横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

【病院の特色】

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター(旧 脳血管医療センター)は脳卒中を中心とした脳血管疾患や、高齢者に多い脊椎脊髄疾患等に対して、高度で専門的な治療を行う専門病院です。


【診療科概要】

当センターの脊椎脊髄科は、平成24年度に立ち上げ、約6年が経過しました。神経内科・脳神経外科、生理検査・画像診断部門、及びリハビリなど、診断から術後まで、脊椎の治療を行う環境が整っており、患者数・手術件数は安定的に増加してきました。また、当センターでは、横浜市の小・中学校における児童・生徒への健診の支援にも力を入れています。平成27年度には、28年4月からの運動器全般への健診の拡大に向けて、保健調査票の作成や、啓発・研修等の支援を行いました。当センターでも、低線量で精度の高い全身画像が撮影可能であり、児童・生徒の二次健診に有用なsterEOSイメージングシステムを活用した診療を行っています。

新聞やTVで当科の試みが紹介されてから難治性腰痛症例が県外から数多く受診されております。また横浜市の側弯症学校検診への協力体制を整えるべく準備を進めております。


【主な手術内容及び件数】

H29年度の手術実績は脊椎疾患352例あり、側弯症、胸椎後縦靭帯骨化症、脊髄腫瘍など、いわゆる難易度の高い手術を積極的に行っております。末梢神経疾患にも力をいれております。さらに平成30年からは膝・関節疾患センターが立ち上がり、手術も増加傾向にあります。


【診療体制】

脊椎脊髄外科4名、膝関節疾患2名の体制で診療を行っています。