センターシニアレジデントだより#1

2019-08-29 Administrator

横浜市大センター病院シニアレジデントの東(あずま)です。

 

先日、病院長からピッチに電話がかかって来ました。

一介のシニアレジデントに何事の用があるのか。

知らぬ間に何かやってしまったか。怒られるのか。

身に覚えはありません。たぶん。

非常に恐怖しながら会話しておりましたが、うまく噛み合いません。

 

脊椎外科、東(ひがし)先生との間違い電話でした。

 

実によく間違われます。

看護師さん、患者さんにも間違われます。

もう、間違えないでください。

私の方が一回り小さいです。

 

センター病院では関節外科に所属しています。

関節外科では人工関節をはじめ、関節鏡手術、外傷手術、切断などを日々行っています。

シニアレジデントは主に外傷を担当します。

平均すると週12回程度執刀している感じでしょうか。

大学病院らしく学会発表もあり、今年度は4回ほど発表する予定です。

既に2回(骨折治療学会など)発表しています。後2回。まずまずですかね?

日々楽しく仕事させていただいております。

 

楽しいのは仕事だけではありません。

部長の小林先生は宴会好きです(お肉、うどん、秘湯大好きです)、

リウマチ整形の持田先生も宴会好きです(ももクロ大好きです)。

センター病院に赴任して早5ヶ月経ちますが、医局主催のお食事会(飲み会)がすでに5回(リウマチ含む)開催されています。月1ペースです。普通ですかな?

 

先日行われた納涼会の2次会(カラオケ)では、

小林先生は華麗なラップを披露されていましたyo。(with東平先生だyo

飲み会毎に先生方の愉快な一面を発見でき、益々親しみを感じております。

 

これからもセンター病院整形外科の一員として、まじめに、楽しく邁進して参ります。

 

というわけで、センター病院版のシニアレジデントだよりでした。

不定期に更新していきますyo!

 

骨折治療学会(福岡)にて横浜市民病院の中澤先生と。(先生は中洲が大好きです)