研究活動

日進月歩の臨床を支える絶え間ない地道な研究。また大学という教育の場として、学生の知的好奇心に答える興味深い研究。私たちにとって研究は必要不可欠なものと考えます。

 

リサーチマインドを大切に

臨床の場面においてさまざまな疾患、個々の症例に向き合い、その病態を深く突き詰めると何かしらの疑問や探究心が湧き上がります。これがいわゆるリサーチマインドであり、私たちが大切にしているものの一つです。多くの研究がこの原点からスタートし、やがて臨床と研究がリンクすることによってそれぞれがより磨かれ、理想的な形へと発展するものと考えています。

このリサーチマインドを常に持ちながら、私たちはそれぞれの領域ごとの研究グループに分かれ、臨床研究、基礎研究を行っています。


臨床研究

臨床研究は各クリニックを中心とし、豊富なデータに基づき臨床により直接的に関わる研究に積極的に取り組んでいます。特に膝関節グループでは変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術に関する研究を長年にわたって継続しており、世界的にも有数の臨床データを蓄積しています。長年にわたる研究の結果、術式のさまざまな工夫や術後早期荷重を実現するなど多くの成果を上げてきました。

股関節グループでは人工股関節置換術に関してコンピューターナビゲーションシステムの臨床応用に関する研究、インプラント周囲の骨密度変化や有限要素法を用いた力学的解析、術前術後の深部静脈血栓症の診断と予防に関する研究など多方面からのアプローチで多くの研究成果を上げています。最近では感染症に対する新しい迅速診断法の臨床応用に取り組んでいます。画像診断では放射線科の協力のもと、18F-fluoride PETという画像検査を骨関節疾患にいち早く臨床応用しその有用性を数多く報告し、世界的にも先進的な研究を行っています。脊椎領域では側弯症発生のメカニズム、腰痛と上殿皮神経の関連、転移性脊椎腫瘍の予後に関する研究や脊椎、脊髄疾患における新しいMRI診断など多岐にわたる研究を行っています。腫瘍グループでは炎症性骨軟部肉腫のサイトカインの測定や、FDG-PETを用いて抗癌剤対する早期感受性の評価を行っており、いずれの研究も治療効果の評価を行うことで臨床にフィードバックできる研究を行っています。

このように各クリニックの研究グループが中心となり、最先端の研究を行い国内はもとより海外学会、英文雑誌における発表を目標として活動しています。


基礎研究

基礎研究ではより根本的な部分での病態の解明や治療への糸口をつかむための様々な研究を行っています。
例えば、関節リウマチは未だその原因について十分に解明されていません。私たちは薬理学教室の協力のもとリウマチ患者ではあるタンパクが減少しており、症状が悪い症例ほどこのタンパクが減少していることを明らかにしました。将来的にはこの研究が新しいリウマチ治療薬の開発に結びつくことを目指しています。また、関節リウマチの原因を解明するため、聖マリアンナ医科大学と共同で、プロテオミクスと呼ばれる新しい蛋白質の解析法を用い、関節リウマチ患者の関節内の滑膜組織を解析しました。そして、いままで注目されていなかったアネキシンという蛋白が関節リウマチでは活性化していることを発見しました。さらに、マウスにこのアネキシンを過剰発現させると、コラーゲン誘発関節炎を著明に来しやすくなり、関節炎や関節破壊の程度も著明に悪化することがわかりました。このことから、滑膜組織のアネキシンの活性化が、関節リウマチの病態に大きくかかわっていると考えられます。現在はさらに詳しいメカニズムの解明と、治療のターゲットとしての研究を進めています。

整形外科の手術で、骨に隙間があったり欠損が大きい場合には、骨を移植します。自分の骨を使う自家骨移植は従来から用いられてきた優れた方法ですが、骨採取部位の痛みや採取できる量に限りがあるなどの問題があります。最近では人工骨に細胞を合わせたいわゆるティッシュエンジニアリング(組織工学的手法)が注目されていますが、骨再生には骨を作る細胞(Cells)、細胞が成長、増殖するための足場(Scaffold)、細胞の成長を促す成長因子(Growth Factors)が必須です。我々はこれらの重要な要素を考慮し、骨再生を促すための医療・研究を目指しています。上記の三要素のほかに、機械的な刺激が骨形成に影響を与えることが知られています。微弱な超音波を骨折部や骨移植部に当てると、機械的な刺激により骨癒合が促進されます。現在我々の病院でも実際の患者さんに低出力超音波パルス装置を使用し、その効果が確認されています。また、そのメカニズムを解明するために、動物モデルを使った実験を行っています。

最近、人の末梢血液中に骨芽細胞系列の細胞が存在することが報告され、何らかの生理学的な役割を果たしているのではないかと考えられています。また、動物実験ではこれらの細胞が骨折の修復にかかわっていることが示唆され、当教室でも研究を行っています。将来の細胞治療の発展に大きく関与することなので、今後の詳細な検討が期待されます。

このように、いずれの研究も何らかの形で臨床へリンクさせ、フィードバックすることこそが私たちの目指すところであり、必ず将来の医学の発展へと繋がるものと信じます。