膝クリニック


超高齢社会の現在、運動器疾患が急増し、要介護・要支援の主な原因となっています。中高年にみられる変形性膝関節症は、わが国の潜在的患者数が約2500万人と推定され、多くの方の膝の痛みの原因となります。当院ではこれまでに多くの変形性膝関節症の方の診療を行っています。その他、膝の痛みの原因となる疾患を対象に診療を行っています。治療の中心は手術治療になり、十分な保存的治療を行っても症状の改善がみられない方をご紹介いただき、個々の状況に応じて最適な治療法を選択します。



< 扱う疾患 >

  • 変形性膝関節症
  • 特発性膝骨壊死(大腿骨内側顆部骨壊死)
  • 膝蓋骨亜脱臼
  • 膝関節周囲骨折
  • その他膝関節疾患



主に行っている手術治療

高位脛骨骨切り術


内側型変形性膝関節症や特発性膝骨壊死では膝の内側に病変部があります。内反変形(O脚)により内側に荷重ストレスがかかり痛みの原因となります。膝の内反変形を外反(X脚)に矯正することで、内側に偏った荷重を正常な軟骨や半月板が残っている外側の関節に移動させる手術になります。見た目にも脚の形はO脚からX脚に変わります。この術式の特徴は、関節内には手をつけず、すべて関節外で手術を行うことです。したがって関節は温存され、例えば関節可動域は維持されるので術後に正座も可能となります。農作業などの重労働を行う方やスポーツを楽しみたい人に向いている手術になります


人工膝関節置換術


変形性膝関節症、関節リウマチ、膝骨壊死などによって変形・破壊が進行した患者さんに行われる手術です。運動療法、薬物療法、装具療法などの保存治療では十分な効果が得られず、疼痛のため日常生活が制限されている方が適応となります。確実な除痛効果と安定した術後成績から手術件数は増加傾向にあます。手術は大腿骨と脛骨を人工膝関節の形状に合わせて骨切りし、金属性のインプラントを設置します。優れた除痛効果、日常生活動作の改善が安定して得られる手術です。