近況報告1 日本リウマチ学会

2018-06-16 Administrator
だいぶ医局ブログが滞っていますが、久々の医局の近況報告です!
リアルタイムでブログをアップデートできなていないことご勘弁下さい。

今回は四月に行われた日本リウマチ学会についてです。












我らが横浜市大整形外科の齋藤知行名誉教授が今年の4月に主催した本学会は参加数が7000人を超え、史上最高の参加者が集う学会となりました。
東京フォーラムという有楽町・銀座のすぐ近くで開催したのですが、夜の全員懇親会はレトロかつお洒落な大人の雰囲気で、大いに盛り上がりました。個人的には海外の偉い先生ともたくさん話をする機会をいただき、また学会のセッションも勉強になるものが多く充実した3日間でした。医局員・同門の先生はもちろん研修医の先生も銀ブラついでに学会へ参加してくれたようで、とにかく盛況な学会でした。

治療薬の著しい進歩により、関節リウマチ患者さんが手術が必要となるような強い関節破壊をきたすことは少なくなりましたが、まだまだ整形外科医がもつ役割は大きいと再認識した学会でした。
学会の運営に尽力された先生方、お疲れさまでした!

崔 賢民