学会発表等

2016-10-18 Administrator

Akamatsu Y Kumagai K Kobayashi H Kusayama H Takeuchi R Saito T. Comparison of navigated opening wedge high tibial osteotomy with conventional methods. 23th Korea Japanese Combined Orthopaedic Symposium, Buyeo Korea, 2013,6.

Ata Y, Inaba Y, Kobayashi N, Aoki C, Machida J, Nakamura N, Morikawa Y, Oba M, Okuzumi S,  Saito T: Disease features and clinical outcome of 16 cases with chronic nonbacterial osteomyelitis. The 24th Annual Meeting of Japanese Pediatric Orthopaedic Association, Yokohama, 2013, 11.

Ata Y, Inaba Y,  Aoki C, Nakamura N, Machida J,  Okuzumi S, Yokota S, Saito T: Disease characteristics and clinical outcome of 11 cases with chronic non-bacterial osteomyelitis. 6th IFPOS(International Federation of Paediatric Orthopaedic Societies), Tronto, 2013, 5.

Choe H, Tatro J, Corn D, Marshall S, Bosingnore L, Lee Z, Bonoma R, Greenfield E: Murine Model of Impaired Osseointegration due to Implant Infection. 57th Orthopaedic research society, San Antonio, 2013, 1.

Choe H, Corn D, Rettew A, Tatro J, Marshall S, Weinberg A, Lee Z, Bonoma R, Greenfield E: IDR-1018: A Synthetic Host Defense Peptide that Decreases Infection of Orthopaedic Implants. Military Health System Research Symposium, Florida, 2013, 8.

Choe H, Corn D, Rettew A, Tatro J, Marshall S, Weinberg A, Wilber J, Marcus R, Lee Z, Bonoma R, Greenfield E: IDR-1018: A Synthetic Host Defense Peptide that Decreases Infection of Orthopaedic Implants. American Society for Bone and Mineral Research, Baltimore, 2013, 10.

Fujimaki H, Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Ike H, Tezuka T, Hirata Y, Suzuki H, Saito T: Pelvic flexion angle influences the distribution of subchondral bone cysts in the acetabulum. The 2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Antonio, Texas, 2013, 1.

Harigane K, Mochida Y, Ishii K, Yamada Y, Mitsugi N, Saito T: Changes of the incidence of falls in patients with rheumatoid arthritis after orthopaedic lower limb surgery. Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons, Chicago, 2013,4.

Hirata Y, Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Fujimaki H, Tezuka T, Saito T: Comparison of mechanical stress and change in bone mineral density between two types of femoral implant using finite element analysis. The 2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Antonio, Texas, 2013, 1.

Hiroyuki MAKITA, Hidetoshi KOKUFU, Hideto EGUCHI, Hisae TAKEUCHI, Yasuhide HIRATA, Yutaka INABA, Tomoyuki SAITO: Total hip arthroplasties for highly dislocated hips -How long is the safety amount of leg lengthening?-  12ème Congrès de l’Association Franco-Japon d’Orthopédie, Kyoto, 2013, 6.

Hiroyuki Ike, Yutaka Inaba, Naomi Kobayashi, Yohei Yukizawa, Shu Takagawa, Yasuhide Hirata, So Kubota, Masamitsu Tomioka, Takuma Naka, Tomoyuki Saito. Evaluation of design modifications of Zweymüller type stems using finite element analysis. 23rd Korean-Japanese Combined Orthopedic Symposium. Buyeo. South Korea. 2013, 6. 口演

Ike, H; Inaba, Y; Kobayashi, N; Hirata, Y; Yukizawa, Y; Tomioka, M ; Kubota, S ; Yurika, Ata; Saito, TEffects of design modifications of Zweymuller type stem on the femur. Orthopaedic Research Society 2013 annual meeting. San Antonio, TX. USA. 2013, 1.

Ike H, Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Kubota S, Naka T, Saito T: Evaluation of design modifications of Zweymuller type stems using finite element analysis. The 23rd Korean-Japanese Orthopaedic Symposium, Buyeo, Korea, 2013, 6.

Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Ike H, Kubota S, Takagawa S, Naka T, Saito T: CT-based navigation in less invasive total hip Arthroplasty and hip osteotomies. The 23rd Korean-Japanese Orthopaedic Symposium (Symposium), Buyeo, Korea, 2013, 6.

Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Ike H, Kubota S, Ata Y, Saito T: CT-based navigation for hip osteotomy. The 21st Japan-Taiwan Orthopaedic Symposium, Tainan, Taiwan, 2013, 4.

Kobayashi H, Akamatsu Y, Kumagai K, Kusayama Y, Ishigatsubo R, Muramatsu S, Saito T; Geometry of the Surgical Epicondylar Axis of the Distal Femur in the Coronal and the Axial Plane. Orthopaedic Research Society 59th Annual Scientific Meeting. San Antonio, Texas, 2013, 1.

Kobayashi N, Inaba Y, Yukizawa Y, Ike H, Kubota S, Ata Y, Saito T: The uptake in 18F-fluoride positron emission tomography can predict the progression of osteoarthritis. The 2013 Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons, Chicago, Illinois, 2013, 3.

Kobayashi N, Inaba Y, Yukizawa Y, Ike H, Kubota S, Ata Y, Saito T: Use of 18F-fluoride positron emission tomography as a predictor for the progression of osteoarthritis of the hip. The 2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Antonio, Texas, 2013, 1.

Kubota S, Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Ike H, Ata Y, Saito T: Prediction of the appearance of collapse in osteonecrosis of the femoral head using 18F-Fluoride positron emisson tomography. The 59th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Antonio, Texas, 2013, 1.

Kumagai K, Sakai K, Kusayama Y, Akamatsu Y, Saito T, Sakai T. The extent of degeneration of cruciate ligament is associated with chondrogenic differentiation in patients with osteoarthritis of the knee. 59th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, San Antonio, 2013, 1.

Kumagai K, Kusayama Y, Inaba Y, Harigane K, Takagawa S, Otoshi A, Naka T, Nagaoka A, Saito T. Effect of total knee arthroplasty with capsulosynovectomy on disease activity in patients with rheumatoid arthritis. The 23rd Korean-Japanese Combined Orthopaedic Symposium, Buyeo, 2013, 6.

Kusayama Y, Kumagai K, Inaba Y, Harigane K, Takagawa S, Otoshi A, Naka T, Nagaoka A, Saito T: Histological assessment of cruciate ligament after biological therapy in patients with rheumatoid arthritis. The 23rd Korean-Japanese Orthopaedic Symposium, Buyeo, Korea, 2013, 6.

Kusayama Y, Kumagai K, Inaba Y, Fujisaki M, Harigane K, Kubota S, Matsuo K, Muramatsu S, Nagaoka A, Yukizawa Y, Saito T: Histological assessment of cruciate ligament after biological therapy in patients with rheumatoid arthritis. The 2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Antonio, Texas, 2013, 1.

Miyamae Y, Inaba Y, Kobayashi N, Choe H, Ike H, Saito T: Comparison of real-time polymerase chain reaction and frozen section in diagnosing periprosthetic infection. The 2013 Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons, Chicago, Illinois, 2013, 3.

Miyamae Y, Inaba Y, Kobayashi N, Choe H, Momose T, Ike H, Saito T: Different sensitivity and specificity of C-reactive protein, real-time polymerase chain reaction and histopathology of frozen and permanent sections in diagnosing periprosthetic infection. The 2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Antonio, Texas, 2013, 1.

Mochida Y, Ishii K, Yamada Y, Mitsugi N, Taki N, Saito TDifference of pelvic anteversion between osteoarthritis and inflammatory arthritis. 2013 Orthopaedic Research Society Annual Meeting,  San Antonio, 2013, 1.

Momose T, Inaba Y, Kobayashi N, Tezuka T, Ike H, Miyamae Y, Kubota S, Ata Y, Saito T: Percieved leg length discrepancy and functional outcome after total hip arthroplasty. The 2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Antonio, Texas, 2013, 1.

Shinya Kato, Hisanori Mihara, Keniti WatanabeHow Focal Prominence of Cord Compressing Factors Affect on Postoperative Spinal Cord Alignment and Neurological Improvement after Cervical Laminoplasty? EURO SPINE 2013 , Liverpool, 2013, 10.

Suzuki H, Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Choe H, Ike H, Tomioka M, Saito T: Patterns of change in pelvic tilt after total hip Arthroplasty: a three-dimentional analysis. The 2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Antonio, Texas, 2013, 1.

Takayuki Higashi, Yoichi Aota, Katsutaka Yamada, Kenji Masuda, Nobutake Sentsui,   Tomoyuki Saito: Prospective study of adjacent segment instability after posterior lumbar instrumentation surgery. The 23 rd Korean-Japanese Combined Orthopaedics Symposium, Korea, 2013.6.

Tezuka T, Inaba Y, Kobayashi N, Choe H, Yukizawa Y, Fujimaki H, Ike H, Hirata Y, Kubota S, Ata Y, Saito T: Correlation between pelvic inclination angle and polyethylene wear after total hip arthroplasty. The 2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Antonio, Texas, 2013, 1.

Y. Mochida, K. Ishii, Y. Yamada, N. Taki, N. Mitsugi, T. Saito: Recurrences of hallux valgus deformity after implant surgery for greater toe in rheumatoid arthritis. 2013 American college of Rheumatology Annual Scientific Meeting, 2013.10.25-30

Yukizawa Y, Inaba Y, Kobayashi N, Takagawa S, Ike H, Kubota S, Naka T, Saito T: Selective chemical thromboprophylaxis based on indivisual risk assessments following total hip arthroplasty. The 23rd Korean-Japanese Orthopaedic Symposium, Buyeo, Korea, 2013, 6.

Yukizawa Y, Inaba Y, Kobayashi N, Choe H, Ike H, Kubota S, Saito T: Selective chemoprophylaxis for venous thromboembolism follpwing total hip arthroplasty. The 2013 Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons, Chicago, Illinois, 2013, 3.

 

相原雅治, 大園健二, 安藤 渉, 白土英明, 老沼和弘, 渥美 敬, 玉置 聡, 稲葉 裕,小林直実, 徳永裕彦:メタルオンメタルTHA術後2年のイオン濃度の骨頭径差による検討(多施設共同・前向き・比較研究).40回日本股関節学会学術集会.広島,2013,11

赤松 泰, 荒武正人, 小林秀郎, 瀧 直也, 三ツ木直人, 齋藤知行: 脛骨顆間隆起骨折に対する鏡視下整復固定術. 第14回神奈川骨折治療研究会, 横浜, 2013,6.

赤松 泰, 三ツ木直人, 瀧 直也, 太田裕彦, 小林 秀郎, 竹内 良平, 齋藤知行: イメージフリーナビゲーションを用いたオープンウエッジ高位脛骨骨切り術と従来型手術の比較. 第86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013,5.

赤松 泰, 三ツ木 直人, 荒武正人, 小林 秀郎, 熊谷 研, 齋藤知行: 低骨密度と特発性大腿骨内側顆部骨壊死の発症との関連. 第86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013,5.

赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 草山 喜洋, 荒武 正人, 齋藤 知行: ナビゲーションを用いた高位脛骨々切り術の有用性. 5thJOSKAS, 札幌, 2013,6.

赤松泰, 熊谷研, 小林秀郎, 草山喜洋, 大歳晃生, 本田秀樹, 齋藤知行: CTベースナビゲーションを用いたオープンウエッジ高位脛骨々切り術. 41回日本関節病学会, 名古屋, 2013,11.

阿多由梨加, 稲葉裕, 小林直実, 青木千恵, 町田治郎, 中村直s, 奥住成治, 横田俊平, 齋藤知行: Chronic non-bacterial osteomyelitis 11. 86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013, 5.

阿多由梨加, 稲葉裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池裕之, 久保田聡, 町田治郎, 中村直行, 森川耀源, 大庭真俊, 奥住成晴, 齋藤知行: 高度大腿骨頭すべり症に対してナビゲーションシステムを用いて大腿骨回転骨切り術を施行した3. 40回股関節学会学術集会, 広島, 2013. 11.

阿多由梨加, 稲葉裕, 小林直実, 青木千恵, 町田治郎, 中村直行, 奥住成治, 横田俊平, 齋藤知行: Disease features and clinical outcome of 16 cases with chronic non-bacterial osteomyelitis. 24回日本小児整形外科学会学術集会, 横浜, 2013, 11.

荒武 正人, 三ツ木 直人, 瀧 直也, 太田 裕彦, 篠原 健太郎, 木村 哲也, 橋本 政敏, 小林 大悟, 赤松 泰, 小林 秀郎, 齋藤 知行 イメージレスナビゲーションを用いたopening wedge高位脛骨骨切術の術前後アライメントの検討. 86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013,5.

荒武 正人, 三ツ木 直人, 瀧 直也, 太田 裕彦, 篠原 健太郎, 木村 哲也, 橋本 正敏, 小林 大吾, 赤松 泰, 小林 秀郎, 齋藤 知行: Modified gap techniqueによるTKA後の上顆軸撮影による屈曲位安定性評価. 5thJOSKAS, 札幌, 2013,6.

池 裕之, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 大庭真俊, 平田康英, 富岡政光, 久保田聡,阿多由梨加, 齋藤知行: 人工股関節全置換術後における大腿骨相当応力と骨密度の経時的変化の検討. 86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013, 5.

池 裕之, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 大庭真俊, 平田康英, 富岡政光, 久保田聡,阿多由梨加, 齋藤知行: Zweymuller型ステムの形状変更が大腿骨相当応力および骨密度に及ぼす影響. 86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013, 5.

池 裕之, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 大庭真俊, 平田康英, 富岡政光, 久保田聡,阿多由梨加, 齋藤知行: 有限要素解析による寛骨臼回転骨切り術の評価. 86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013, 5.

池 裕之, 稲葉 裕, 小林直実, 大庭真俊, 平田康英, 富岡政光, 齋藤知行:寛骨臼回転骨切り術の回転角度変化による寛骨臼部応力のシミュレーション.第4回 メカニカルファインダー研究会. 東京, 2013, 8.

池 裕之, 稲葉 裕, 小林直実, 大庭真俊, 平田康英, 富岡政光, 高川 修, 久保田聡,仲 拓磨, 齋藤知行:有限要素法を用いた寛骨臼回転骨切り術後の応力変化のシミュレーション. 40回臨床バイオメカニクス学会, 神戸, 2013, 11.

石井克志, 持田勇一, 山田祐嗣, 三ツ木直人, 齋藤知行: 関節リウマチに対する人工手指関節置換術前後の尺側偏位の推移. 57日本リウマチ学会学術総会, 京都,2013,4.

石井克志, 持田勇一, 山田祐嗣, 三ツ木直人, 齋藤知行: 関節リウマチの手指尺側偏位変形矯正における伸筋腱の基節骨縫着の有用性.41回リウマチの外科研究, 東京,2012,8.

石井克志, 持田勇一, 山田祐嗣, 三ツ木直人, 齋藤知行:関節リウマチ患者における胃食道逆流症状の実態調査.28回日本臨床リウマチ学会, 千葉, 2011, 11-12.

石田崇, 柁原俊久, 佐藤昌明, 蜂谷將史 : 腰椎後方椎体間固定術後に急速に股関節症を発症し、人工股関節全置換術を要した症例の検討. 40回日本股関節学会, 広島, 2013, 11

稲葉 裕, 小林直実, 齋藤知行:変形性股関節症の疫学研究からみた診断基準の問題点.40回日本股関節学会学術集会(シンポジウム).広島,2013,11

稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 久保田聡, 阿多由梨加, 森川耀源, 増田謙治,町田治郎, 齋藤知行:股関節骨切り術後の進行性亜脱臼に対して再手術を施行した二分脊椎の1例とダウン症の1例.40回日本股関節学会学術集会(パネルディスカッション How to treat 治療に難渋する症例).広島,2013,11

稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤知行:CT-basedナビゲーションを用いた寛骨臼回転骨切り術の短期成績と課題.40回日本股関節学会学術集会.広島,2013,11

稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤知行:股関節骨切り術に対するCT-basedナビゲーションの有用性と課題.41回日本関節病学会(パネルディスカッション).名古屋,2013,11

稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤知行:Mini direct lateral approachmodified Watson-Jones approachを用いた低侵襲人工股関節全置換術.41回日本関節病学会(パネルディスカッション).名古屋,2013,11

稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤知行:三次元画像ソフトウェアによる手術支援(股関節).28回日本整形外科学会基礎学術集会(パネルディスカッション).千葉,2013,10

稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤知行:コンピュータナビゲーションを用いたTHAの術前計画と術中支援.62回東日本整形災害外科学会学術集会(パネルディスカッション).軽井沢,2013,9

稲葉 裕, 齋藤知行:整形外科術後静脈血栓塞栓症予防ガイドラインに関する最新情報.86回日本整形外科学会学術集会(イブニングセミナー).広島,2013,5

稲葉 裕, 中村直行, 森川燿源, 増田謙治, 町田治郎, 奥住成晴, 阿多由梨加, 青木千恵,渥美 敬, 齋藤知行:Lateral Pillar分類Cの年長児Perthes病に対する大腿骨骨切り術の成績.86回日本整形外科学会学術集会(パネルディスカッション).広島,2013,5

稲葉 裕, 小林直実, 鈴木 宙, 雪澤洋平, 池 裕之, 久保田聡, 阿多由梨加, 齋藤知行:THAにおける骨盤傾斜の術後変化を考慮したカップ設置角の術前計画.86回日本整形外科学会学術集会.広島,2013,5

稲葉 裕, 中村宣雄, 三木秀宣, 高木英希, 菅野伸彦:THAにおけるCT-basedナビゲーションを用いた股関節可動域シミュレーションと術中計測値-大径骨頭の有用性に関する多施設共同研究-.第7回日本CAOScomputer-assisted orthopaedic surgery)研究会.松山,2013,3

稲葉 裕, 小林直実, 鈴木 宙, 雪澤洋平, 池 裕之, 久保田聡, 阿多由梨加, 齋藤知行:骨盤傾斜を考慮した術前計画に基づくナビゲーションTHAの成績.43回日本人工関節学会.京都,2013,2

大歳晃生, 熊谷 研, 稲葉 裕, 長岡亜紀子, 針金健吾, 草山喜洋, 高川 修, 仲 拓磨,齋藤知行:楔状開大式高位脛骨骨切り術後に関節リウマチを発症し人工膝関節置換術を施行した1例.68回神奈川リウマチ医会.横浜,2013,7

大歳晃生, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 草山喜洋, 本田秀樹, 齋藤知行: 両側高位脛骨々切り術後も競技スポーツが継続できた1例. 第149回神奈川整災,2013,10.

大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直美, 池 裕之, 久保田 聡, 富岡 政光, 阿多 由梨加, 齋藤 知行 : テーパーウェッジ型ステムを用いた人工股関節全置換術後の応力分布に大腿骨近 位部形状が与える影響 ―有限要素解析を用いた検討―. 86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013,5.

大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直美, 池 裕之, 富岡 政光, 齋藤 知行 : テーパーウェッジ型ステムを用いた人工股関節全置換術後の応力分布に髄腔形状 およびステムサイズが与える影響. 4Mechanical Finder 研究会, 東京, 2013,8.

大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 富岡 政光, 齋藤 知行 :患者大腿骨髄腔形状がテーパーウェッジ型ステムを用いた人工股関節全置換術後の大腿骨応力分布に与える影響についてー有限要素解析を用いた検討ー.第40回 日本臨床バイオメカニクス学会, 神戸, 2013,11

大庭 真俊, 町田 治郎, 中村 直行, 森川 耀源, 阿多 由梨加, 奥住 成晴:大腿骨に発生した線維性骨異形成に対する手術治療の成績. 24回 日本小児整形外科学会, 横浜, 2013,11

岡崎 敦, 坂野裕昭, 勝村 哲, 竹元 暁, 斎藤知行:DASHQuick DASHPRWEMayo wrist scoreによる橈骨遠位端骨折術後の機能評価. 56回日本手外科学会学術集会, 神戸, 2013,4.

岡崎 敦, 坂野 裕昭, 本田 淳, 勝村 哲, 竹元 暁, 中村祐之, 井出 学, 辻 雅樹, 黒坂 望, 齋藤知行:大腿骨転子部骨折に対するshort femoral nail手術における骨折型および整復位とSliding量の関係. 86回日本整形外科学会学術集会, 広島, 2013,5.

岡崎 敦, 坂野 裕昭, 本田 淳, 勝村 哲, 竹元 暁, 中村祐之, 井出 学, 辻 雅樹, 齋藤知行:肩鎖関節脱臼に対するClavicle Hook Plate術後の再転位と臨床成績. 39回日本骨折治療学会, 久留米, 2013,6.

岡本連三, 齋藤知行, 持田勇一, 石井克志, 針金健吾, 青木重久: プロバイオティクス(ビオラクチス酸)の関節リウマチ病勢改善効果について.24回日本リウマチ学会関東支部学術集会, 東京, 2013,2.

柁原俊久, 佐藤昌明,石田崇, 蜂谷将史: 臼蓋側の骨温存を目的とした臼蓋形成的塊状骨移植併用セメントレスTHA. 40回日本股関節学会学術集会, 広島, 2013,11.

柁原俊久, 佐藤昌明,石田崇, 蜂谷将史: 臼蓋形成的塊状骨移植併用セメントレスTHAにおける臼蓋側の早期骨改変. 40回日本股関節学会学術集会, 広島, 2013,11.

柏崎裕一, 藤井淳平, 池田太郎, 丹羽陽治郎, 内野洋介, 辻 雅樹, 橋本政敏, 斎藤 裕:当科における小児上腕骨外顆骨折の手術症例の検討、第24回日本小児整形外科学会学術集会, 横浜, 2013,11.

加藤慎也, 渡邉健一, 安部博昭, 東川晶郎, 唐司寿一, 小林洋介, 山口泰輝, 夏山元伸, 三原 久範前方圧迫病変の脊柱管内突出度及びC2-C7前弯角が術後脊髄アライメントに与える影響. 第42回日本脊椎脊髄病学会, 沖縄, 2013, 4.

加藤慎也, 渡邉健一, 安部博昭, 東川晶郎, 唐司寿一, 山田浩司Cortical bone trajectory screwを用いた腰椎すべり症に対するすべりの矯正方法. 20日本脊椎・脊髄手術手技学会, 名古屋, 2013, 9.

金子貫一郎,青田洋一,齋藤知行,紙谷義孝,船越健悟,徳田雅明: ラットの脊髄虚血・再灌流障害モデルの作成と希少糖による神経障害抑制効果の検討. 28回日本整形外科学基礎学術総会, 千葉, 2013,10.

上石貴之,松尾光祐,針金健吾,川端佑,杉元紳太郎,齋藤知行:鎖骨下に生じた孤在性線維性腫瘍の1例.第667回関東整形外科学会月例会,東京,20132

上石貴之,松尾光祐,針金健吾,川端佑,杉元紳太郎,齋藤知行:肩関節痛患者に対するプレガバリンの投与経験.3回横浜市大整形外科卒後研修アドバンスコース,横浜,20132

上石貴之,松尾光祐,針金健吾,川端佑介,杉元紳太郎,川畑武彦,齋藤知行:骨軟部腫瘍の局所再発診断におけるFDGPETの有効性 ―金属材料挿入下での検討―.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,2013, 5.

上石貴之,松尾光祐,針金健吾,川端佑介,杉元紳太郎,川畑武彦,齋藤知行:FDG-PET検査における脂肪腫と高分化型脂肪肉腫の鑑別.第46回日本整形外科学会・骨軟部学術集会,東京,20137

上條 晃, 川島 雄二, 沼崎 伸, 渡邊 太, 齋藤 知行: 超高齢者軸椎骨折に対する手術治療. 39回日本骨折治療学会, 久留米, 2013, 6.

河井卓也,青田洋一,河野心範,新村高典,齋藤知行:徳橋スコア・富田スコアによる軽症例を含めた脊椎転移患者の生命予後の検討.第42回日本脊椎脊髄病学会,宜野湾,2013, 4.

河井卓也,青田洋一,河野心範,新村高典,齋藤知行:徳橋スコアによる脊椎転移有症状例および無症状例の生命予後の検討.第42回日本脊椎脊髄病学会,宜野湾,2013, 4.

河井卓也,青田洋一,河野心範,新村高典,中村直行,東貴行,齋藤知行:腸腰筋膿瘍に対するCTガイド下ドレナージ.第42回日本脊椎脊髄病学会,宜野湾,2013, 4.

河井卓也,青田洋一,河野心範,上杉昌章,齋藤知行:椎体形成術後の形成椎体の再圧潰に対してサルベージ手術を施行した1例.第77回神奈川脊椎脊髄研究会,横浜,2013, 2.

河井卓也,青田洋一,河野心範,新村高典,上杉昌章,齋藤知行:腰椎後方除圧術後のヘルニア残存に脊髄硬膜下血腫を合併した1例.第79回神奈川脊椎脊髄研究会,横浜,2013, 9.

河井卓也,青田洋一,河野心範,新村高典,齋藤知行,Takayuki Yamashita, Thomas E. Mroz, Isador H. Lieberman:転移性脊椎腫瘍新規同定時における生命予後因子の検討.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,2013, 5.

河井卓也,青田洋一,河野心範,新村高典,上杉昌章,齋藤知行:Pedicle Subtraction Osteotomy(PSO)を施行した脊損患者の1例.第22回日本インストゥルメンテーション学会,高知,2013, 10.

川畑 武彦, 松尾 光祐, 上石 貴之, 針金 健吾, 根津 , 川端 佑介,齋藤 知行: 後腹膜軟部肉腫に対し重粒子線治療を施行した1. 第7回神奈川骨軟部腫瘍研究会, 横浜, 2013, 5.

川畑 武彦, 松尾 光祐, 上石 貴之, 針金 健吾, 根津 , 川端 佑介,齋藤 知行: 心臓転移をきたした後腹膜軟部肉腫の1例. 668回関東整形災害外科学会月例会, 東京, 2013, 6.

川畑 武彦, 松尾 光祐, 上石 貴之, 針金 健吾, 根津 , 川端 佑介,齋藤 知行: 翼状肩甲を呈した肩甲骨外骨腫の3例. 40回日本肩関節学会, 京都, 2013, 9.

川畑 武彦, 松尾 光祐, 上石 貴之, 針金 健吾, 根津 , 川端 佑介,齋藤 知行: コラーゲン人工骨を使用した内軟骨腫の治療経験. 33回整形外科バイオマテリアル研究会, 奈良, 2013, 12.

川畑 武彦, 松尾 光祐, 上石 貴之, 針金 健吾, 根津 , 川端 佑介,齋藤 知行: 指節骨内軟骨腫に対しコラーゲン使用人工骨を用いた治療経験. 671回関東整形災害外科学会月例会, 東京, 2013, 12.

川端佑介,松尾光祐,上石貴之,針金健吾,川畑武彦,齋藤知行:有限要素解析を用いた大腿骨近位部骨腫瘍患者における骨折予測~術前および連通多孔体ハイドロキシアパタイト充填後の比較~.第7回連通多孔体セラミックス研究会,広島,20135

川端佑介,松尾光祐,上石貴之,針金健吾,根津 悠,川畑武彦,齋藤知行:大腿骨近位部骨腫瘍性病変におけるCT/有限要素解析を用いた病的骨折予測.第62回東日本整形外科学会学術集会,軽井沢,20139

川端佑介,松尾光祐,上石貴之,針金健吾,根津 悠,川畑武彦,齋藤知行:腫瘍用人工関節置換術後に遅発性感染をきたした2例の治療経験.第8回神奈川骨軟部腫瘍研究会,横浜,201311

川村正樹,三橋成行,中村潤一郎,渡邊竜樹,松宮基英,大澤克成,杉元紳太郎:当院における脛骨プラトー骨折の治療成績.第386回横浜市立大学整形外科同門会談話会,横浜,20138

木村哲也, 三ツ木直人, 瀧 直也, 持田勇一, 荒武正人, 太田裕彦, 齋藤知行: 日本整形外科学会股関節疾患評価質問票によるTHA術後機能評価の有用性.第43回日本人工関節学会学術集会, 京都, 2012,2.

木村哲也, 三ツ木直人, 瀧 直也, 持田勇一, 荒武正人, 太田裕彦, 齋藤知行: THA術前後機能評価における日本整形外科学会股関節疾患評価質問票(JHEQ)の有用性 ―JOAスコアとの比較検討―.40日本股関節学会学術集会, 広島, 2013,11

草山喜洋, 熊谷 研, 稲葉 裕, 松尾光祐, 針金健吾, 雪澤洋平, 久保田聡, 村松俊太郎,長岡亜紀子, 藤崎真理, 齋藤知行:生物学的製剤投与関節リウマチ患者における十字靭帯の組織学的評価.86回日本整形外科学会学術集会.広島,2013,5

草山 喜洋, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林 秀郎, 石ヶ坪 諒, 村松 俊太郎, 齋藤 知行バランステクニックTKAにおける術中バランス不良となりうる術前予測因子の検討. 5thJOSKAS, 札幌, 6.

草山喜洋, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 大歳晃生, 本田秀樹, 齋藤知行:変形性膝関節症に対するヒアルロン酸関節内注射の有効性について 第三報. 第40回関東膝を語る会, 東京, 2013,11.

草山喜洋, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林秀郎, 齋藤知行: 変形性膝関節症に対するヒアルロン酸関節内注射の有効性について. 第25回日本運動器科学会, 神戸2013,7.

國谷 洋,青田洋一,東 貴行,山田勝崇,石田 航,新村高典,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:上殿皮神経障害重症例の臨床的特徴.第42回日本脊椎脊髄病学会,沖縄,20134

國谷 洋,青田洋一,東 貴行,山田勝崇,石田 航,新村高典,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:上殿皮神経障害の臨床的特徴とブロック注射の効果.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135

國谷 洋,青田洋一,河井卓也,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:上殿皮神経障害に起因する腰痛の臨床的特徴とブロック注射の効果.第21回日本腰痛学会,東京,201311

國谷 洋,青田洋一,河井卓也,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:椎体骨折患者における上殿皮神経障害とブロック治療の効果.第21回日本腰痛学会,東京,201311

國谷 洋:胸腰椎圧迫骨折患者における上殿皮神経障害による腰痛.第23回中区南区医師会合同症例検討会,横浜,201311

國谷 洋:殿部の皮神経の障害による腰痛や下肢痛・しびれ.第39回横浜掖済会病院整形外科病診連携の会,横浜,201312

久保田聡, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 阿多由梨加, 齋藤知行: 大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰と大腿骨近位部骨密度の関連.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24年度第2回班会議, 福岡, 2013, 1.

久保田聡, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 鈴木 宙, 阿多由梨加, 齋藤知行: 異なるナビゲーションシステムを用いた人工股関節全置換術のカップ設置における精度の比較. 7回日本CAOS研究会, 松山, 2013, 3.

久保田聡, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 池 裕之, 阿多由梨加, 齋藤知行: 18F-fluoride PETの集積程度と大腿骨頭壊死症の骨頭圧潰の出現との関連性. 86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013, 5.

久保田聡, 熊谷 研, 稲葉 裕, 松尾光祐, 雪澤洋平, 針金健吾, 草山喜洋, 村松俊太郎, 長岡亜紀子, 藤崎真理, 齋藤知行: 関節リウマチの手関節障害に対してハイドロキシアパタイト含有ポリL-乳酸スクリューを用いたSauve-Kapandji法の治療成績. 86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013, 5.

久保田聡, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 高川 修, 池 裕之阿多由梨加, 仲 拓磨, 齋藤知行: 18F-fluoride PETによる大腿骨頭壊死症の骨頭圧潰の出現予測-多変量ロジスティック解析を用いた検討-. 28回日本整形外科学会基礎学術集会, 千葉, 2013, 10.

久保田聡, 稲葉 裕, 小林直実, 雪澤洋平, 高川 修, 池 裕之仲 拓磨, 齋藤知行: 大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰と大腿骨近位部骨密度の関連. 40回日本股関節学会学術集会, 広島, 2013, 11.

熊谷 研, 赤松泰, 小林秀郎, 草山喜洋, 石ヶ坪諒, 村松俊太郎, 齋藤知行: マウス骨切りモデルへの低出力超音波パルス(LIPUS)刺激がSclerostin発現と骨形成に与える影響. 16回超音波骨折治療研究会, 東京, 2013, 1.

熊谷 研, 赤松泰, 小林秀郎, 草山喜洋, 石ヶ坪諒, 村松俊太郎, 齋藤知行: 低出力超音波パルス刺激がマウス骨切りモデルの骨形成と末梢血由来骨前駆細胞に与える影響. 40回日本生体電気・物理刺激研究会, 京都, 2013, 3.

熊谷 研, 稲葉裕, 松尾光祐,針金健吾,雪澤洋平,草山喜洋,長岡亜紀子,齋藤知行: 滑膜切除術を併用した人工膝関節置換術が関節リウマチの疾患活動性に及ぼす影響. 58回日本リウマチ学会総会・学術集会,京都,2013, 4.

熊谷 研, 草山喜洋, 赤松泰, 酒井尚雄, 齋藤知行: 変形性膝関節症における十字靱帯の変性は靭帯細胞の軟骨分化に関連する.86回日本整形外科学会学術総会, 広島, 2013, 5.

熊谷 研,赤松泰,小林 秀郎, 草山 喜洋, 石ヶ坪 諒, 村松 俊太郎, 腰野富久, 齋藤知行: 特発性膝骨壊死に対する楔状開大式高位脛骨骨切り術を併用した自家骨軟骨移植術と骨穿孔術の軟骨修復の比較.第5回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,札幌,2013, 6.

熊谷 研,赤松泰,小林 秀郎, 草山 喜洋, 石ヶ坪 諒, 村松 俊太郎, 齋藤知行: 低出力超音波パルス(LIPUS)刺激がSclerostin発現と骨形成に与える影響. 28回日本整形外科学会基礎学術集会, 幕張, 2013, 10.

熊谷 研, 赤松泰, 小林秀郎, 草山喜洋, 大歳晃生, 本田秀樹, 齋藤知行: Opening wedge法による高位脛骨骨切り術の中期成績. 41回日本関節病学会, 名古屋, 2013, 11.

熊谷 研, 草山喜洋, 稲葉裕, 針金健吾, 高川修, 大歳晃生, 仲拓磨, 長岡亜紀子, 齋藤知行. 生物学的製剤投与中の関節リウマチ患者に対する滑膜切除を併用した人工膝関節置換術が疾患活動性に及ぼす影響. 41回日本関節病学会, 名古屋, 2013, 11.

河野心範, 岩村祐一, 河井卓也, 上杉昌章, 藤原稔, 近藤総一, 青田洋一, 斎藤知行: 腰椎変性すべり症に対する後方経路腰椎椎体間固定術の臨床成績.―特に術後5年以上経過例の成績不良因子について. 42回日本脊椎脊髄病学会, 沖縄, 2013,4.

小林直実,稲葉 裕,雪沢洋平,高川 修,池 裕之,久保田 聡,仲 拓磨齋藤知行:変形性股関節症における質的および機能的画像診断‐18F-fluoride PETMRI所見の比較‐.40回日本股関節学会学術集会(パネルディスカッション).広島,2013,11

小林直実,稲葉 裕,雪澤洋平,高川 修,池 裕之,久保田 聡,仲 拓磨齋藤知行:人工関節周囲感染における診断と治療.41回日本関節病学会(シンポジウム),名古屋,2013,11

小林直実,稲葉 裕,雪澤洋平,高川 修,池 裕之,久保田 聡,仲 拓磨,中茶勇二,齋藤知行:当科における人工股関節全置換術のアプローチおよび術式選択.149回神奈川整形災害外科研究会(パネルディスカッション),横浜,2013,10

小林直実,稲葉 裕,雪澤洋平,池 裕之,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:変形性股関節症におけるfluoride-PETMRI所見の比較.86回日本整形外科学会学術集会,広島,2013,5

小林直実,稲葉 裕,雪澤洋平,池 裕之,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:変形性股関節症における大腿骨頚部骨密度と臼蓋形成不全の関連.86回日本整形外科学会学術集会,広島,2013,5

小林秀郎,赤松泰,熊谷研,草山喜洋,石ヶ坪諒,村松俊太郎,齋藤知行:大腿骨上顆軸と大腿骨機能軸・解剖学的参照点の関連について.第43回日本人工関節学会,京都,20132

小林秀郎,赤松泰,熊谷研,草山喜洋,石ヶ坪諒,村松俊太郎,齋藤知行:Surgical epicondylar axisと大腿骨機能軸・解剖学的参照点の関連について.第86回日本整形外科学会,広島,20135

小林秀郎,赤松泰,熊谷研,草山喜洋,石ヶ坪諒,村松俊太郎,齋藤知行:冠状断・横断像におけるSurgical epicondylar axisと大腿骨解剖学的参照点の関連.第5回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,札幌,20136

小林秀郎,赤松泰,熊谷研,石ヶ坪諒,村松俊太郎,大歳晃生,本田秀樹,齋藤知行:高位脛骨骨切り術周術期における深部静脈血栓症の発生について.第62回東日本整形災害外科学会,軽井沢,20139

小林秀郎,Thomas BauerMargret OethingerGerri HallMarion Tuohy,赤松泰,熊谷研,草山喜洋,齋藤知行:Propidium monoazideとリアルタイムPCRによる生菌・死菌の鑑別.第28回日本整形外科学会基礎学術集会,千葉,201310

齋藤 知行, 赤松 泰, 熊谷 研, 小林 秀郎, 草山 喜洋, 石ヶ坪 諒, 村松 俊太郎:高位脛骨骨切り術の進歩と適応 内側型変形性膝関節症に対するopening wedge法による高位脛骨骨切り術.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135

佐藤知美,阿多由梨加,稲葉 裕,齋藤知行,水落和也,今川智之,横田俊平:少関節型若年性特発性関節炎による右膝関節拘縮に対し観血的授動術が有効であった1例.第3回東日本JIA研究会,東京,20135

齋藤 知行,赤松 泰,熊谷 研,小林 秀郎,草山 喜洋,石ヶ坪 諒,村松 俊太郎,腰野 富久:高度内反変形を伴う変形性膝関節症に対するHemi-open Wedge法高位脛骨骨切り術の術式の改良と術後成績5thJOSKAS,札幌,20136

佐藤昌明,柁原俊久,蜂谷将史,山田勝久,丹羽陽治郎:Porous Coated Anatomical PCA)型人工股関節置換術(THA)後で10年以上経過例の再置換術について.第43回日本人工関節学会,京都,20132

佐藤昌明,柁原俊久,蜂谷将史,山田勝久,丹羽陽治郎,齋藤知行:20年以上経過したPCA型人工股関節置換術(THA)の成績と塊状骨移植の意義.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135

佐藤昌明,柁原俊久,石田崇,蜂谷将史:人工股関節全置換術での楔状テーパーステムの成績-特に大腿骨形状、大腿骨髄形状の男女差についてー.第40回日本股関節学会学術集会,広島,201311

白田阿美子,山口由衣,佐藤かすみ,三橋成行,相原道子,髙橋一夫:生物学的製剤による治療中に血管炎を発症した関節リウマチの1例.第43回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会,金沢,201312

杉元紳太郎,三橋成行,中村潤一郎,渡邊竜樹,松宮基英,大澤克成,川村正樹:大腿骨ステム周囲骨折の治療経験.第4回横浜膝関節研究会,横浜,20137

鈴木 宙,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,池 裕之,富岡政光齋藤知行:人工股関節全置換術後48ヵ月までの骨盤傾斜の経時的変化.40回日本股関節学会学術集会,広島,201311

鈴木 宙,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,崔 賢民,池 裕之,富岡政光,齋藤知行:人工股関節全置換術後の骨盤傾斜変化のパターンと脊椎アライメントの関係.28回日本整形外科学会基礎学術集会,千葉,201310

鈴木 宙,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,崔 賢民,池 裕之,富岡政光,齋藤知行:人工股関節全置換術前後における骨盤傾斜変化のパターン.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

鈴木 宙,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,崔 賢民,池 裕之,富岡政光,齋藤知行:2種類のナビゲーションシステムを使用した人工股関節全置換術のカップ設置の精度.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

鈴木 宙,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,崔 賢民,池 裕之,富岡政光,齋藤知行:人工股関節全置換術前後における立位骨盤傾斜変化のパターンと脊椎アライメントの関係.7回日本CAOScomputer-assisted orthopaedic surgery)研究会,松山,20133

鈴木 宙,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,崔 賢民,池 裕之,富岡政光,齋藤知行:人工股関節全置換術後における立位骨盤傾斜の経時的変化と脊椎アライメントの関係.43回日本人工関節学会,京都,20132

高川 修,稲葉 裕,長岡 亜紀子,小林 直実,熊谷 研,雪澤 洋平,針金 健吾,草山 喜洋,池 裕之,久保田 聡,大歳 晃生,仲 拓磨,齋藤 知行: 関節リウマチに対する初回人工股関節全置換術の術後成績. 第41回日本関節病学会,名古屋, 201311

高川 修,稲葉 裕,小林直実,熊谷 研,雪澤洋平,針金健吾,草山喜洋,池 裕之,久保田 聡,大歳晃生,仲 拓磨,長岡亜紀子,齋藤知行:関節リウマチにおける初回人工股関節全置換術の術後成績.第24回日本リウマチ学会関東支部学術集会,東京,201312

高川 修,熊谷 研,長岡亜紀子,針金健吾,草山喜洋,大歳晃生,仲 拓磨,長嶋洋治,中村史雄,稲葉 裕,五嶋良郎,齋藤知行:Semaphorin 3Aの減少は関節リウマチ患者の滑膜炎,臨床症状に影響を与える.第41回日本関節病学会,名古屋,201311

瀧 直也,三ツ木直人,持田勇一,荒武正人,太田裕彦,篠原健太郎,木村哲也,渡邉順哉赤松智隆,齋藤知行:THAにおけるCT free navigationの術後評価.第41日本関節病学会,名古屋,201311

竹内 良平,石川 博之,佐々木 洋平,塚原 聡,赤松 泰,齋藤 知行:膝関節手術手技の実際 術後早期より全荷重歩行が可能なopen and closed wedge high tibial osteotomyの手術方法と短期臨床成績.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135

竹元 暁,坂野裕昭,勝村 哲,岡崎 敦,齋藤知行:橈骨遠位端骨折変形治癒に対する掌側ロッキングプレートとβ-TCP補填による矯正骨切り術の術後成績.第56回日本手外科学会学術集会,神戸,2013, 4

竹元 暁,坂野裕昭,本田 淳,勝村 哲,岡崎 敦,井出 学,坂口 彰,佐々木佳奈子,齋藤知行:新鮮舟状骨骨折に対して血管柄付き骨移植術を行った2例.第19回神奈川上肢外科研究会,横浜,201310

玉置 聡,中西亮介,渥美 敬,大園健二,山本健吾,安藤 渉,徳永裕彦,稲葉 裕,白土英明,老沼和弘,相原雅治:Metal-on-metalセメントレス人工股関節全置換術の可動域および金属イオン濃度についての検討(多施設共同・前向き・比較研究).86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

張允,熊谷研,齋藤知行: PTHの持続または間欠投与が間葉系幹細胞の軟骨分化誘導に及ぼす影響. 28回日本整形外科学会基礎学術集会, 幕張, 2013, 10.

月僧博和,兼氏 歩,稲葉 裕,尾島朋宏:ヒト大腿骨の経年的骨密度分布を記述する方程式.第40回日本臨床バイオメカニクス学会,神戸,201311

月僧博和,兼氏 歩,稲葉 裕,尾島朋宏:変形性股関節症における骨嚢胞の3次元シミュレーション(第2報).第40回日本臨床バイオメカニクス学会,神戸,201311

手塚太郎,稲葉 裕,小林直実,池 裕之,藤巻 洋,平田康英齋藤知行:人工股関節全置換術前後の骨頭中心およびfemoral offsetが術後の外転筋力に及ぼす影響.40回日本股関節学会学術集会,広島,201311

手塚太郎,稲葉 裕,小林直実,佐藤昌明,三ツ木直人,平川和男,池 裕之,藤巻 洋,平田康英,齋藤知行:Porous-coated anatomic型セメントレス人工股関節全置換術の長期成績.41回日本関節病学会,名古屋,201311

手塚太郎,稲葉 裕,小林直実,佐藤昌明,三ツ木直人,平川和男,雪澤洋平,藤巻 洋,池 裕之,平田康英,齋藤知行:Porous-coated anatomic型人工股関節全置換術の長期成績.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

手塚太郎,稲葉 裕,小林直実,崔 賢民,雪澤洋平,藤巻 洋,池 裕之,平田康英,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:人工股関節術後の骨盤傾斜がポリエチレン摩耗に与える影響.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

手塚太郎,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,藤巻 洋,池 裕之,平田康英,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:人工股関節全置換術前後の骨頭中心の変化が術後の外転筋力へ及ぼす影響.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

手塚太郎,稲葉 裕,小林直実,佐藤昌明,三ツ木直人,平川和男,雪澤洋平,池 裕之,藤巻 洋,平田康英,齋藤知行:15年以上経過したPorous-coated anatomic型人工股関節全置換術の長期成績.43回日本人工関節学会,京都,20132

富岡政光,稲葉 裕,小林直実,池 裕之,雪澤洋平,鈴木 宙,齋藤知行:大腿骨頭壊死症の有限要素解析と骨頭圧縮試験の比較,壊死部の材料特性計測.40回日本股関節学会学術集会,広島,201311

富岡政光,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,池 裕之,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:18F-fluoride-PETを用いた表面置換型人工股関節置換術の大腿骨頭および頚部の血流評価.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

富岡政光,稲葉 裕,小林直実,池 裕之,雪澤洋平,大庭真俊,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:大腿骨頭壊死症の有限要素解析と骨頭圧縮試験の比較および壊死の材料特性測定.40回日本生体電気・物理刺激研究会,京都,20133

仲 拓磨,稲葉 裕,小林直実,雪沢洋平,高川 修,池 裕之,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:THAにおける術後ADLと疼痛の関連.第40回股関節学会,広島,201311

仲 拓磨,熊谷 研,稲葉 裕,小林直実,針金健吾,久保田 聡,草山喜洋,高川 修,大歳晃生,長岡亜紀子,齋藤知行:関節疾患に対する18F-fluoride PET の有用性.第28回横浜リウマチフォーラム.神奈川,201310

仲 拓磨,熊谷 研,稲葉 裕,針金健吾,草山喜洋,高川 修,大歳晃生,長岡亜紀子,齋藤知行:生物学的製剤投与中に呼吸器合併症を発症した関節リウマチの一例 第9回神奈川リウマチ治療ネットワーク,神奈川,20137

仲 拓磨,針金健吾,熊谷 研,稲葉 裕,長岡亜紀子,草山喜洋,高川 修,大歳晃生,松尾光祐,上石貴之,齋藤知行: Linked type人工肘関節置換術後晩期のlooseningに対し腫瘍用人工肘関節を用いて再置換術を行った関節リウマチの1例.第63回東日本整形災害外科,長野,20139

中澤明尋,齋藤泉,齋藤知行:高齢者のリウマチ膝に対する人工関節全置換術の機能予後.第57回日本リウマチ学会総会,京都,20134

中澤明尋,竹内剛,齋藤泉,馬場紀行,藤原稔,松本里沙,藤澤隆弘,藤崎真理,富岡政光,齋藤知行:大腿骨転子部骨折に対するCompression  Hip Screw固定とGamma Nail固定の比較.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135

中澤明尋,竹内剛,齋藤泉,馬場紀行,藤原稔,松本里沙,藤澤隆弘,藤崎真理,富岡政光,齋藤知行:大腿骨近位部骨折術後の地域連携パスの有用性と問題点.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135.

中澤明尋,竹内剛,齋藤泉,馬場紀行,藤原稔,松本里沙,藤澤隆弘,藤崎真理,富岡政光,齋藤知行:高齢者の上腕骨近位端骨折に対する人工骨頭置換術の限界.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135

中澤明尋,竹内剛,齋藤泉,馬場紀行,藤原稔,松本里沙,藤澤隆弘,藤崎真理,富岡政光,齋藤知行:潰瘍性大腸炎患者に発生したステロイド性大腿骨頭壊死症の経過.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135

中澤明尋,竹内剛,齋藤泉,馬場紀行,藤原稔,松本里沙,藤澤隆弘,藤崎真理,富岡政光,齋藤知行:大腿骨転子部骨折に対するCompresssion hip screw固定とGamma nail固定の比較.第39回日本骨折治療学会,久留米,20136

中澤明尋,竹内剛,馬場紀行,松本里沙,藤澤隆弘,青木千恵,宮前祐之,村松俊太郎:上腕骨近位端骨折に対する保存療法と手術療法の比較.第62回東日本整警災害外科学会,軽井沢,20139

中村直行,奥住成晴,町田治郎,森川耀源,大庭真俊,阿多由梨加,稲葉 裕,齋藤知行:重症例に対する大腿骨回転内反骨切り術導入によるペルテス病治療成績の変化~保存治療単独時期との比較~.第24回日本小児整形外科学会学術集会(パネルディスカッション),横浜,201311

中村直行,奥住成晴,町田治郎,森川耀源,関原力,大庭真俊,阿多由梨加:当科における年長児ペルテス( 9歳以上)の治療成績.第52回日本小児股関節研究会,神戸,20138

中村直行,上杉昌章: 特発性側弯症後方固定術におけるバイポーラーシーラーの有用性. 47回日本側弯症学会,高知,201310

中村直行,青田洋一,上杉昌章,奥住成晴,町田治郎,森川耀源,大庭真俊,阿多由梨加,齋藤知行:環軸椎不安定症の外来診療における問題点.第24回日本小児整形外科学会,横浜,201311

名倉 健,中島涼太,田原 大輔,辻上 哲也,池 裕之,稲葉 裕:変形性股関節症海綿骨の骨再構築に伴う骨嚢胞成長.日本機械学会2013年度年次大会,岡山,20139

西川 勝成,田原 大輔,辻上 哲也,池 裕之,稲葉 裕:人工股関節の設置位置に対する周囲筋力推定のための筋骨格シミュレーション.第18回計算工学講演会,東京,20136

沼崎伸,川島雄二,渡邊竜樹,上條晃,渡邊太:変形性関節症および腰痛症に対するブプレノルフィン貼付剤の使用経験.第3回神奈川運動器疼痛フォーラム,横浜,20132

沼崎伸,川島雄二,安部聡弥,井出野太一,平田康英:ブプレノルフィン貼付剤導入時の注意事項と副作用対策.横浜スポーツ医会第59回研修講演会,横浜,20134

沼崎伸,川島雄二,安部聡弥,井出野太一,平田康英:海洋上船舶内発生の救急疾患および外傷に対する医療助言システム.第28回日本救命医療学会総会・学術集会,久留米,2013 9

沼崎伸,川島雄二,安部聡弥,井出野太一,平田康英,上條晃:慢性腰痛症に対するブプレノルフィン貼付剤の治療成績.第21回日本腰痛学会,東京,201311

沼崎伸,川島雄二,安部聡弥,井出野太一,平田康英,本田淳,渡邊竜樹,上條晃:骨粗鬆症性椎体骨折に対する Balloon Kyphoplasty.第4回卒後研修会アドバンスコース,横浜,201310

沼崎伸,川島雄二,安部聡弥,井出野太一,平田康英,上條晃:急性期頚椎・頚髄損傷に合併する椎骨動脈閉塞の診断における超音波検査の有用性.第48回日本脊髄障害医学会, 福岡,201311

沼崎伸,川島雄二,安部聡弥,井出野太一,平田康英:運動器慢性疼痛に対するオピオイド治療経験から学んだ事.第2回北鹿慢性疼痛研究会,大館,201311

沼崎伸,川島雄二,安部聡弥,井出野太一,平田康英,上條晃:変形性関節症および慢性腰痛症に対するブプレノルフィン貼付剤による保存療法の治療成績.第6回日本運動器疼痛学会,神戸,201312

沼崎伸,川島雄二,安部聡弥,井出野太一,平田康英,上條晃:運動器慢性疼痛に対するブプレノルフィン貼付剤使用時の悪心嘔吐の発現因子.第6回日本運動器疼痛学会,神戸,201312

根津 悠,松尾光祐,齋藤知行:骨肉腫細胞株におけるPTP1Bの発現および薬剤刺激による小胞体ストレスの変化.第28回日本整形外科学会基礎学術集会,千葉,201310

野寄浩司,荘沢亮,原淳,宮坂康之,草場洋平,鈴木迪哲,大歳晃生:人工膝関節置換術後の腰椎骨密度変化.第5回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,札幌,20136

野寄浩司:ロコモーティブシンドロームについて. デイリー小田原 なるほドクター,小田原,20137

野寄浩司:Small experience of short stem.ショートステムセミナー,品川,20139

野寄浩司:最近の関節リウマチ診断・治療.リウマチ友の会,湯河原,201311

針金健吾,熊谷 研,稲葉 裕,松尾光祐,草山喜洋,高川 修,大歳晃生,仲 拓磨,齋藤知行:Linked type人工肘関節置換術後晩期ゆるみに対し腫瘍用人工肘関節を用いて再置換術を行った関節リウマチの1例.42回リウマチの外科研究会,名古屋,20138

針金健吾,熊谷 研,稲葉 裕,松尾光祐,雪澤洋平,草山喜洋,久保田 聡,村松俊太郎,齋藤知行:生物学的製剤使用下の関節リウマチ滑膜組織の病理組織学的検討.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

針金健吾,熊谷 研,稲葉 裕,松尾光祐,雪澤洋平,草山喜洋,久保田 聡,村松俊太郎,齋藤知行,持田勇一,石井克志:関節リウマチ患者の下肢手術後の転倒リスクの変化.第86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

針金健吾,熊谷 研,松尾光祐,雪澤洋平,草山喜洋,稲葉 裕,齋藤知行:早期関節リウマチおよび分類不能関節炎に対する整形外科的アプローチ.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会,第22回国際リウマチシンポジウム,京都,20134

東 貴行,青田 洋一,山田 勝崇,石田 航,新村 高典,金子 貫一郎,紺野 智之,齋藤 知行:抗菌薬含有フィブリン糊を用いた脊椎手術後感染に対する治療成績.第42回日本脊椎脊髄病学会,沖縄,20134

東 貴行,青田 洋一,山田 勝崇,石田 航,新村 高典,金子 貫一郎,紺野 智之,齋藤 知行:除圧術後の椎間不安定性に対する前向き調査.第42回日本脊椎脊髄病学会,沖縄,20134

東 貴行,青田 洋一,山田 勝崇,石田 航,新村 高典,金子 貫一郎,紺野 智之,齋藤 知行:手術後感染に対して抗菌薬含有フィブリン糊を用いた治療成績.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135

東 貴行,青田 洋一,山田 勝崇,石田 航,新村 高典,金子 貫一郎,紺野 智之,齋藤 知行:腰部脊柱管狭窄症に対する除圧術後不安定性の前向き調査.第86回日本整形外科学会学術総会,広島,20135

東 貴行,山田勝崇,増田謙治,泉対信賢,青田洋一,齋藤知行:腰椎除圧術後に起こる椎間不安定性の危険因子の検討.第21回日本腰痛学会,東京,201311

兵頭晃,吉井祥二:Regenerex acetabular augmentを用いた人工股関節再置換術. 40回日本股関節学会,広島,201311

平田康英,稲葉 裕,小林直実,池 裕之,大庭真俊,齋藤知行:臼蓋形成不全例に対する有限要素法解析:異なる荷重条件における臼蓋形成不全の程度と股関節応力の関係.40回日本臨床バイオメカニクス学会,神戸,201311

平田泰英,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,池 裕之,藤巻 洋,手塚太郎,齋藤知行:股関節における18F-fluoride-PETの集積とX線学的指標の関連.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

平塚和人,小池純子,高岡徹,井畑眞紀,橋爪紀子,稲澤明香:重症心身障害児における体幹装具使用の長期的効果.第29回日本義肢装具学会学術大会,佐賀,201310.

福井隆史,江畑功,安原義昌,榎本晃,山口祐一郎,國谷嵩,大池直樹:外傷後に前脛骨筋ヘルニアを認めた1例.第147回神奈川整形災害外科研究会,横浜,20133

福井隆史,榎本晃,三橋祥太,山田俊介,國谷嵩,山口祐一郎,安原義昌,江畑功:肘関節ロッキングを呈した先天性等尺骨癒合症の1例.第148回神奈川整形災害外科研究会,横浜,20136

藤巻 洋,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,石田 崇,池 裕之,手塚太郎,平田康英,齋藤知行:股関節疾患患者における機能的脚長差と骨盤・脊椎冠状面アライメントの関連.40回日本股関節学会学術集会,広島,201311

藤巻 洋,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,石田 崇,池 裕之,手塚太郎,平田康英,齋藤知行:股関節疾患患者における機能的脚長差が骨盤・脊椎冠状面アライメントに及ぼす影響.28回日本整形外科学会基礎学術集会,千葉,201310

藤巻 洋,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,石田 崇,池 裕之,手塚太郎,平田康英,齋藤知行:人工股関節全置換術前後の機能的脚長差と脊椎冠状面アライメントの関連.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

藤巻 洋,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,池 裕之,手塚太郎,平田康英,鈴木 宙,齋藤知行:変形性股関節症における骨盤傾斜が骨嚢胞の発生部位に及ぼす影響.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

藤巻 洋,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,石田 崇,池 裕之,手塚太郎,平田康英,齋藤知行:人工股関節全置換術後の機能的脚長差が骨盤・脊椎冠状面アライメントに及ぼす影響.43回日本人工関節学会(パネルディスカッション),京都,20132

本田秀樹,赤松 泰,熊谷 研,小林秀郎,草山喜洋,大歳晃生,齋藤知行:外傷後に骨髄炎を合併した膝OAに対してHTOを施行した一例.第4回横浜膝関節研究会、横浜、20137

牧田浩行,国府秀俊,江口英人,平田康英,竹内久恵,大河内 誠,百瀬たか子,稲葉 裕,齋藤知行:重度の脚長不等のある両下肢変形性関節症患者の治療.43回日本人工関節学会,京都,20132

牧田浩行上條 晃,古谷一水,江口英人,小林大悟,重枝利佳:リウマチ性疾患患者に対する人工股関節置換術後の3次元歩行解析.第14湘南西部リウマチ性疾患症例検討会,厚木,20130605.

牧田浩行:Kerboull十字プレートと塊状骨を用いた臼蓋の再建.第5回西湘整形外科セミナー、大磯,20130626.

牧田浩行:患者の期待を裏切らない手術、だから私はセメントTHA西京都股関節を語る会、京都,20131026.

増田謙治,東貴行,山田勝崇,金子貫一郎,泉対信賢,青田洋一,齋藤知行:腰椎変性側弯症を伴う腰部脊柱管狭窄症に対する手術成績の検討.第22回日本インストルメンテーション学会,高知,201310

増田謙治,奥住成晴,町田治郎,中村直行,森川耀源,齋藤知行:年長児の筋性斜頚に対する上下端切腱術の手術成績.第24回日本小児整形外科学会,横浜,201311

町田治郎,奥住成晴,中村直行,齋藤知行,稲葉 裕:先天性内反足に対する距踵関節を解離しない後内側解離術後の足部の柔軟性.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

町田治郎,奥住成晴,中村直行、森川耀源、大庭真俊、阿多由梨加:二分脊椎の足部変形に対する組み合わせ手術の治療成績.第38回日本足の外科学会,仙台,201310

町田治郎,奥住成晴,中村直行、森川耀源、大庭真俊、阿多由梨加: 当センターにおける特発性先天性内反足のアキレス腱切腱導入後の治療傾向.第24回日本小児整形外科学会,横浜,201311

松尾光祐,上石貴之,針金健吾,根津 悠,川端佑,杉元紳太郎,齋藤知行:切除不能な類上皮血管内皮腫の治療経験.第86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

松尾光祐,上石貴之,針金健吾,根津 悠,川端佑,杉元紳太郎,齋藤知行:悪性軟部腫瘍の予後予測における18FFDG PETの有用性.第86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

松尾光祐,稲葉 裕,熊谷 研,雪澤洋平,針金健吾,草山喜洋,久保田 聡,村松俊太郎,持田勇一,石井克志,齋藤知行:生物学的製剤の周術期に与える影響.第86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

三橋祥太,江畑功,安原義昌,榎本晃,山口祐一郎,國谷嵩,山田俊介,福井隆史:大腿四頭筋形成術を併用して骨接合術を施行した陳旧性膝蓋骨骨折の1例.第149回神奈川整形災害外科研究会,横浜,201310

宮坂康之,佐々木洋平,石川博之,竹内良平:Open Wedge HTOにおけるLateral hinge fracture例の検討.第2Knee Osteotomy Forum,東京,201310

宮前祐之,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,崔 賢民,池 裕之,齋藤知行:感染人工関節,化膿性股関節炎に対して抗菌薬含有HAブロックを用いた二期的人工股関節再置換術の治療成績.40回日本股関節学会学術集会,広島,201311

宮前祐之,稲葉 裕,小林直実,崔 賢民,池 裕之,百瀬たか子,藤原秀輔,齋藤知行:インプラント周囲感染の診断におけるCRP値,リアルタイムPCR,凍結標本と永久標本の病理組織学的評価の感度,特異度の相違.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

宮前祐之,稲葉 裕,小林直実,齋藤知行:異なる3タイプの大腿骨ステムを用いた人工骨頭置換術における術後早期sinkingについての比較検討.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

宮前祐之,稲葉 裕,小林直実,崔 賢民,池 裕之,百瀬たか子,齋藤知行:インプラント周囲感染診断のための各検査の比較-CRP値,リアルタイムPCR,凍結標本と永久標本の病理組織学的評価の有用性.43回日本人工関節学会,京都,20132

百瀬たか子,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,池 裕之,高川 修,久保田 聡,仲 拓磨齋藤知行:変形性股関節症患者の中殿筋体積に関する検討.40回日本股関節学会学術集会,広島,201311

百瀬たか子,稲葉 裕,小林直実,雪澤洋平,手塚太郎,池 裕之,宮前祐之,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:人工股関節全置換術前後の自覚的脚長差の検討.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

持田勇一,石井克志,山田祐嗣,三ツ木直人,齋藤知行: 関節リウマチの前足部変形に対する人工関節のup to date. 57日本リウマチ学会学術総会,京都,2013.4.19-22

持田勇一,三ツ木直人,齋藤知行: リウマチ膝に対する生物学的製剤・手術の意義.86日本整形外科学会学術集会,広島,2013523-26

持田勇一,石井克志,山田祐嗣,三ツ木直人,齋藤知行: 生物学的製剤使用の有無による関節滑膜の病理組織学的所見の比較.86日本整形外科学会学術集会,広島,2013523-26

持田勇一,石井克志,山田祐嗣,三ツ木直人,齋藤知行: 関節リウマチに対する新分類基準の分類能と鑑別に注意すべき疾患.86日本整形外科学会学術集会,広島,2013523-26

森川耀源,奥住成晴,町田治郎,中村直行,大庭真俊,阿多由梨加:不安定型大腿骨頭すべり症に対する徒手整復と鋼線牽引の比較. 24回日本小児整形外科学会学術集会,横浜, 201311

山崎哲也,蜂谷將史,山田勝久,齋藤知行:投球障害肘―複数回手術例の検討―. 第86回日本整形外科学会,広島,20135

山崎哲也,明田真樹,大石隆幸,蜂谷將史,山田勝久,齋藤知行:投球動作に起因した肘頭疲労骨折の手術的治療.第86回日本整形外科学会,広島,20135

山崎哲也,明田真樹,大石隆幸,蜂谷將史,山田勝久,齋藤知行:肩関節後方拘縮を有する投球障害肩に対する鏡視下関節包解離術.第86回日本整形外科学会, 広島, 2013,5

山崎哲也, 明田真樹, 齋藤知行:プロ野球選手の肘外反動揺性. 5回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,札幌,20136

山田勝崇,青田洋一,東貴行,石田航,新村高典,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:腰椎椎間孔部狭窄は安静時下肢痛を呈する.第42回日本脊椎脊髄病学会,沖縄,20134

山田勝崇,青田洋一,東貴行,石田航,新村高典,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:腰椎椎間孔部狭窄における単純X線・CT所見の検討.第42回日本脊椎脊髄病学会,沖縄,20134

山田勝崇,青田洋一,東貴行,石田航,新村高典,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:Pelvic incidenceの計測の信頼度についての検討.第42回日本脊椎脊髄病学会,沖縄,20134

山田勝崇,青田洋一,東貴行,石田航,新村高典,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:腰椎椎間孔部狭窄と安静時下肢痛の関連について.第86回の本整形外科学会学術総会,広島, 20135

山田勝崇,青田洋一,東貴行,石田航,新村高典,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:腰椎椎間孔狭窄における画像所見(単純X線・CT)の検討.第86回の本整形外科学会学術総会,広島,20135

山田勝崇,青田洋一,東貴行,石田航,新村高典,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行: Pelvic incidenceの計測の信頼性について.第86回の本整形外科学会学術総会,広島,20135

山田勝崇,青田洋一,東貴行,石田航,新村高典,金子貫一郎,紺野智之,齋藤知行:Pelvic incidenceの計測の信頼度.第28回日本整形外科学会基礎学術集会,千葉,201310

山田勝崇,青田洋一,東貴行,増田謙治,新村高典,金子貫一郎,泉対信賢,齋藤知行:Pelvic incidenceの信頼度.第21回日本腰痛学会,東京,201311

山田祐嗣,石井克志,持田勇一,三ツ木直人,瀧 直也,齋藤知行:関節リウマチ足趾形成手術における外反母趾角と後足部変形の関係.41日本関節病学会,名古屋,201311

山田祐嗣,石井克志,持田勇一,三ツ木直人,齋藤知行: 疾患活動性のコントロールに手術治療と生物学的製剤の導入が必要であった関節リウマチの一例.68回神奈川リウマチ医,横浜,201376

山田祐嗣,石井克志,持田勇一,三ツ木直人,瀧 直也,齋藤知行: 関節リウマチ(RA)の前足部変形に対する足趾形成術後の創傷治癒遅延.57日本リウマチ学会学術総会,京都,2013419-22

山田祐嗣,持田勇一,石井克志,三ツ木直人,三橋成行,齋藤知行: RA肘に対するGSB III人工肘関節置換術の中長期成績.86日本整形外科学会学術集会,広島,2013523-26

山田祐嗣,石井克志,持田勇一,三ツ木直人,瀧 直也,齋藤知行: 関節リウマチ(RA)の足趾変形に対する2-5趾関節温存手術の術後外反母趾角への影響と術後合併症の発生率.86日本整形外科学会学術集会,広島,2013523-26

雪澤洋平,稲葉 裕,小林直実,池 裕之,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:人工股関節全置換術後の静脈血栓塞栓症予防における抗凝固剤投与の選択.86回日本整形外科学会学術集会,広島,20135

雪澤洋平,稲葉 裕,小林直実,池 裕之,久保田 聡,阿多由梨加,齋藤知行:表面置換型人工股関節置換術におけるアプローチ別術後成績の比較.第43回日本人工関節学会,京都,20132

渡部節子,稲葉 裕,江馬城昭子,島中小百合,金嶋祐香,五木田和枝,森 みずえ,齋藤知行:人工股関節全置換術における術前皮膚処置方法の相違による術後創感染率の比較.40回日本股関節学会学術集会,広島,201311

渡邊竜樹:骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplasty(BKP)の小経験.湘南整形外科懇話会,藤沢,20134

渡邊竜樹:骨粗鬆症性椎体骨折に対するバルーン椎体形成術(BKP)の治療経験.藤沢市医師会整形外科医会講演会,藤沢,20135

渡邊 太,赤松 泰,熊谷 研,小林 秀郎,草山 喜洋,齋藤 知行:高位脛骨骨切り術後の膝関節回旋と偏位5thJOSKAS,札幌,20136