction: case report.

Choe H, Sakano H, Takigami H, Inaba Y, Matsuo K, Saito T.

J Hand Surg Am. 2013 Feb;38(2):357-61. doi: 10.1016/j.jhsa.2012.10.049. Epub 2012 Dec 23.

 

Hepatic Src homology phosphatase 2 regulates energy balance in mice.

Matsuo K, Nagata N, Bettaieb A, Bakke J, Matsuo I, Graham J, Xi Y, Liu S, Tomilov A, Tomilova N, Gray S, Jung DY, Ramsey JJ, Kim JK, Cortopassi G, Havel PJ, Haj FG.

Endocrinology. 2012 Jul;153(7):3158-69. doi: 10.1210/en.2012-1406. Epub 2012 May 22.

 

Protein tyrosine phosphatase 1B deficiency potentiates PERK/eIF2α signaling in brown adipocytes.

Bettaieb A, Matsuo K, Matsuo I, Wang S, Melhem R, Koromilas AE, Haj FG.

PLoS One. 2012;7(4):e34412. doi: 10.1371/journal.pone.0034412. Epub 2012 Apr 3.

 

Adipose-specific deletion of Src homology phosphatase 2 does not significantly alter systemic glucose homeostasis.

Bettaieb A, Matsuo K, Matsuo I, Nagata N, Chahed S, Liu S, Haj FG.

Metabolism. 2011 Aug;60(8):1193-201. doi: 10.1016/j.metabol.2011.01.004. Epub 2011 Feb 25.

 

Regulation of brown fat adipogenesis by protein tyrosine phosphatase 1B

Matsuo K, Bettaieb A, Nagata N, Matsuo I, Keilhack H, Haj FG.

PLoS One. 2011 Jan 31;6(1):e16446. doi: 10.1371/journal.pone.0016446.

 

Differential regulation of endoplasmic reticulum stress by protein tyrosine phosphatase 1B and T cell protein tyrosine phosphatase.

Bettaieb A, Liu S, Xi Y, Nagata N, Matsuo K, Matsuo I, Chahed S, Bakke J, Keilhack H, Tiganis T, Haj FG.

J Biol Chem. 2011 Mar 18;286(11):9225-35. doi: 10.1074/jbc.M110.186148. Epub 2011 Jan 7.

 

Altered glucose homeostasis in mice with liver-specific deletion of Src homology phosphatase 2.

Matsuo K, Delibegovic M, Matsuo I, Nagata N, Liu S, Bettaieb A, Xi Y, Araki K, Yang W, Kahn BB, Neel BG, Haj FG.

J Biol Chem. 2010 Dec 17;285(51):39750-8. doi: 10.1074/jbc.M110.153734. Epub 2010 Sep 14.