日整会サッカー予選!

2015-03-22 林田 健太

2015322() 日本整形外科学会サッカー大会予選が開催されました。

 

会場は横浜国際競技場隣のしんよこフットボールパークでした。日曜日にも関わらず、ゲームキャプテンの林先生やチーム最年長の誉田先生をはじめとして12名の先生方にご参加いただきました。普段はリーグ戦方式で行われることが多いのですが、今回はノックアウト方式のトーナメント形式。負けたら終わりの一発勝負です。

 

初戦の相手は聖マリアンナ医科大学。ハーフコートの8人制サッカーのため、両チームともチャンスになりやすい状況で、コーナーキックからヘディングシュートを放つなど決定機を作りつつも決めきれない展開となりました。試合は一進一退の展開が続きましたが、パスミスを直接ゴール流し込まれ、011点ビハインドで前半を折り返しました。

気持ちを入れ替え、後半に入ると林先生のポストプレーから押し込む展開に。良い流れの中、右サイドの崩しから平良先生のファーサイドへの絶妙のクロスを林先生がヘディングでサイドネットに叩き込み11の同点に!さらに勢いに乗った平良先生がその直後にキーパーとの11を制して今度は自らゴールをあげ、21と試合をひっくり返しました。その後相手チームがペースを上げ、シュートを撃たれるシーンもありましたが、後半からキーパーになった村松先生の堅守もあり、スコアは動かず、21のままでした。中盤のキーマン川端先生も投入し、徐々に流れを引き戻します。迎えた試合終盤、パスカットした誉田先生がミドルシュートを冷静にゴールに流し込み、31とダメ押し。そのまま逃げ切り逆転勝利を飾りました。

 

続く第2試合の相手は慶應義塾大学。昨年の覇者で文句なしの優勝候補です。

慶應義塾大学は非常に攻撃力の高い相手で、開始早々に先制点を許すとその後も得点を許す苦しい展開。しかし、こちらも一方的にやられていたわけではなく、1試合目に引き続き前線での林先生の頑張りから要所でチャンスを作りましたが、得点には至らずリードを許したまま前半を折り返します。

後半は相手の高い個人技からピンチを作られる場面もありましたが、粘り強い守備から跳ね返し、カウンターを中心にチャンスメイクをする展開。相手のサイドバーを叩く非常に惜しいシーンもあり、強敵相手に善戦したと言えるかもしれませんが、結果としては無得点の完敗でした。決定機もあっただけに一矢報いたかったところです。

 


今年度は久しぶりに勝利を挙げることが出来ましたが、再来年度の日本整形外科学会サッカー大会本選に参加することを考えると、参加者の人数、個々の実力ともに底上げが必要かな、と感じました。特に本職ではない村松先生に奮闘していただいたゴールキーパーの確保は必須でしょうか。幸いにも、来年度の入局者にはサッカー経験者が数名いるようですので、私も微力ながら横浜市大整形外科でサッカーの普及に努めたいと思います。手始めに横浜市大整形外科サッカーのLINEグループを作らせていただきましたので、興味のある方はお気軽にご参加ください。

集合写真でゴールを埋めるくらいの人数を集めたいものです…。


年度末、かつ日曜日にも関わらずお時間を割いてご参加いただいた先生方は本当にお疲れ様でした。怪我人を出さずに予選を終えることができ、その点に関しては良かったと思います。留学などで一時的に離脱してしまう先生方もいらっしゃるとのことですが、来年度も引き続き横浜市大整形外科のサッカーを盛り上げていきましょう!