スポーツと上肢クリニック


 横浜市立大学のスポーツ整形外科は初代教授水町四郎の時より始まり、1964年の東京オリンピックでの医事業務をはじめ、日本のスポーツ整形外科の草創期からの歴史があります。これまで関連病院を中心にアスリートのサポートや学会活動などを積極的に行ってきましたが、2020年の東京オリンピックを迎えスポーツへの注目が集まる中で、福浦の附属病院にスポーツクリニックが開設されました。
 スポーツクリニックでは、上肢・下肢・体幹など部位によらず、子供から中高年のスポーツ愛好家まで年齢を問わず、スポーツ外傷・障害全般を対象としています。スポーツ外傷とはスポーツ活動に伴う骨折や脱臼、靭帯損傷、捻挫、肉離れ、打撲などの怪我のことで、スポーツ障害とはOveruse(使い過ぎ)やMal-use(おかしなフォーム、誤った使い方)により生じる局所の障害をさします。これらの評価と、スポーツ復帰までのサポートを外来では行い、必要に応じて手術も行います。手術は最小侵襲な関節鏡視下手術をメインとし、術後早期のリハビリテーション開始とスポーツ復帰を目指します。またスポーツ現場での活動も積極的に行っており、より患者さんに近い立場でサポート致します。
 上肢クリニックでは、スポーツによる上肢の外傷・障害に対する治療に加え、中高年の腱板損傷や肩関節拘縮などの上肢疾患を対象としています。現在、当院は手の外科専門医が不在であり、手術は肩・肘の疾患をメインに行なっています。
 2019年4月から新しくスタートしたクリニックですが、横浜・神奈川のスポーツ医療の発展に貢献すべく、エネルギーを持って、ネットワークを活かして、取り組んでいきたいと思っております。何卒よろしくお願い致します。

<扱う疾患>
膝前十字靭帯損傷
膝後十字靭帯損傷
複合靭帯損傷
膝半月板損傷
反復性膝蓋骨脱臼
外傷性膝蓋骨脱臼
肩腱板損傷
外傷性肩関節脱臼
膝および足関節離断性骨軟骨炎
野球肘
投球障害肩
疲労骨折
肉離れ
グロインペイン
足関節骨棘障害
足関節三角骨障害
筋腱付着部炎