横浜保土ヶ谷中央病院

【病院の特色】

昭和30年に船員の結核治療を主体とした療養施設として開院され、横浜船員保険病院として厚生労働省保険局所管の財団法人船員保険会に運営されてきましたが、平成26年4月に船員保険病院、社会保険病院、厚生年金病院と共に独立行政法人地域医療機能推進機構(Japan Community Health care Organization JCHO:ジェイコ)が運営する病院グループの一員となり、横浜保土ヶ谷中央病院と改称されました。JCHOの病院は地域医療、地域包括ケアの要となることを使命としており、当院でも今年9月から地域包括ケア病棟を開設しています。地域包括ケア病棟では自宅に退院する患者であれば、60日までの入院が可能となるため、整形外科の術後リハビリを回復期リハビリ病院に転院せずに出来るようになりました。


【診療科概要】

船員保険病院時代と同様に近隣の整形外科開業の先生方の支援により、多くの患者を紹介していただいています。手術を行う患者だけでなく、通院治療の困難な患者の入院加療もおこなっています。

平成29年度の整形外科の入院患者数は平均45.0人、外来患者数は平均54.1人でした。


【主な手術内容及び件数】

手術は少なく392件でした.主な手術は,人工関節44件,脊椎手術29件,高齢者の股関節周囲骨折93件などでした。



【診療体制】

5名体制で診療を行っています。

外来診療は月曜から金曜の午前中に行っています。 

手術は火曜の午前と水曜・金曜の午前午後に行っています。

透視室で検査やブロックは月曜・火曜の午後に行っています。