腫瘍クリニック

上肢・腫瘍チーフ 松尾 光祐

手足にしこりがありませんか?
確かに手足にできる腫瘍はあまり悪性のことは少ないですが、中には悪性腫瘍の場合があります。手足にできる悪性腫瘍は非常にまれなため、経験豊富な専門医は多くありません。
私たちは骨や筋肉にできる腫瘍(骨・軟部腫瘍)を診断治療する専門クリニックです。 
手足の腫瘍は診断が重要です。CTやMRIで腫瘍の正常や局在部位を確認し、画像で特定できない場合は生検術を行い組織診断をしてそれにより切除範囲を決定し、切除術を施行します。当科ではさらにPET3次元CTなどの最新鋭の検査が可能です。治療は手術に加え、放射線療法、化学療法などの治療を併用しています。
かつては切断しかなかった骨肉腫など悪性腫瘍の手術も、手足を温存して切除が可能となっています。ハイドロキシアパタイトβ-TCPなどの人工骨、特殊な人工関節、筋皮弁血管柄付骨移植などを行いより機能のよい四肢を残します。手術後は機能回復のためのリハビリテーションにも力を入れています。

神奈川県内では悪性骨・軟部腫瘍を治療する数少ない施設の一つです。神奈川県立がんセンター骨軟部腫瘍外科ともカンファランスをしており、診断、治療に切磋琢磨しております。
生命予後を向上させ、腫瘍切除、患肢温存、機能温存を目指し、日常生活での不安、苦痛を軽減することを考えております。木曜日午後13時30分より外来を開いております。
骨・軟部腫瘍、転移性腫瘍で患っている方は、是非当科外来におこしください。