腫瘍クリニック

 上肢・腫瘍チーフ 竹山 昌伸

初めまして、腫瘍クリニックチーフの竹山です。

腫瘍クリニックでは四肢に限らず頚部、体幹(胸部、腹部、骨盤部)の筋肉、骨、神経に発生する骨・軟部腫瘍の治療に取り組んでいます。

 

<扱う疾患>

・良性骨腫瘍

  内軟骨腫、骨軟骨腫、骨巨細胞腫など

・良性軟部腫瘍

  脂肪腫、神経鞘腫、類腱腫など

・悪性骨腫瘍

  骨肉腫、軟骨肉腫、脊索腫など

・悪性軟部腫瘍

  脂肪肉腫、平滑筋肉腫、滑膜肉腫など

・転移性骨軟部腫瘍

  病的骨折の予防、治療など

 

骨・軟部腫瘍の発生頻度は他の腫瘍に比べ低く、診断、治療ともに専門性が必要な疾患であり、多くの患者様が診断未確定の状況で受診されています。まずechoMRI(PET-)CTなどの画像検査、病理診断を得るための生検にて確定診断を得ます。そして診断確定後、十分なインホームドコンセントに基づき治療をすすめてまいります。良性腫瘍の診断の際は、経過観察の提案から薬物治療、積極的治療(手術療法)まで病状病態に合わせた治療を提案いたします。悪性腫瘍の診断の際は、手術療法を中心に化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療を組み合わせた集学的治療を提供しています。手術では根治性を担保しながら、患肢温存だけではなく機能再建、維持を考慮した切除範囲の縮小、腫瘍用人工関節置換術での機能再建、罹患骨ならびに他家骨を用いた再建などに取り組んでいます。化学療法では補助療法も取り入れ治療中の苦痛緩和、入院期間の短縮とともに外来化学療法を導入し、生活の質にも考慮した治療を施行しています。放射線治療では通常放射線治療の他に、重粒子線治療(神奈川県立がんセンター i-ROCK)も提案させていただいています。転移性骨腫瘍の治療においても、病状に合わせた治療の提案(薬物療法、放射線治療、手術療法)をしております。

 悪性骨軟部腫瘍を専門に診察治療できる施設は限られており、神奈川県立がんセンター骨軟部腫瘍外科とも協調しながら治療の標準化を推進しております。

また、横浜市立大学がんゲノム診断科とも連携し、肉腫ゲノム検査も積極的に対応しております。治療の可否も含めご相談いただければと思います。

 毎週木曜日が腫瘍クリニック外来日となっております。予約の上受診いただければスムーズな診療になるかと思います。また病状、疾患によっては柔軟に対応いたしますので、病院までお問い合わせください。また、他院治療中の患者様にもセカンドオピニオンを受け付けております。