神奈川リハビリテーション

【病院の特色】

神奈川リハビリテーション病院は、昭和48年に設立され、現在まで40年以上にわたり日本のリハビリテーション医療を牽引しています。他機関及び地域と連携し、高度専門リハ病院の機能を発揮します。また、介護指導、短期訓練入院、災害時の後方支援など地域ニ-ズにも対応します。

脊髄損傷・高次脳機能障害などのリハビリと合併症の治療。

一般病院では対応困難な長期入院を要する外傷その他のリハビリテーション。

280床のうち脊髄損傷病棟80床,高次脳機能障害病棟50床など。


【診療科概要】

整形外科は第1と第2があります。当科は第2で脊髄損傷中心(第1は慈恵医大関連で股関節が主,7人)。リハビリ科も第1(横浜市大,脊髄損傷中心,5人)と第2(慈恵,高次脳機能障害,3人)に分かれています。

脊髄損傷のリハビリと合併症の治療,障害者の整形外科的治療,関節リウマチの治療,その他,多発外傷など一般病院では困難な,長期間を要する入院リハビリを始めとした治療を行っています。


【主な手術内容及び件数】

平成27年度(27年4月~28年3月)は年間120件の手術を行いましたが,脊髄損傷者の褥瘡の手術が80件(再手術、再々手術を含む)で、全体の3分の2を占めてしまいました。褥瘡手術件数はほぼ例年通りで、全国で最多だと思います。患者さんが県外からも受診するのは相変わらずです。褥瘡以外の主な手術は,人工関節15件、骨折観整固13件(多くは脊損者)などでした。


【診療体制】

平成28年4月からのスタッフ

<常勤> 渡辺 偉二  S60年卒

     森川 燿源  H18年卒  

     本川 俊輔  H21年卒

<非常勤>吉野 正昭  S56年卒

手術日 火・水・木


吉野先生は当院に10年以上勤務され27年3月に定年退職されましたが、リウマチ中心に固定患者さんが多く、今年度も非常勤として外来・病棟・手術にご協力いただいています。

外来は予約が原則なので,予約電話046-249-2489で予約するか,代表046-249-2503に電話して整形外科のスタッフに相談して下さい。

脊髄損傷関係の入院治療は,渡辺に電話していただくか、当院のホームページから入院申込書を入手してファックスしてください。

大学はじめ各関連病院からのご紹介をお待ちしております。