平塚共済病院

【病院の特色】

湘南西部医療圏に位置する地域支援病院として、平塚、茅ヶ崎、大磯、伊勢原、秦野の近隣医療機関はもとより横浜、逗子、鎌倉、藤沢、大和から足柄、小田原までの広範囲の医療機関と連携して診療を行っています。

当院は急性期病院でありますので治療の主体は手術的治療になります。従って、診察の結果保存的治療で治療可能な場合は医療連携を行っています各地域の診療所の先生をご紹介して治療を進めて頂きます。手術が必要な時は体に負担の少ない方法(最小侵襲手術)や、国内外で評価された方法や当院で開発した治療法を行っています。また、当科では臨床治験などの先進医療も積極的に進めております。


【診療科概要】

診療としては四肢の外傷・疾患、リウマチ疾患、関節疾患、脊椎疾患、スポーツ障害を中心に行っていますが、急性期病院の特徴である四肢の外傷が最も多く見られます。その中でも手外科を中心とした上肢の外科が診療の重点となっており、広範な地域より紹介頂き診療にあたっております。3テスラMRI、64列CT、全身の骨密度の測定可能なDEXA、高解像度手術用透視装置、ハイビジョン関節鏡など先進医療機器を導入し最良の医療を提供しています。手術と共に重要な治療がリハビリテーションです。


【主な手術内容及び件数】

年間の手術症例は1080件で,その内半数以上が上肢の外科関連です。特に,橈骨遠位端骨折には重点を置きn掌側ロッキングプレート固定術を行い良好な成績が得られています。また,先進医療として超音波治療を導入し新鮮骨折例に術直後より使用し骨癒合の促進に取り組んでいます。また,母指CM関節症に対するsuture buttonでの関節鏡下関節形成術を日本で初めて導入し症例を重ねております。

手指骨折に対するLOW PROFILE PLATE and SCREW systemによる観血的整復固定,関節面の陥没した肘頭骨折に対するプレート固定法による観血的整復固定術,腱鞘炎であるばね指に対する鏡視下腱鞘切開術やドケルバン病の選択的腱鞘内注入療法などを積極的に行って良好な結果が得られています。また,偽関節治療や骨壊死性疾患に対し血管丙付き骨移植を積極的に行い良好な術後成績が得られています。また,近隣が超高齢者の多い地域でもあり,極めて大腿骨頸部骨折と転子部骨折の症例は極めて多く,最良の治療法を求めて前向き臨床試験を行いながら手術を行い,結果を日本整形外科学会や骨折治療学会に発表しています。変形性膝関節症に対しては人工膝関節手術を中心に年間約50例の手術を行っています。

また、脊椎外科では椎体形成術をはじめinstrumentationや椎弓形成術など毎週3−4件の手術を行っています。

関節リウマチは大学膠原病リウマチセンターから石井助教に金曜日に専門外来を開設して頂き200名以上の患者さんを診療頂き生物製剤の導入などを行っています。


【診療体制】

平成27年4月より完全紹介予約制に移行しました。紹介状のない患者さんの診察がお受けできない状況ですので紹介状を持参していただければ幸いです。紹介患者さんは病診連携室にても予約も可能ですので活用下さい。

整形外科外来の受付時間は8時30分から10時30分です。


外来予定

 

午前

坂 野

勝 村

 合 田

 仲*

馬 場

 

三 橋*

坂 野

岡 崎*

 

岡 崎

合 田*

勝 村

三 橋

馬 場*

 

午後

岡 崎

 

 

馬 場

鈴 木

(リハビリ)

花 田

 

合田

 

勝 村


 

三 橋

(リウマチ)

石 井