第1回YAOS(Yokohama Arthroscopy, Orthopaedics, and Sports seminar:横浜市大関節鏡勉強会)

2019-11-29 Administrator
お世話になっております、「スポーツと上肢」クリニックのチーフをさせて頂いております、横浜市大整形外科の今井と申します。
一昨日(11月19日火曜日)福浦にて、第1回YAOS(横浜市大関節鏡勉強会)を開催致しました。

横浜市大整形外科の医局員で関節鏡手術の権威でもあります横浜南共済病院の山崎哲也先生と、股関節鏡手術で活躍されている横浜市大市民総合医療センターの小林直実先生を中心に、医局内での関節鏡手術技術の向上を目的として立ち上げた研究会です。

横浜市大付属病院(福浦)、新百合ヶ丘総合病院、横浜市立市民病院、相模原協同病院、横浜市大センター病院、横浜南共済病院の計6施設から膝、肩、肘、股関節と多岐にわたる関節鏡手術について、演題を出していただき、関連病院の先生方を中心に集まって頂いた合計30人の参加者と共に、熱いディスカッションで盛り上がりました。


横浜市立大学はスポーツ整形外科、関節鏡手術の歴史ある大学です。
この会を架け橋に、さらに協力してより良い診療、研究、教育につなげていきたいと思います。