横浜市立大学整形外科で国公立初の人工関節手術支援ロボット が記事になりました。

2020-12-04 Administrator
横浜市大整形外科では現在、適応のある症例に対し人工股関節・膝関節ロボティックアーム手術支援システムMAKOシステム:Stryker 社)を用いた手術を行っております。

このMAKO(メイコーと読みます)システム導入について、日本経済新聞Web版と紙面の両方に記事が掲載されました。

どのような患者さんに適応があるかなど、詳細については受診時にお問い合わせください。

日本経済新聞(2020年12月2日掲載)


日本経済新聞Web版(2020年11月30日掲載)