新医局長の挨拶

2021-04-02 Administrator
 令和3年度から医局長に就任した平成18年度卒 池 裕之(いけ ひろゆき)です。崔先生から医局長を引き継ぐにあたり、この場にてご挨拶を申し上げます。皆様のご助言・ご協力をあおぎながら務めていく所存ですので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 稲葉教授の基本方針である、「若手・中堅医師の育成」および「神奈川県内の整形外科医療の充実」に基づいて、医局を運営していきたいと思います。2018年4月から日本専門医機構による新専門医制度が始まり、新入局の先生は「横浜市立大学整形外科専門研修プログラム」に所属して研修を受けることになっています。われわれの医局に入局して頂いた先生には、速やかに専門医を取得して頂き、第一線で活躍できるよう支援していきます。

 副医局長には 川端先生、大歳先生、子島先生 を指名させてもらいました。また、オンラインカンファレンスの準備では、宮武先生が頑張ってくれています。一人でできる事は限られますが、皆で協力しながら横浜市立大学整形外科医局を盛り上げていきたいと思います。

 横浜市立大学整形外科学教室の発展に取り組みつつ、医局員が働きやすい環境を整え居心地の良い医局となるように、努力していきたいと思います。皆様には、ご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。